大江健三郎の小説を読んでみましたが、正直言って死ぬほどつまらないものでした。
変に難解で、読むのが苦痛でした。
僕は読書が好きで、古典的名作と呼ばれるようなものもかなり読んだのですが、これほどつまらないと感じたものは珍しいです。
ですが、大江氏はノーベル文学賞を受賞しており、優れた作家である筈です。
僕の読解力に問題があるのではと考えてみましたが、友人に聞いても「つまらない」という答が返ってきました。

皆さんはどう思われますか?

A 回答 (2件)

仮に質問者様が私にお尋ねになっても、ご友人と同じ答えを返すでしょう。


『雨の木(レイン・ツリー)を聴く女たち』『万延元年のフットボール』
の2作品に挑戦してみましたが、使いまわしのモティーフ、だらだらと
緊張感のない文体、なんとつまらない作品だろうと辟易しました。
『雨の木』は一応通読しましたが『フットボール』は半分も読まずに中断。
ノーベル賞に限らずどうして大江作品があれほど高く評価されているのか
皆目見当がつきません。アイデアの秀逸さでは倉橋由美子の方が、
文体の緊張感ではジョン・スタインベックの方が、
ダイナミックな読み応えでは丸山健二の方がはるかに上を行っているように
私には思えます。
反面、NO.1さんが挙げられたリンク先の熱情云々と言う言及にも
大爆笑してしまった私ではありますが…。

「難解」という評は一般に共通しているようなので、
好みの分かれる作家なのかもしれませんね。
そうとでも思わないと理解できないと言うのが私の本音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに大江健三郎よりも面白い小説を書く人はたくさんいますよね。

「難解」というのが共通した評価のようで少し安心しました。

お礼日時:2009/06/15 06:51

ご参考まで。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F% …
http://d.hatena.ne.jp/saboten2008/20090521/p1
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://natto.2ch.net/mass/kako/1008/10081/100816 …

で、ノーベル賞での選考はどうやって行われるかというと一旦英語に直したものを皆で読み解くのだそうです。
なので、2chにある、
> 17 名前: o 投稿日: 01/12/12 23:13 ID:oHt7QVIF
> ムズカシイ漢字を散りばめただけの日記。
> 強いて言えば翻訳した外人の文章力のお陰です。
> その人に文学賞を上げるべきだった。
というレスに笑ってしまいました。

ではノーベル賞は数ある文学賞の最上位に位置している模様で、その権威に文芸読み物としての作品が耐えられているかと言うと、どうもそうでは無いようで、私自身はノーベル文学賞をすっかり信用しなくなりました。

文学賞を授賞させる際の定義が「『文学の分野においても1つの理念をもって創作してきたものの中で、最も傑出した作品を創作した』人に与えることを目的として制定したものである。」であるので、読み物として面白くなくてOKみたいです。

また、日本人のノーベル賞受賞者が「川端康成」「大江健三郎」となったのも、周辺では「? なんであの人が? 」となってしまったようでもあり、日本人が求めるものと授賞作品はその方向性が違うようでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
・・・結構適当なんですかね、ノーベル賞って。
川端康成は好きなんですけどね。

お礼日時:2009/06/14 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ