質問

『構造粘性』ということばを聞いたのですがどのような原理で(?)出てくる粘性なのでしょうか?

粘性にも色々あるのでしょうか?

言葉は平易で十分結構ですので
どなたかレオロジーに知見のあるかたご教授下さい

通報する

回答 (2件)

弾性体の変形挙動がフックの法則で表される様に、流体の流動挙動は
ニュートンの粘度式、粘度=ずり応力/剪断速度=一定、で表されます。

水や粘性の小さな溶液は近似的にニュートン流動を示しますが、
コロイド溶液やポリマー濃厚溶液では粘度が剪断速度の関数となり、
一定とはならず、剪断速度の増加と共に減少することが多くなります。
この現象を構造粘性( structural viscosity ) と言い、Ostwaldが提唱
した言葉と言われています。

コロイド溶液やポリマー濃厚溶液等の複雑な体系の中には構成粒子や
分子間の相互作用によりある種のセミマクロな構造ができています。
この構造に外部からずり応力等の刺激が加わると、初期の段階では
構造が応力を支えるため剪断速度の変化は僅かです。しかし、ある
応力以上でこの構造が壊されると粘度は剪断速度の増大と共に減少
します。

ある種のコロイド溶液では剪断速度と共に逆に粘度が上昇し、逆構造
粘性またはダイラタンシー( dilatancy ) と呼ばれることが有ります。

ダイラタンシーに付いては下記のQ&Aを参照ください。

この回答へのお礼

丁寧な回答で助かります
こんな自分でも
少しだけ、理解出来ました

drmurabergさん、ありがとうございました

粘性にも色々あるようですね。
内容物によって、「ずれ応力に対して見かけの粘性度が低下する」粘性

次のwikipediaに少し記述があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E6%95%A3% …


http://colloid.csj.jp/member_site/23basic_abst/u …
の3ページ右あたり。

この回答へのお礼

いやぁ、やっぱりなかなか難しいですね…

Akira_Ojiさん、ありがとうございました

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

毎日見よう!教えて!gooトゥディ