学生の方で新聞社の奨学生として、働きながら勉強している方、また、その新聞社の奨学生に詳しい方、どのような条件があれば奨学生になれるのか、教えてください。それは、大学の夜間部・通信部の学生でも、奨学生として、働きながら、勉強できるのか教えてください。

A 回答 (6件)

 新聞配達をしながら予備校に通おうとしたものの、


駄目でした。新聞奨学生は援助してくれるのとは
違いますし、先生とよく相談して
なるべくしないようにしたほうがいいと思います。

駐在参事の説明は正直言って甘すぎますし、
途中で首になってもまた労務の仕事なので
同じ事の繰り返しになってしまいます。

十分に気をつけたほうがいいと思っております。
    • good
    • 0

 新聞配達より第二種の奨学金や修学資金のほうが


いいと思います。新聞がうまく配れなかったり
動作が鈍かったりすると不着をしないことが最大の
関心事になります。

 この手の掲示板には途中で首になることなど
ありえないとかかれていることが多いものの、
勉強したいなら、まともな奨学金を
借りる方法を考えたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

奨学生になるのは、本当にやる気があれば、出来ます。

まずは、各新聞社に資料請求してみてはどうでしょうか?
 私の場合、浪人時代に奨学生をやりました。新聞配達をやりながら予備校に通うという生活は、正直大変です。ちなみに、私の場合は、2年かかりました。私の周りの仲間は、ほとんど挫折してしまい、第一志望の大学に合格できたのは私だけでした。しかし、そこでの経験は、大変プラスになると思います。私は、今、大学4年生ですが、その経験を就職活動でアピールした結果、ある新聞社から内定を頂きました。
 大学では、学校が保証人となり、金融機関から、学費を借りる制度がありますので、そちらを利用しています。学費の返済は、卒業してからの返済で、成績等の審査はありません。(しかし、この制度は、私の知る限り、2つの大学だけでしかやっていません。)
 参考になる回答かどうか分かりませんが、頑張ってください。
    • good
    • 0

僕は実際に奨学金を受けて大学に通っているのですが、新聞配達のほうではないです。

8割以上Aの人には学校が無利子、しかも返さなくていいやつです。通常時でも、無利子の奨学金はありますよ。僕もC大なので間違いないです。*補足ですが、司法試験を目指している友人の方に、お互いがんばりましょうと伝えてください。僕も、司法試験を目指して勉強しています。あと、大学のホームページに行けば奨学金のことがいろいろ載っています。ただ、ここでURLを載せると問題があると思いますので、省略させていただきます。
    • good
    • 0

知っていたら、余計なことかも知れないですが、


奨学金制度はね新聞配達だけではありません
「日本育英会」や「地方公共団体」でも奨学金制度があります。
新聞と違うのは
卒業後に働いて返済します。

参考URL:http://www.atomi.ac.jp/d-ryou/shogaku.htm
    • good
    • 0

今は、学生ではないですが、進学する時に私もいろいろ調べましたので、参考になれば・・・



夜間部の学生でも、奨学生になれます(通信部の場合は不明です)。
新聞社によって(あるいは地域によって)、規定は若干違うでしょうが、二部学生は夕刊の折り込み・配達ができないため、集金などの業務がまかせられるようです。
新聞各社のサイトに行けば、「育英制度」とか「奨学生制度」などの案内があると思います。詳しい質問は、直接問い合わせた方が、確実かと思います。
働きながら勉強できるか、どうかは本人の意志しだいでしょう。
ただ、私の知合いの昼間部理工系の方は、やはり研究などがあって、時間厳守の新聞配達の仕事はたいへんだったとのことです。

働きながらの勉強は、たいへんだと思います。がんばって下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ