私は双極性障害で
自宅療養しています。
ネットで動画を見るうちに
ブリトニー・スピアーズのファンになりました。

で、双極性障害とだという記事を見て、
びっくりしました。薬物依存は聞いてましたが・・・。
これは本当なんでしょうか???

A 回答 (1件)

確かに検索してみれば、出ていますね。


ただ、発信元であるメディアの信頼性については、私には情報がありません。
信憑性の高いメディアなのか、はたまた週刊誌的レベルなのか。
よって絶対に本当なのかどうかは、私には分かりません。すいません。
特に熱烈なファンでもないですし、自叙伝なども読んだことがなく。

ただ興味があってそんな本に目を通したアメリカのミュージシャンであるとか、
そういう人は何人もいます。
例えば、いわゆるアダルト・チルドレンとして養育されたのだろう、
と思われる人も多いです。

それで何が言いたいかというと、特に芸能・芸術・創作系の人であった場合、
そういった「心の問題」を、決して「治療」すればいいというものでもなく。

というと語弊があるかも知れませんが、要は心の問題は絶対に悪いものだ、
だから絶対に治療しなければいけないものだと、一概に決められるものではないのだ、と。
或いは又、治療法等が無かった時代に生きた人もおり、
又そうではなくても、何かの事情でできない場合もあり。
更には本人が治療を拒否した場合、その意志が尊重される場合もあり。

心の問題による心の苦しみを、創作活動なりにぶつけて、信じられないものを作り出した人は沢山います。
否、そういうものが無ければ、信じられないようなものを作り出すことは不可能なのでしょう。
まぁこんなことは、今更私が敢えて言わなくとも、周知の沙汰でありましょう。
マイケル・ジャクソンが亡くなった時に、なかにし礼さんも言っていましたが。

例えばもし私がマイケル・ジャクソンをアダルト・チルドレンだったかも知れない、と言ったとしても、
それはマイケル・ジャクソンを悪人と言ったわけではありません。
そんな私を悪人と言うファンの人がいれば、その人は周知の沙汰を知らないのか、
あるいは心の問題に偏見を持っているとも思われます。
即ち、その人自身が○○障害者は悪人だ、などと思っているからこそ、
マイケル・ジャクソンをそう言った人のことを悪人呼ばわりするのでしょう。

私は私なりに、彼の心の苦しみが、ホンの少しだけかも知れないが、分かる気がしています。
信じられない程大きな心の苦しみを持っていたからこそ、信じられないような凄いものを作り出せたはずなのです。

貴方様はご自身双極性障害をお持ちなのですよね。
ですから、今申し上げたようなことを余り考えたことがなければ、
そんなことをかみ砕いていただければ、ブリトニー・スピアーズの心の苦しみ等が、
返ってお分かりになるのではないでしょうか。
きっとブリトニーも、芸能・芸術といった抽象的な分野において、
他の多くのアーティスト同様、自分の心の苦しみをぶつけていたところもあったはずです。

貴方様が動画など観てファンになったというのは、何か通じるものを感じたからかも知れませんよね。
すると逆に、良いことだったと言えば語弊がありますが、一つ励みになるというか、
ご自分の持つものが決して閉鎖的なものでなく、世界の大きなものと繋がっているような、
そんな開放的なお気持ちになりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。

記事は日本語のものと英語のもの両方ありました。

ブリトニーの太っていた頃の
画像を見て、これは向精神薬を
飲んでいそうな表情と体型だなぁ。。
とくに、顔の造作はまったくまったく違うのですが、
私が調子が悪い時にとてもかもしだす雰囲気が似てるなあ、
となんとなく思ってたら、
躁鬱病の記事を見つけました。

ブリトニーは病後見事に復活しましたので
(ちょっとまだ不安定ですが)
もし同じ病気なら、おっしゃるとおり
とても励みになります。

マイケルがなくなったときは
やっと穏やかになれるかなと少し安心しました。
生きているのが大変そうな人だなあと思っていました。

マイケルにしてもブリトニーにしても
奇行がクローズアップされすぎですね。
ブリトニーの歌の表現力とオリジナリティーを
もっと聴いて欲しいです。

精神疾患の芸術家は独特の
奇行と繊細さと純粋さを同時に感じますね。
純粋さ繊細さはアダルトチルドレンの部分なのかもしれませんね。

お礼日時:2009/09/11 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ