久生十蘭の「地底獣国」ってどんな話ですか?
通販していますか?

A 回答 (2件)

『地底獣国』は以下の短編集に収載されています。



1)地底獣国 久生十蘭傑作選3(現代教養文庫)
2)怪奇探偵小説傑作選3 久生十蘭集―ハムレット(ちくま文庫)

いずれも絶版で、インターネット古書店の相場価格は、1が1000±200円、2が2400±500円程度です。
    • good
    • 0

1930年代が舞台です。


記憶モードですが、ソ聯科学翰林院(カガクアカデミー)が、極東において地底に通じる洞窟を発見。それを利用して日本の北辺に赤軍部隊を送り込めないかと計画し、その計画立案のため拿捕した日本漁船の乗組員を地底探検に送り込みました。が、そこは恐竜の生き残っている恐怖の秘境だったのです!

短編で文庫になっていると思います。古書価格は高くないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ