僕は学生ですが、先日の選挙の後、政治学の授業で
政党別の得票率と、実際の議席数が合っていない
と言うことを教わりました。
これは、民意を反映できていないので、
選挙制度が悪いということでした。
でしたらどのような選挙制度が良いのでしょうか?

A 回答 (13件中11~13件)

「yodaさん」の、比例代表制のご理解の仕方が、一寸誤解の所がありますので、訂正させていただきます。



今の日本における衆議院選挙における、「比例代表」の制度は、純粋な「比例代表制」ではなく、小選挙区制とのカップリングになっていることにこそ、問題の本質があります。
これは、政権与党である「自民党」を中心とした、保守勢力は、個人の選挙基盤に拠って建つところが大きいと云えます。ところが、他の組織選挙を得意とする政党(公明党や共産党)では、個人の選挙基盤というのは存在しないといって良いと思います。
つまり、個人の選挙基盤の強い政党は「小選挙区制」が有利に働くのです。ところが、それでは、組織選挙を得意とする政党が不利になってしまいます。そこで、組織選挙の得意な政党に有利な「比例代表制」を、「小選挙区制」にくっつけてしまったのが、今の選挙制度になるわけです。
そこで、元々のご質問の解答ですが、民意を本当に反映させるには、「小選挙区制」は、向いていません。何故なら、一選挙区に一人の当選者しかいなければ、その候補以外に投票した方々の、意志は反映されません。
例えば、4人の候補がいたら、単純計算で、26パーセントの得票を得た候補者が、当選となります。つまり、他の24パーセントの投票は、「死に票」となってしまいます。
翻って、純粋に、政党に対する投票を目的とした「比例代表制」では、決して「死に票」は出ません。必ず、全徳票に対して、議席の配分があるのです。
つまり、候補者に対する投票を促す「小選挙区制」を、廃止して、「比例代表制」一本にすれば、確実に、民意を確実に反映されるものといえます。

ただ、「小選挙区制」は、「二大政党」制に道を開くという、意味合いがあります。
民意を確実に反映するのがよいのか、それとも「二大政党」制がよいのかを、私たちが、今、考えなければならないことだと思います。
    • good
    • 0

 確かに民意を反映していないのは事実です。


 しかし、今の最高裁の判例に寄れば、5.2倍? でしたっけ?の、一票の較差を認めている所によると、民意の意思を司法機関によって歪曲されてしまっている事は、否定できません。
 選挙制度も悪いのはもちろんですが、それだけではないのです。
 今回当選した、25歳の人も40000票に満たない得票で、比例代表で、復活しています。(惜敗率)
 この様な、欠陥の分かっている選挙制度を、続けている政治にも、NOと言わざるを得ません。
 さて、前置きが長くなりましたが、保身ばかり考える人の、選挙制度を変えるには、上からの変革が必要です。
 つまるところ、大統領制が一番だと思います。
    • good
    • 0

取りあえず、比例代表制という制度は無くすべきだと思います。落ちた人が当選すると言うこんな不思議な事を認める方々が国を左右する職に付いていること自体変です。


そして、その方々の中から国を代表する要職についているなんて、もっと変です。
結局この制度は何としてでも、自分の仲間を増やそうとしているだけの、わがまま以外の何者でもない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ