母が先月から子宮頸がんで入院しています。放射線治療と化学療法をしているのですが 来週から放射線治療が外部照射に加え、膣内照射がはじまるそうなんですが… いろいろな副作用が怖く なかなか気が進まないみたいです 子宮頸がんで治療された方 詳しい方アドバイスお願いします

A 回答 (1件)

一般的には外部放射線治療単独では、腔内照射併用例に比べて10~20%程再発率が高くなるようです。

一方で、副作用は単独治療でも併用治療でも変わらないとされているようです。
内診台にのって治療中何分もじっとしていることが苦痛で困難であれば、無理をする必要はないと思いますが、副作用のみが心配なのであれば、腔内照射をされるのも一つの選択肢ではないかと思います。いずれにせよ放射線腫瘍医(放射線治療を専門としている放射線科医)とよく相談して、腔内照射によるメリットとデメリットをもう一度確認した上で、決められた方がよいと思います。
場合によっては、お母上に同伴されて意志決定の補助をされるのもいいかと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼文章がとても遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(__)m 回答を参考にし あるから胎内照射を行い、おかげさまで昨日退院いたしました。とにかく回答文に背中を押してもらう感じで治療に専念できとても感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/23 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

一度きりの人生、生きていく上で悩みはつきものです。小さな悩みから今後の人生を揺るがすような悩みまで、色んな人の意見を聞いて、自分に照らし合わせることで何かが見えてくることでしょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ