はじめまして。私は酒類販売業をしています。
1年くらい前、得意先のお店がやめる事になり、物件を顔見知りが買われたので、安心してその後も取引をしておりました。
ところが、毎月集金に行っても、マスターが不在で集金できず、573,030円まで売掛金が膨らんでしまいました。
しびれを切らした私は、顔見知りに電話したところ、毎月10万円位振り込みますとの事なので安心しておりました。ところが待てども待てども入金がないので、今度は直接顔見知りの家へ行き、毎月10万円位何とかなりませんか?と言ったところ、現時点ではかなり難しいとの返事。
堪忍袋の緒が切れた私は、今度入金がなかったら、法的な手続きをとらせてもらいますと言って帰ってきました。
その後、端数の3,030円の振り込みがありました。
ちなみに顔見知りはかなりの借金があるようです。
先生方の良きアドバイスをお願いいたします。

A 回答 (1件)

 まず、未払い金額がこれ以上増えないために、以後の取引は、現金または短期の手形にする。

万が一のときには、手形は回収できないので、経営判断です。
 現在、残っている売り掛け金について、どうするのか相手を話し合い、準金銭消費貸借契約書を作成することです。そして、それを公正証書(その場で印鑑証明書と白紙委任状に印鑑を押してもらいますと、あなたの方で作成できます)にするとです。こうすれば、未払いがあったときには、直ちに強制執行できます。
(公正証書)
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2kousei …
契約作成を断われば、弁護士に相談してください。

参考URL:http://www.turuga.co.jp/i/urikakekin.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
どうしたらよいか悩んでおりましたが、良きアドバイスをいただき、気持ちが楽になりました。
今後アドバイス通りにやっていきます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/06 01:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ