質問

よく設計基準強度Fc=21N/mm2というような単位があるのですが、
kgに直すとFc=210kg/m2で良いのでしょうか??

1N≒0.1kgと換算すると

1mm2に2.1kg
1cm2(100mm2)に210kg
1m2(10000cm)に2100000kg(2100t)

よって21N/mm2は≒2100t/m2となると思うのですが間違ってますよね。。??

通報する

回答 (6件)

1Kg=9.8N
1N=0.10204・・・・・です。(1÷9.8=0.10204・・・・・)
21N=21×100×0.1024=214.286kg

なので、kg換算は、214kg/cm2になります。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

正解は Fc=21N/mm2=210Kg/cm2

「註」次式の途中で重力記号 g と書くべきですが
   グラムgrのgと混同を避けるため G と表示しました。

Fc=21N/mm2=21×100N/cm2=2100N/cm2=2100Kg/G/cm2
=2100Kg/9.8/cm2≒2100Kg/10/cm2=210Kg/cm2

以上の考え方はhttp://kozo.milkcafe.to/RC/kyoyou.htmlを参考にしました。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

Fc=21N/mm2≒210kg/cm2です。

ちなみに生コンの呼び強度21Nという場合は、設計強度ではなく下限値と考えていただいて結構です(微妙に違いますが)。設計強度は各工場により多少の違いはありますが、概ね25Nです。ばらつきがあるため21N~29Nの間と考えていただくと、より現実に近いですね。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

10階建ての建物の1階柱
1.0m角とすると。70kgの大人3人まで・・・となってしまいます。
下の人と同じです。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

SI単位系になる前はコンクリートの強度は180kg、210kgと表現されていました。単位は180kg/cm2、210kg/cm2でした。質問されている方の2100t/m2は2100x1000÷100x100=210kg/cm2となります。従って21N/mm2≒2100t/m2は正しいと思います。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

工学計算の場合、実際の建築に沿ってその都度想像すれば間違いは減ります。

210kgf/m2では1メートル四方もの柱の上に大人4人も乗れませんよ。

この回答へのお礼

参考書の表記ミスでした
ありがとうございます。
×Fc=210kg/m2
○Fc=210kg/cm2

このQ&Aは役に立ちましたか?32 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

【教えて!リボーン住宅】

住宅購入を検討する前の心構えは?理想の間取りにするための成功ポイントは?住まいに関する疑問や悩みを専門家が回答します。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集