質問

原野の名義変更をしたいと思っています。
現在の名義は両親の共同名義で、私の名義にしたいと思っています。
ちなみにこの土地は、税金が1円もかかっていません。

「名義変更の際には公正文書をつくらなければならないから、
弁護士にたのまなければならない」と知人に言われました。

そこで質問させていただきます。
このような原野の名義変更をするに当たって、
1・はじめに行くべき場所
2・作成すべき文書
3・2を作成するに当たって、必要な専門家は要するのか
4・その他の必要な行動
5・税金のかからない原野の名義変更にかかる金額

ちなみに土地は栃木にありますが両親・私ともども東京在住です。
みな無知なもので(^^:)大変困っております。
以上、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご回答お願いいたします

通報する

回答 (3件)

名義を変えるというのは、所有権移転登記という事です。所有権移転登記には原因が必要で、この場合に考えられるのは「贈与」か「売買」です。贈与か売買かによって税金に注意しなければなりません。
贈与というのはあなたが無償でもらう事で、これをするとあなたに贈与税がかかります。ただし年間110万円までなら非課税になります。贈与税がかかる金額の土地かどうかは路線価によるのですが、固定資産税が非課税の土地ということなら、この110万以上かどうかは微妙なところですね。
売買というのは文字通りあなたがお金を出して買うことです。この場合はご両親が売る事になりますので、売って得た利益に譲渡所得税がかかります。買った値段よりも高く売れたらその差額が利益になります。もしその土地が先祖から相続したもので買った値段がわからなければ、売った金額の95%に対して税金がかかる事になります。
買った金額に対して利益が出ない程度の金額で売買した事にすれば、税金がかからない事になるわけですが、あまり安い金額での売買だと贈与とみなされる場合もあります。
ですからその土地の路線価、買った時の値段を調べて、贈与にするか売買にするか検討する必要があります。
登記を自分でするのであれば、司法書士の手数料の数万円は節約できますが、登録免許税は必ず必要です。固定資産税評価額によりますが、固定資産税のかかってない土地でも1~2万円は必要かもしれません。それから登記後に不動産取得税もかかります。
自分で登記するのであればこちらを参考にしてください
http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html
こちらを参考にして書類を作成し、栃木の法務局へ行く前にお住まいの近くの法務局の登記相談の窓口で見てもらえば良いと思います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>所有権移転登記には原因が必要で、この場合に考えられるのは「贈与」か「売買」です。

知りませんでした。
数いる兄姉も、「いらない」と言うくらい、価値のない土地なのに、
こんな面倒な手続きを踏まなければならないとは・・・。

登録免許税、なんていうのもあるのですか・・・。
知らないことだらけで、恥じ入ります。
本当に色々勉強になりました。非常に助かります。
貴重なお時間をさいてお答え頂き、こころからの感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございました。

1、売買契約書を作成する。所在と広さ、金額だけハッキリ記載してあれば可です。価格はいくらでも可。自分でPCで打てばOKです。
2、東京在住で土地が栃木なら物件を管轄する法務局に近い司法書士事務所に依頼したほうが良いと思います。価格決定通知など市町村で取得しなければならない書類があり、面倒です。登記費用は司法書士の先生の報酬と登録免許税を加えてもが5万前後ぐらいかと。
本人確認が必須なので、一度は所有者の親とあなたと足を運ばなければならないと思います。
土地の登記してある住所と現在の居住地が違う場合など、住所変更登記も必要です。司法書士事務所に行かれる際に
○権利証
○所有者である親の印鑑証明1通
○親の住民票、登記住所と違う場合はその住所から現在までつながる住民票または、戸籍の附表
○売買契約書
○あなたの住民票
○親は実印、あなたは認印で可
○それぞれの運転免許証等(顔写真のある公的身分証明書)
を用意してください。
ご自分で出来ないこともないですが、訂正や補正などがある場合、再度法務局に呼び出されます、交通費や時間を考えると頼んだほうが安上がりになると思います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
税金がかからない原野だから、そんなに面倒な事もないだろうと
タカをくくっておりました。。。
1度は必ず、栃木にいかねばならないということですね・・・。
土地は山中にあり、住所の明記した目印も何もなく、
「きっとここがうちの土地なんだろうな~」というアバウトな
確認しかできないような土地です。
面倒ですが、行ってまいります。
大変参考になり、感謝いたします。
本当にありがとうございました。

1、法務局・登記所
2、法務局の指定した書類
3、この手の書類作成は全て自分で出来ます。専門家は必要ありません。
ただし、金と手間を天秤にかけてどちらが楽かでしょう。
4、法務局で詳しく話を聞いてくる。
何回か法務局に通う事を覚悟する。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>金と手間を天秤にかけてどちらが楽かでしょう。

税金もかからないような土地なので、
金もかかるまい、とタカをくくっておりました。。。
法務局にも、通わなければならんのですね・・・

無知なもので、
大変参考になり、非常に助かります。
感謝いたします。

本当にありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?7 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ