www.mlb.com に現時点のトップニュースの見出しが
「Godzilla has a monster game!」
Hideki Matsui continued his impressive spring on Monday, going 3-for-3 against the Toronto Blue Jays, belting his second home run in three Grapefruit League games.
となっています。

Godzilla has a monster game!ってどういう意味でしょう?
ゴジラ(松井)はモンスターのようなすごい試合を持っている?

A 回答 (4件)

私の解釈は簡単です。



単なる言葉の遊びです。

monsterとは本来の怪物との意味以外に、デカイ、凄い、記録的の意味合いで使われます。

松井選手の活躍が凄かった事でmonsterと言う単語を使い、又、日本でのニックネームがゴジラである為、言葉遊び的に両方を合わせた事でしょう。海外の新聞の見出し(特にスポーツ記事)はこの類のユーモアは多いですよ。面白いと思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

have には#3さんのような考え方があるのですね。勉強になりました。
みなさま、ありがとうございました!

お礼日時:2003/03/05 01:39

 


>「Godzilla has a monster game!」

これは、have(has) を、「持つ・持っている」と考えるので、おかしくなるのだと思います。

例えば、

This PC has a USB connector.

というのは、「このパソコンは、USBコネクターを持っている」という意味だと少しおかしいです。これは、This PC is equipped with a USB connector. のことで、「このパソコンは、USBコネクターを備えている」という意味です。

「ゴジラ(松井)には、もの凄いゲームが備わっている」「松井は、もの凄いゲームをものにする」

「ものにする・ものする」というのは、「自分のものにする」ということですが、「勝ち取る・成り立たせる・生み出す・成功させる」のような意味もあります。

また、これは見出しですから、強調のため、現在形を使っていると考えるのが自然です。いまこうなっている、と現在形で述べると、迫真さが出てくるのです。

また、ゴジラというのは、そもそも怪獣です。ですから、「怪獣ゴジラ、まさに、怪獣の試合をものする!」

個人で見れば、「大活躍」なのでしょうが、「試合を自己のものにした・ものした」つまり、「試合の展開を左右した・動かした」というような示唆があるのだと思います。

「日本の怪獣松井、その名に違わず、凄まじい活躍(ゲームの帰趨を制する)!」

これは大げさすぎる日本語ですが、こういう意味が含まれていると思います。
 
    • good
    • 0

ニュースの見出しなので人の目を引く事が一番大事。

ゴジラと言えば有名な「日本の怪獣」(野球の事には全く無知なんですが、松井選手のニックネームなんでしょうか…)なのでそれに引っ掛けたものなんでしょうね。#1さんの仰るように「日本の選手が大活躍!」という意味で取っていいと思います。
    • good
    • 0

newtonZさん、こんにちは!!


松井秀樹、すごく頑張っていますよね!!

>「Godzilla has a monster game!」
Hideki Matsui continued his impressive spring on Monday, going 3-for-3 against the Toronto Blue Jays, belting his second home run in three Grapefruit League games.

「松井秀樹は、試合でモンスターのような大活躍をした!」
月曜日、松井秀樹は、信じられないような快進撃を続けた。
トロント・ブルージェイズに対して、グレープフルーツ・リーグゲームで
第2号ホームランを放ち、3打数の3安打とした、大活躍を成し遂げた。

のような意味になると思います。
松井の活躍には日本中が注目しているでしょうね。
頑張って欲しいですよね!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ