去年、車を買ってから自分の車に合うオイルを探すため、今まで毎回違うオイルを使ってきましたが、毎回ちょっとずつオイルが余ってしまいします。
オイルが減ったときに足そうとためていましたが、車が新しいせいか結構回して走っているにもかかわらずオイルは減りません。

メーカーは違いますが今のところすべて100%化学合成オイルで、すべてにSYNTHETIC(ベースオイルでしょうか?)と書いてあります。

ベースオイルが同じオイルなら、混ぜて使っても大丈夫なのでしょうか?

A 回答 (3件)

 化学合成オイルはカンタンに申しますと薬物のカタマリです。

さまざまな種類の添加剤が入っており、それは種類やメーカによって違います。粘度が同じ、グレードが同じでも基本的には混ぜてしまうと全く違うオイルになります。
 しかし、オイル交換の度にちょっとづつあまるオイルは、ためておくとすぐ結構な量になってしまい、このまま捨てるには確かに勿体無いですね。そこで、このオイルの利用法を一つ。

 これをフラッシングオイルとして利用します。フラッシング専用と称するオイルがあり、これは確かに汚れ落としの能力が高いですが、しかしフラッシング後エンジンの構造により完全には抜け切れません。勿論残りモノオイルの寄せ集めなら、基本的には潤滑油なので、フラッシングオイルより遥かにエンジンにはよいです。

 さて、ところで。

 貴殿のおクルマに相性の良いオイルは見つかりましたか?

 現在の、高度なチューニングが施されたエンジン(馬力だけでなく、燃費や排ガス、振動騒音、耐久性などの面でも)は、ギリギリのところでバランスが取られています。勿論、それはメーカ純正オイルを用いて行われています。
 例えば、メーカ指定以上の粘度の高さのオイルを入れると音が静かになりますが、これは潤滑性が上がったから、とは一概には言い切れず、粘りの強いオイルがブロックやパンの壁にブ厚く停滞し、結果、透過音が減っている場合もあります。
 この様なオイルでは、まずエンジンが冷えにくくなりますし、高い粘度による攪拌抵抗で更に油温が上昇、そして燃費の悪化なども懸念されます。勿論、この状態がエンジンによいワケはないですね。
 一方、添加剤などを入れるとエンジンのフケが良くなる事がありますが、これはオイルの粘度が下がり(!)攪拌抵抗が減る事によって回るようになる場合もありますので、注意が必要です。
 最近流行りの、冷間時がムチャクチャ柔らかいオイルは、オイルポンプがその様に柔らかいオイル前提で設計されていないので、十分な油圧が得られなくなる事も考えられます。

 耐久性に関しましては、ユーザの皆様の想像を絶する様な厳しい耐久実験をメーカで実施後に市販化されておりますので(勿論これもメーカ純正オイルによって行われているワケです)、メーカ純正オイルによってエンジンの耐久性が下がる事はありません。

 尚、サーキットを走られたり激しい走り方をヒンパンにされる方は、まずオイル自体の冷却をお考えになるべきで、「レーシングオイルを入れているから大丈夫」とゆぅ短絡的な話にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

去年10月頃に車を買ったので今まで寒いこともあり、冬用のオイルを決めようと今まで7種類試しました。
エンジンが新しいのか、ターボで劣化が早いのか2000kmを過ぎるとだいたいのオイルではフィーリングがだいぶ変わってしまうので結構はやめに交換しています。

それで、だいたい車に合うオイルも決まってきました。今の時期、粘度的には5W-40くらいがベストなようです。これからエステル系のオイルも気になるので試したいと思ってます。
添加剤は入れるとオイル自体の性能が分からなくなるので、今のところ1度興味本位で入れただけです。僕もオイルの粘度を下げる物があると聞いたことがありますが、ほんとにそうゆうのは避けたいですね。

余ったオイルでフラッシングですか。いいですね~。
全然思いつきませんでした。
色々勉強になりました、ありがとうごさいました。

お礼日時:2001/03/11 10:24

私も、いろいろなオイルを使ってきましたが、基本は初めから最後まで同じオイルを使った方がいいというのが定説だと思います。


それはなぜかというと、毎回違うオイルを入れていても若干量のオイルがエンジン内に残ってしまうからです。
しかし自分は、いろいろなオイルを入れてきました。それも化学合成で、同じメーカーでしたがターボ車用・NA用といった仕様が違うのを試行錯誤していれてました。
例えば15W-40と10W-40を5:5で入れてみたりもしてきました。
そこで、自分が発見したことはいっぱい有りました。夏用・冬用・サーキットでの走行会用などです。
ですから混ぜても基本的には大丈夫だと思いますが、粘度とかを考えながら入れないといけないと思います。
自分の走り・車に合ったオイルを探してみてください。
補足として寒い時期に走るオイルと、暑い時期に走るオイルは区別していると、エンジンの始動時のアイドリングの下がりかたなど違いますよ。
オイルの交換もこまめにやるとエンジンの寿命もアクセルレスポンスも違ってきますよ!!
頑張ってみてください。
    • good
    • 0

粘度やグレードが違っているんでしょ?混ぜて使ったんではそれぞれの特性が発揮されないですよね。

今までせっかく自分の車に合うオイル、って試行錯誤(?)してきたのに、だいなしじゃないですか。恐らく実害はないでしょうが、長く使わない方が良いと思います。
ベストマッチのオイルを見つけて、定期的に交換する。これ、基本でしょう。
naock709さんが今考えている事は、「もったいないから使えるんなら何でもいいやんか」というそこらのオバチャンドライバーと同じに感じますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 車線変更でウインカーを出さないなんてアリ?

    8月は海へ山へとクルマで遠出する人も多いだろう。そこで、ドライブについて検索してみたところ、「教えて!goo」の中に「車を運転する方にお聞きします!車線変更の時、ウインカー出しますか?」という投稿があった...

  • 夜間時のライトの注意点は?ニコニコニュースのユーザーの意見をまとめてみた

    先日、「教えて!gooウォッチ」では「車のハイビーム、夜間は『原則つけっぱなし』が正しい?」という記事をリリースした。道路交通法によると、夜間は原則ハイビームを使用し、対向車とのすれ違い時のみロービーム...

  • 駐車の切り返し、何回まで許せる?

    男性でも女性でも、クルマを駐車や車庫入れが上手にできる人は3割増しでカッコよく見えるもの。でも、駐車が上手い下手は一体どこで決まるのだろう。やはり“切り返しの回数”ではないだろうか。ということで、今回は...

  • クルマの運転は片手?両手?それとも膝!?

    秋は気温も風も心地よくドライブにいい季節!ということで、今回は運転について「教えて!goo」から、「車の片手運転と両手運転」という質問をピックアップしてみた。 質問者のjun5125さんは、ハンドルさばきもウイ...

  • 車の中に放置しておくと危険なものを専門家に聞いてみた

    夏のレジャーで車を長時間駐車場に止めておくことはないだろうか。車を長時間野外に止めておくと、車のなかがサウナ状態になってしまい、ハンドルは火傷しそうなくらい熱く、シートに座るのもやっとである。だが、も...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ