皆既日食は、地球と太陽の間に月が入って生じるのは分かるんですが、どうして、地球から見て、太陽と月がぴったり同じ大きさで重なるのか不思議でなりません。偶然なのでしょうか?必然なのでしょうか?

A 回答 (5件)

    • good
    • 0

月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。

月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(total eclipse)という。逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食。annular eclipse)と言う。(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F

だそうです。偶然が重なって見られる現象でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまりにも、出来すぎた現象だと思うんですが
偶然なんですか・・・
そう言うことだと、それで納得して、運の良い思いで日食を
見るしかないですね。

お礼日時:2009/07/30 13:37

皆既日食とは太陽と月がぴったり同じ大きさで重なる訳ではありません。



月の方が太陽よりも大きく見える(月に太陽が隠れる)と「皆既日食」となり、
月よりも太陽の方が大きくなる(太陽の中に月がすっぽり入る)と「金環日食」となります。

太陽と地球、地球と月の距離は絶えず変化していますので、このように大きさが変わってくるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でも、あんなに、大きさの異なる、月と太陽が、ほぼ同じ大きさに重なるというのも、神秘的な感じがしますね。
考えすぎですかね?

お礼日時:2009/07/30 13:30

わが太陽系には他の惑星で衛星を持っているものも数多くありますが、すべて衛星の大きさが小さいので「皆既日食」は起こりません。

地球だけが衛星(月)が異常に大きいのです。
また、この大きさが地球から見てちょうど太陽と同じ大きさになるというのは偶然としか言いようがありません。
ただし、最近の研究によると月はだんだん地球から離れつつあり、その見かけの大きさが小さくなるので、遠い将来には皆既日食は起こらなくなってしまうそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
偶然なんですか・・・神の采配というか、不思議な感じがしますね。
でも、月が離れつつあるというのは初めて知りました。
今生きている人は、幸運なんですね。

お礼日時:2009/07/30 13:27

専門家ではないので、感覚で回答させていただきますが、



太陽は実際の大きさは大きいけど遠くにある。
月は小さいけど、近くにある。
距離と物体の大きさの関係で、地球から見た時には、同じぐらいの大きさになるからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼ありがとうございます。
それは、そう思うのですが、偶然かどうか知りたかったのですが・・

お礼日時:2009/07/30 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ