五木寛之さんの本で、「こいつ」だか「おまえ」だかを連呼しまくる短編小説が収められている本の題名を知りませんか?
内容は、主人公の男性の体の一部にできたしこりのようなものが段々大きくなり、ある日意を決してそれを取り出す。
それは生き物で、どんどん成長していき一生懸命育てていくが、最終的に巣立っていく…という話です。
クライマックスの辺りで、見開きの2ページ分を使って「こいつ」とでっかく書いてある部分があります。
いくら探しても探し当てることができません…。
記憶で本自体の題名には、「星」や「夜」といったワードが含まれていたような気がします。
ご存知の方、お願いします!
もしかしたら…という情報でもいいので教えて下さい!

A 回答 (1件)

おそらく「夜明けのタンゴ」だと思います。

この回答への補足

図書館で借りて確認しましたが、残念ながら違いました。
今となっては五木さんの本だったかも怪しく思えてきました。
もの凄いインパクトの強い話&手法だったので、もう一生あの作品を読めないと思うと残念でなりません。

補足日時:2009/10/22 21:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索してみるとイメージ画像が無く、内容説明も無い場合がほとんどでしたので確信が持てませんが、図書館の資料検索でヒットしましたので予約してみました。
もし探している本であれば、確認後購入したいと思います。
ご回答、有難うございました!

お礼日時:2009/10/21 22:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ