身内の誰かが亡くなったときに、よく
ご愁傷様 といわれますが、
この言葉にはどんな言葉を返せば良いのでしょうか?
誰に聞いても分からないと言われてしまいます。

A 回答 (3件)

田舎に住む寺のものです。

封建的な田舎のせいか、村で不幸があった時は、必ず、お悔やみへ行きます。本当はこういう時は言葉など出ないはずなのですが、
周囲に合わせて、冷や汗をかきながら、いつも言葉を返しております。

「ご愁傷様でございます」という言葉をいただいたときは、

「生前は○○が大変、お世話になりました」と頭を下げておくのが
いいようです。

「長々の看病の甲斐もなく、大変、残念なことでございます」などと
続いていくのですが、都会では、そのような丁寧なお悔やみもないと
思います。
    • good
    • 0

昔、読んだ英会話の読本の回答例に、


「こういう時は返事を返さなくて良い。」と書いてありました。
    • good
    • 0

正式なものかどうかはわかりませんが。



通夜や葬儀の席では、黙ってお辞儀をすればいいと思います。
近い身内が亡くなった時など、本当に返事をする
元気もないですからね。
強いて言えば「お気遣い(お心遣い)ありがとうございます」でしょうか。

私の場合は、葬儀など全部済んで、時間がたってから身内の不幸を知った人に言われたとき、こう応えていました。

「ご愁傷さま」は「さぞお嘆きのことでしょう」というような意味なので、検討違いな返事ではないと思うのですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ