通常、新刊の本が文庫化されるまでにどれくらいの間隔があるのでしょうか?
3年くらいの間隔がとられているように思うのですが、
実際には「○年」というはっきりした決まりがあるのでしょうか?
また、出版社や著者によって異なったりするものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

文芸書の場合は、「3年で文庫化」という目安があるそうです。

はっきりした決まりではなく(出版契約書もろくに作らない世界ですからね)、慣習としてそうなっている、ということですが。
もちろん例外はたくさんあって、単行本で売れつづけている、旬のものだから早く文庫化して売り切ってしまう、思い入れのある本だからじっくり売りたい、など、出版社の判断と著者の意向によってさまざまのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり一応の目安はあるのですねぇ。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/07 18:31

具体的な基準は各社で設定されているかも知れませんが、以前聞いた話だと「要は、文庫化すると売れる」という単純な判断だそうです。



」単行本で売れ続けていれば、文庫本化する必要がありません」し、逆に「単行本では売れていないけど文庫本にすれば値段やサイズの関係で売り上げを期待できる」と判断できれば、即座に文庫本になるといったケースもあるそうです。
また、「或る作家の全作品を文庫本のシリーズにしておきたい」という理由もありうると思います。

結論として、平均は出せるかも知れませんが、個々のケースによって違うということです。
ロードショーとして公開された映画が、いつテレビで放送されるかを考えれば、当たらずといえども遠からずといったところでしょうか。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「状況に応じて」という感じなのですね。
参考になりました。
有難うございます。

お礼日時:2001/03/07 18:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ