質問

仕事で、フォトショップで写真画像を作成しています。
16bitで製作して、完成時に8bitにして納入しています。
今回、プロファイルの変換をしたいのですが、
16bitのままだと、オプションの『ディサを使用』が利用不可で、
8bitなら使用可能です、
一旦、8bitにして 『ディサを使用』をして、プロファイル変換をした後、
再び16bitに戻しても、失われるデーターはないのでしょうか? 
あるいは、16bitのまま『ディサを使用』をせずに、プロファイル変換した方が良いのでしょうか?

『ロファイルの変換』以外にも16bitでは使用不可のツーツがありますが、
この時は8bitにして使用し、また16bitに戻すという事を繰り返しても良いのでしょうか?
どなたか教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

通報する

回答 (3件)

マッハバンドもHDRも画像編集分野の擁護でアニメはまったく関係ないですよ。
3Dゲームなら関係有るのですが、あれはもう映画分野に混ざってる気がします。

答えから書くと「16bitのままディサを使用せずに、プロファイル変換した方が良い」、そして必要なら「ビット数変換を繰り返すしかない」です。

16bit では「ディザを使用」が無効の件ですが単純に「必要性が無いから」です。
8bit の 256 段階 16677 万色と違い、16bit は 65,536 段階 281 兆色と精度が段違いなので計算誤差を考える必要がないのでディザリングは必要ありません。

ディザが 8bit で必要なのは 256 階調を変換したらそれ以下に劣化するのを避けられないため(良い意味で)誤魔化すためです。
16 bit 65536 階調が変換でたとえ数分の1に減っても 8bit よりは階調が何倍も細かいのは判ってもらえると思います。

当然 16bit を 8bit に変換する際にはディザリングをする必要がありますが、それが 8bit で表現できる最大の画質と考えて良いでしょう。


8bit 専用ツール(というかフィルタ?)が必要なら変換を繰り返す必要がありますが、出来るなら1回の変換だけで全ての 8bit 専用フィルタなどを適用できるようにフローの見直しをしたほうが良いかもしれません。

あと「ディザの使用」は複数回使わないのが大前提です。
必ず最後の変換時以外ではディザを使わないようにしてください。
(質問者の場合は 16bit でプロファイルの変換をした後、8bit に変換・納入用に保存する最終処理の時だけに使用する)

この回答への補足

<マッハバンドもHDRも画像編集分野の擁護でアニメはまったく関係ないですよ>
知識がないのに、軽口を言ってしまい 反省しております。

具体的な数字をあげて頂いての 親切なご説明 ありがとうございました。
大変よくわかりました。 
今後、自信と根拠をもって,プロファイル変換の作業ができます。
ありがとうございました。
ここで、もう一つ質問をお願いしたいのですが。
<当然 16bit を 8bit に変換する際にはディザリングをする必要がありますが>
とありますが、今までフォトショップでbit変換する時は、
『イメージ』-『モード』-『8biチャンネル』としていましたが、
この作業中には、ディザリングの選択は出てきません。
どのようにしたら、ディザリングできるのでしょうか。
済みませんが教えて頂けないでしょうか。

私は、映像屋(CG/VFX)です。

風景写真なら、HDR 写真とかに挑戦されてみてはいかがでしょうか?
面白い写真を作ることができますよ。
http://www.flickr.com/photos/valpopando/sets/721 …
Photoshop で製作可能です。
(バージョンが古いとダメかもしれません。)

この回答へのお礼

<マッハバンド>と<HDR>をインターネットで調べた時、
全てのサイトで、説明サンプルとしてアニメが使われていとので、
アニメ制作の方だと、勝手に勘違いしてしまいました。
知識がないのに、軽口を言ってしまい、申し訳ありませんでした。。
反省しました。
今回は、<VFX>を調べてみました。
お薦めのサイトも見せて頂きました。
HDR写真という物を初めて知りましたが、
かなりハードル高そうですが、面白い表現ですね。
自分なりにちょっとかじってみます。
いろいろ貴重なアドバイスをありがとうございました。

16 bit から 8 bit にした時点で、情報は失われてしまいます。
再度、16bit にしたところで、失った情報量は復活しません。

じゃ、8 bit の画像を 16 bit にして編集する意味はないか?
そうではありません。
マッハバンドが出にくくなりますので、微妙なグラデーションを使う時には有効です。

つまり、こういうことです。

16 bit の 画像を 16 bit モードで編集 > 8 bit の 画像を 16 bit モードで編集 > 8 bit の 画像を 8 bit モードで編集

したがって、16 bit に戻して編集する意味はあるか?というと、あると思います。
ただし、それが必要かそうではないかは、編集内容によると思います。
マッハバンドや色飽和が出てしまうような編集ですか?
そうでなければ、16 bit に拘らなくても良いと思いますが。


ちなみに、32 bit は HDR なので、また別の話です。

この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
詳しいご説明でよくわかりました。
<マッハバンド>、<HDR>も知らなかったので、
調べてみました。
もしかして<アニメ>の方でいらっしゃいますでしょうか。
私は、風景写真(青空が写ってたりします)を編集しているので
16bitは必須かと思われます。
16bitで進めていくしかないみたいですね。
貴重なアドバイスありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

注目の記事

おしトピへのコメントで10人に1人に500円分のギフト券プレゼント!(先着2000名様)

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」で指定のオーダー3件にコメントした方先着2000名様の10人に1人にギフト券をプレゼント!
フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集