「村ただ一人のゲイ(Only gay in the village)」とはどんなジョークのことをいうのですか?

-----

8つのパターンの中の一つが「肯定的反復(positive repetition)」である。「リトル・ブリテン」の中の決まり文句「村ただ一人のゲイ(Only gay in the village)」や「スピッティング・イメージ」に登場する人形の誇張された特徴などがそれにあたる。
また「修飾(qualification)」はなじみのある単語を聞き慣れない言い方で言うパターンで、「ピンク・パンサー」シリーズの中のクルーゾー警部のアクセントが好例である。
「質的な再文脈化(Qualitative recontextualisation)」はよく知ったものが変化する場合に起きる。誰かが髪を切った時に起きる笑いがこれだ。
その他には言葉に二重の意味をもたせる「応用(Application)」、観客が台詞や筋を想像して補う「完成(completion)」、ジョークを分割してそれぞれ別の人物に語らせる「分割(division)」、皮肉やあてこすりなどの「対立(opposition)」などがあるという。

-----

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2009/03/post …

A 回答 (1件)

その小難しい引用の意味はわけわかりませんが、「リトル・ブリテン」の「村ただ一人のゲイ(Only gay in the village)」なら大好きです。

私がつまらない説明をするよりも、""付きで"Only gay in the village"をググって、実際に観ていただいた方が早いです。要するに、ブリテンのド田舎で、「ボクって、村ただ一人のゲイだから、誰にもわかってもらえないのよね」とか言いながら、実はそれをすごく鼻にかけているキャラクターを中心としたコント・シリーズです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ