いつもお世話になります。
よろしくお願い申し上げます。
ask+事・物+of+人、
inform+人+of+事・物、
rob+人+of+事・物
というのがありますが、人の位置が、askだと後ろ、informやrobでは
前で、覚えにくいと感じます。どうやって覚えたらいいのでしょうか。
また上記3つ以外にこのような動詞には何があるのでしょうか?

ご面倒おかけしますがよろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

われわれには使いにくいですが、暗記するしかないです。

気に入った内容で口と手に覚えこませ、また、そのパターンを使っていろんな内容を表現する練習をします。もちろん、それらの語のofが入らない表現練習も怠ることなく、です。

ask A of B: expect, demand, beg, require など

inform A of B: persuade, remind, warn, convince など

rob A of B: relieve, deprive, clear, empty, rid など

基本的な動詞ばっかりというかんじですね。他に blame A for B, provide A with B, prevent A from B などなどおおくの基本パターンありますが、覚えるしかないです。of, with, for, from だけでなく out of, intoとの組み合わせでもいろんなのがありますね。 毎日、口と手に覚えこませ、内容を変えた練習をこつこつやれば、運用力が大幅に向上します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんあるのですね!
教えていただいたものは頑張って全部覚えます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/03/12 12:11

まず,of の意味がいろいろあります。


ask の場合は,「出所,源」を表す「~から」
inform の場合は,「~について」
rob の場合は,「分離」を表す「~から」

後は動詞の目的語として何を取るかです。
特に rob の場合,日本語と逆になるのでわかりにくいですが,
「人」を目的語にとる,
「人を襲う」とでも考えて,人を目的語にとり,
日本語で「人から奪う」と訳しているだけで,物から離れるように,
という感じで of 物となる。

inform は知らせる相手が目的語,
ask は求めるものが目的語,出所を of ~で表わす。

もっとも,ask の場合,ask 人 もの
と二重目的語が可能で,こちらの方が普通です。
この場合,人 もの
という順序になるのは当然です。

help you with your homework のような表現にしても,
help の目的語は人だということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いつもご丁寧なご指導ありがとうございます!
今回もとてもわかりやすくためになりました。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/03/12 12:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ