質問

今年の年賀状を見ていて、少々疑問に思ったのですが、"ご健闘をお祈りします”という言葉は何となく、上位に立つ者が下位の者に言う言葉に聞こえるのですが、それ以外、目上などにも使える言葉なのでしょうか?

通報する

回答 (2件)

健闘:不利な条件に屈せず、立派に戦うこと

「平幕が横綱相手によく健闘しました」と言いますが
「横綱が平幕相手によく健闘した」では横綱に失礼です。

手紙の場合、手紙の書き手が差し出す相手と戦うわけではないので、上の例とは立場は違います。
しかし、相手がはじめから不利な状況にあると決め付けているようで、特に目上の方への手紙の文書としては「見当違い」ということになります。

 同等の身分の人へ書く場合、「お互いがんばろうな」と言えあえる仲なら「ご健闘お祈りします」でもいいでしょうし、 目下に対しても場合によっては失礼に当たることあるような気がします。

 なお、「健闘」と おん が似ている言葉に「健勝(体がじょうぶで元気なさま)」があります。
 年賀状などでは相手により、「ご健勝お祈りします」のほうがふさわしいことが多いのではないでしょうか。

この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですよね、状況にもよりますよね。
多分、書いた方は「ご活躍をお祈りします」という意味で書いたのだと思いますので、悪く思わないこととします。

使えません。目上に対しては不適切な言葉です。

この回答へのお礼

さっそくご回答、ありがとうございます。そうですよね。。。専門家の方にお答えただいて、心強いです。ついでにお聞きしますが、同等へはいかがでしょうか?

このQ&Aは役に立ちましたか?26 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

覚えておきたい!飲み会のマナーと心得

職場の同僚や友達、合コンなど、社会人になると何かと誘いが増える「飲み会」。楽しく飲み会を過ごすために守ってほしいマナーと心得をご紹介!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集