1、ロード・オブ・ザ・リングの舞台は今から何年前の出来事なのですか?

2、それと、舞台となった中つ国は今の、ユーラシア アフリカ大陸あたりだと聞  いたのですが、あっているのでしょうか?

3、映画ロード・オブ・ザ・リング二つの塔のパンフレットで、第二紀の1500  年頃などとありますが、どうゆう紀元なのですか?
4、サウロンは人間なのですか?それとも何なのですか?

A 回答 (2件)

既に完璧な解答が出ていますが、補足ということで。



1.についてですが、「旅の仲間」のDVDだったかパンフレットだったかで「舞台は7千年くらい前の欧州のイメージ」というようなことを言っていたので、映画ではだいたいそのくらいの時代のイメージでやってるのだと思います。

4.について、No.1の方の解答の補足として。
魔法使い(イスタリ)のガンダルフ、サルマンもサウロンと同じマイア(マイアールはマイアの複数形だったと・・・逆でしたか?(汗))です。
サウロンはもともとはマイアよりは格上のヴァラ(複数形はヴァラアル・・・逆だったかも?)であるモルゴスの配下でした。モルゴスが倒れた後、紆余曲折を経て(汗)モルゴスに変わって冥王となりました。
映画「二つの塔」でガンダルフがバルログのことを「モルゴスのバルログ」と言っていたのはこのモルゴスのことです。
(全くの蛇足のような・・・失礼しました(汗))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「旅の仲間」のパンフレットをあらためて読みなおし
たいとおもいます。

お礼日時:2003/03/12 21:34

はじめに、指輪物語の舞台は、トールキンが創造した神話世界です。


この非常に壮大で複雑な世界が背景にあるため、原作も、映画も、それのみでは理解が難しい部分がたくさんあります(私は小学生の時に岩波少年文庫で「ホビットの冒険」を読んでトールキンを好きになり、そのまま続けて学校の図書室の棚の上の方にあった函入の「指輪物語」を読破したのがはじめですが、最近は映画のおかげで関連書も増えて嬉しい限りです)。

たまたま手許に「トールキン指輪物語辞典」という本(デビット・デイ著、ピーター・ミルワード監修、仁保真佐子訳)がありますので、ちょっとこれを参考にお答えしようかと思います。

1、ロード・オブ・ザ・リングの舞台は今から何年前の出来事なのですか?

トールキンは、「私の物語の舞台はこの地球、われわれがいま住んでいる地球である、だが、その歴史上の時代は想像上のものだ」と語っています。

ですから、「今から何年前の出来事」といわれても特定することは不可能(そもそも歴史的事実じゃないし)なのですが、「指輪物語」の時代の直ぐ後に人間の支配の時代(「第4紀」といいます)が来て、それが今日の(現実世界の)文明につながるとされていますので、個人的には、無理に数字をあてはめるのであれば、近くて6~10千年前くらいかとな思います。

2、それと、舞台となった中つ国は今の、ユーラシア アフリカ大陸あたりだと聞 いたのですが、あっているのでしょう か?

「中つ国」はユーラシア大陸(アフリカを含む)に相当します(かなり地形は変化していますが)。

なお、指輪物語の舞台に限っていえば、トールキン曰く「物語が起きたのは中つ国の北西部で、そらはヨーロッパの海岸や地中海の海岸と同じ緯度である。もしホビット村と裂け谷がオックスフォードとほぼ同じ緯度だと考えてもらえるなら、その600マイル南に位置するミナス・ティリスはフィレンツェとほぼ同じ緯度だということになる。アンドゥイン川の河口と古代の都ペラルギアは、古代のトロイアとほぼ同じ緯度である」と。

ですから、モルドールを今のトルコあたりと考えてヨーロッパ大陸の地図と比較すれば、だいたいのイメージがつかめるような気がします。

3、映画ロード・オブ・ザ・リング二つの塔のパンフレットで、第二紀の1500 年頃などとありますが、どうゆう紀元なの ですか?

世界の創造から説明を始めたらきりがないので、ごく大雑把に。

世界の創造から約3万年後、わけあって太陽と月が生まれました。世界で最初の夜明けに、人間が目覚めました(ちなみに、エルフとかはもっと前に目覚めてた)。すなわち、第1紀の始まりです。

そして、神々(「ヴァラール」といいます)の間の大きな戦い(世界の暗黒の敵・モルゴス 対 残り)があり、モルゴスが滅ぼされるて第1紀が終わり、第2紀が始まります。

第2紀はヌメノールの時代です。
ヌメノールとは、モルゴスが滅ぼされた後、ヴァラールから人間に与えられた島で、中つ国の西方にあり、さらにその少し西には、ヴァラールの住む大陸がありました。

第2紀の3319年、サウロンにそそのかされたヌメノール人は、ヴァラールの大陸を征服するために、大軍を西方に送り出しました。これが神々の怒りに触れ、ヌメノールは海に沈められ(われわれの知る「アトランティス」です)、ヴァラールの大陸がわれわれの世界から切り離され、一方、それまでは円盤状だった世界は湾曲し、今日のように「球」になりました(だから基本的に、いくら西に舟をすすめても、もう神々の国には行かれない)。

その後、生き残ったヌメノール人は中つ国に王国を創建し、モルドールに拠ったサウロン(1000年くらいからモルドールの建国を始めています)を打倒し、イシルドゥアが一つの指輪をサウロンから奪ったところで、第2紀が終わり、第3紀が始まります(3441年)。

指輪物語は、第3紀の3018~3019年の出来事です(その後、第4紀になる)。

4、サウロンは人間なのですか?それとも何なのですか?

人間ではありません。
トールキンの世界では、神々(ヴァラール)に次ぐ存在として、神々に仕える精霊(「マイアール」)が出てきます。
サウロンは、マイアールの一人です(もとは、モルゴスに仕えていた)。なお、「カラダ」はヌメノールの沈没と同時に失われているので、指輪物語では、その存在が「目」で表されています。


やや冗長な説明かもしれませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事がおくれてすいません。
ありがとうございました。とても詳しく書かれていて助かりました。
ちょうど今、指輪物語を読んでいるので、とても参考になりました。
指輪物語はとても壮大なスケールの話なので、奥が深いですね。

お礼日時:2003/03/12 21:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ