こんにちは。

漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さんが山に行くといったまま行方不明になりました。
その山で、遺体が見つかったという報道がありました。
一部ネットでは、「本人でなければいい」という意見が見られます。
ですが、臼井さんであろうとなかろうと、誰かが亡くなったことは確かです。
こうしたことから「本人でなければいい」という意見に批判があります。
「不謹慎じゃないか」というものです。
こうしたことは、残念ですが今後も起こる可能性があります。
そこで質問です。

「本人でなければいい」という意見を誰にでも読めるネットに書くのは不謹慎なのでしょうか?
それとも「当然の意見」なのでしょうか?

※この場は議論する場所ではありません。
ですからなるべくいろんな意見を議論することなく寄せていただきたいです。
「自分とは違う意見」を参考にしたいですから今回質問してみました。

A 回答 (8件)

そういう意見が出るのは、“遺体が見つかった”からです。


遺体が見つからなければ、それに越したことはありません。

事件や事故を願う人はいません。
「遺体が見つかった」ことによって「○○さんでなければいい」と言ったからといって、「他の誰かの遺体だったらいい」というわけではないと思いますよ。
それこそマネキンや土地の凹凸や目の錯覚で遺体に見えたのであれば、それに越したことはないでしょう。

「本人でなければいい」という人に対して「不謹慎だ」という人のほうが無礼だと思います。
発言者は「他の誰かだったら死んでも構わない」なんて思っているわけがありません。
先ほど言ったように、誰であろうと遺体が見つからない(誰も事故死していない)ほうがいいに決まっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

>「本人でなければいい」という人に対して「不謹慎だ」という人のほうが無礼だと思います。

なるほど。
私はこの質問をした意味がありました。

こうした場合、「本人でなければいい」と書かなければいいということが分かったからです。
というのも、他の回答者の中には不謹慎で不快だという方もいます。
「本人でなければいい」と書いたら不快に思う人がいる。
それを不謹慎だと書いたら無礼だと思う人がいる。

今時点で私の結論として、「本人でなければいい」と書くことですべてが始まっています。
だから、不謹慎や不快、無礼という気持ちにさせないために、最初から「本人でなければいい」と書かなければ誰からも文句は出ないということになります。

お礼日時:2009/09/22 13:58

その「一部ネット」を私は見ていませんが、ニュース自体、今にも「本人でなければいい」と言いそうな勢いですよね。

#1さんもお書きになっているように「日本人はいませんでした」と似ています。結局、多数派主義の社会なんだなとつくづく思います。

>「本人でなければいい」という意見を誰にでも読めるネットに書くのは不謹慎なのでしょうか?

不謹慎で私は不快です。もしも自分の知人に、同じ山に登ったまま連絡を取り合っていない人がいたら、読むに堪えないでしょう。「本人でなければいい」ではなく「本人が無事だといい」ならわかりますが。

>それとも「当然の意見」なのでしょうか?

幸か不幸か、不謹慎な意見も含めて、本音を書き込めるのがネットですので、当然といえば当然の意見でしょう。その程度に無神経で身勝手なのが人間です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

今まで回答してくださった方々は、「本人でなければいい」という意見に対して寛容な方が多かったです。

でもucokさんははっきりと「不謹慎で私は不快です」と書いています。
実は質問する前の予想では、「不謹慎だ」という人が多くなるのではないかと思っていました。
それが実際は逆(今のところ)ですので意外です。

お礼日時:2009/09/21 11:04

やっぱり日本の有名な作品の作者ですから、「きっと違う人だ」と思いたいファンもたくさんいると思います。


これがもし自分の家族や友人の話だったとしても「きっと違う人だ」と思いたい人が殆どになると思います。

とても悲しくて残酷で不謹慎だとは思いますが、それが人間だと思います。

「あのしんちゃんの作者かもしれないってニュース、きっと別人だよね~」
「大丈夫だよ、きっとヒョッコリ出てくるよ~」
「漫画面白いし見つかって欲しいもんね~」

そんな日常のごくありふれた会話がネット上でもされている、それだけの話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 11:00

その話がたどり着くのは、「そんなに赤の他人が死ぬのが嫌なら海外の発展途上国に行って人助けでもしてくればいい」あたりまでたどり着くかな。



自分の知り合いが死んだ場合、そりゃあ悲しいです。
自分の尊敬している人が死んだ場合も、悲しむものです。
そして、自分とは一切の関係が無い赤の他人が死んでも、悲しいとは思いません。

無くなった人が、自分が一切知らない赤の他人だったら、とりあえずは一安心出来ます。
それが悪いことだと言うのであれば、いちいち新聞のお悔やみを読むたびに悲しむことをを要求するようなものです。

この回答への補足

以下の部分について、もう少し詳しく解説願えませんか?

>自分とは一切の関係が無い赤の他人が死んでも、悲しいとは思いません。

例えば911同時多発テロで多くの人が亡くなりましたが、その時悲しくはありませんでしたか?
大地震など災害の報道を耳にした時。少しも悲しいとは思いませんでしたか?

上記のような場合、悲しみ、犠牲者を悼む人をどうお考えでしょうか?

大変興味深いのでぜひ再回答願います。

補足日時:2009/09/21 12:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 11:00

臼井氏でなければいいという意見も、判らなくは無いです。


海外で飛行機事故があったとき、日本人が乗っていないといいね、と思うでしょう。
近所で鉄道事故があれば、知り合いが関係していければいいと思うでしょう。
そう考えれば、一人の人が亡くなったことは不幸だが、できれば臼井氏ではない誰かの方がいいと思うことも自然なことだと思います。
ただ、公の場で言うことは、たしかに問題かもしれません。
それが、居酒屋で話すこととネットに書き込むことの違いではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

「居酒屋で話すこととネットに書き込むことの違い」というのは確かにそうかもしれません。

お礼日時:2009/09/21 10:59

例えば私の肉親が数日前から行方が知れないとして、身元不明の遺体が発見されたという噂を聞いたら、「自分の肉親でなければいい」と真っ先に思うのは子どもとして当然の気持ちです。



このことは、自分の知り合いや自分がファンである有名人に対して、「本人でなければいい」という気持ちを抱くのも同様と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 10:59

その山に自分の家族が登っていて、連絡が取れないと


しましょう。その遺体が家族でなければいいと願ったとしても
責められないでしょう。
家族ほどではなくても、自分が知っていて好ましく思っている
人と、全く知らない人を同列に思えなくてもやむをえないでしょう。
その人の遺体でなければいいと願うことは、他の人が死んでいれば
いいのにと思うことではないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 10:58

まぁ、外国の航空機事故などで「乗客に日本人はいませんでした。

」という報道に対し、「じゃあ、日本人でなければ事故にあって死んでも良いのか?」と言う話題に似ているなと思いました。

人それぞれじゃないですかねぇ。
「才能有る著名な作家が亡くなるのが痛ましい。」と思う人もいるでしょう。ファンの方などはそう思うのではないでしょうかね?
確かに「じゃあ、臼井儀人さんじゃない別な人なら亡くなって良いのか?」ってことかと思いますが、凶悪な殺人犯でさえ慎重に死刑を言い渡します。 亡くなっていい人などほとんどいないのではないでしょうか。

でも、ファンや身内からしてみれば、亡くなった方が好きな人で亡ければ良いというのは、人間としての本音の部分ではないでしょうか?
外側から見ていたら、露骨にその気持ちを表されると、引いてしまうかも知れませんが、当事者からしたらそんなことも言ってられない心情なんじゃないのかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ