身内母を亡くしましたのが10年近くになります

ずっと気にしていることがあります

母の時にお香典をいただきましたのにおかえしをしていないことでおかえしのタイミングをのがしてしまいました
お葬式はひっそりとすませましてからお年賀のときにおしらせをしました
ですのでお香典は郵便書留でいただきました

わたしはごあいさつにおうかがいしようかとおもってるうちに半年過ぎてしまいそれからもなにかおかえしをおくればよかったのですが
わたしの体調などでのびてしまいました

いまさらおうかがいするわけもいかずとにかくどゆう形であれ相手さまがおどろかれないような対応でおかえしをしたいのです

どうかいいアイデアをおしえてくださいますようおねがいいたします

A 回答 (3件)

 葬式などは,突然の出来事です。

結婚式のように半年以上前から日にちを決めて行えるものではありません。ですので,不手際があるのは当然のことです。
 さて,葬式から10年も経っているのでしたら,No.2の回答者の回答のとおりになされるのが良いでしょう。何らかのきっかけが必要ですので,十三回忌を機になされるのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答をありがとうございます
みなさまのやさしいお気持ちを感じほっと胸のつかえがとれたように
おもいます
デパートの冠婚葬祭サービスで当時相談をいたしましても
おかえしはしない人もいますので。。と
なんか気持ちが晴れずきてしまいました
こちらで相談させていただき感謝いたします

お礼日時:2009/10/15 06:17

十年近くが経っておられるということで、既にお香典のお返しという意味では実行範囲を超していると思いますので、あらためて、次回、年忌法要が巡ってきた時、質問者さんのお母様の場合でしたら十三回忌がきますね。


それを済まされてから、お蔭様で無事に十三回忌法要をおさめることができた旨、そして、過去に於いては失礼をしてしまった旨のお手紙を丁寧にしたため(できれば手書きがよろしいかと思います)、お品物に添えて、ご訪問なり、お送りなりをしてはいかがでしょうか。

冠婚葬祭は儀礼ありきともいわれますが、できないこともあるものです。そんな時、心あるお詫びこそが大切であり、先方にもきっと伝わることがあると思います。

どうぞお大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます
みなさまのあたたかい文章に感謝いたします
当時有名デパートや仏具店に相談しましたがいい回答がでずあなたさまのアドバイスをもうすこしはやくわたくしもきがつけばよろしかったと無知でした
諦めていた折みなさまのあたたかい回答をいただくことができまことに感謝でございます
聞いて良かったとホットしOKさまにも感謝です

お優しい回答をいただきほんとうにありがとうございました

お礼日時:2009/10/15 06:34

お詫びの分を添えてお返しをすればいいです


プリンターがあれば自分で印刷してお返しに同封すればいいのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました
みなさまに押していただけたように感じます

お礼日時:2009/10/15 06:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 我々にとってのあの花は、実は沖縄では供花だった!?

    今年のお盆の予定は決まっているだろうか。多くの方にとって帰省の機会であると同時に、一年の数少ないお墓参りの機会でもあると思う。普段手入れをしていないお墓参りは、意外と物入りである。掃除用品やお線香、ろ...

  • これさえ抑えておけば安心!喪服選びの3つのポイント

    ブラックフォーマルと言われる礼服の中の喪服は、他の衣服と異なり、なかなか大きな買い物である。またそれを着ていく場所には、そこでしか会わないような人々も多く、喪服による第一印象は、その人のイメージに大き...

  • 葬儀だけでなくお墓も多様化!コインロッカー式納骨堂とは!?

    葬儀の小規模化、所謂「家族葬」が増加する中で、様々な葬儀の形が昨今現れている。それに関連するように葬儀後のお墓の問題も変化しつつある。お墓を継承してもそれを後世まできちんと管理できるか不安であったり、...

  • 葬儀で余った香典は誰のもの?

    冠婚葬祭は人生の一大イベント。だが、親戚一同が集まり、多額のお金がかかるだけあって、家族の思わぬ側面が見えてしまうこともある。 「教えて!goo」でも「葬儀で余ったお金」という質問があった。長年の闘病の...

  • 家族葬が普及することによって恩恵をうける人達とは?

    お金をかけない葬儀、親しい者だけで慎ましやかに執り行う葬儀が、近年増加している。また葬儀社も、そうした「小規模な葬儀」パッケージプランを多くしている。一方で葬儀とは、故人にとって一世一代のイベントであ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ