Q質問

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

A 回答 (2件)

 こんにちは、私の場合、法人の場合は印鑑証明を取るのに印紙を貼りますので、租税公課にしています。
 個人場合は住民票などと一緒に支払手数料にしています。
 仕訳の際に個々の会社でどちらかに統一していれば、さほど問題ないと思いますよ。

この回答へのお礼

安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/10 12:09
    • good
    • 1

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

この回答へのお礼

租税公課でいいんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/10 12:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

会社に“さん付け”は変なのか!?

社会人のみなさんは商談などで取引先のことを何と呼んでいるだろうか。そのまま呼び捨てなのか、それとも“さん付け”なのか、どちらだろうか。自分のことを振り返ってみると、大抵の場合、“さん付け”もしくは“御社”を...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報