質問

みなさま

いつもお世話になります。
表題のとおり、「陳謝」と「深謝」の用途の違いについてご質問させて頂きたく、登録致しました。

陳謝、深謝を辞書等で調べますと、下記の通りでした。
===============
1)陳謝:
 (1)事情を述べてわびること
2)深謝
 (1)心から感謝すること
 (2)心からわびること
===============

2)深謝の場合は「感謝する」というケースにも使用できることはわかりましたが、謝るケースでは両者の差異が見当たりません。(こういうケースではこちらを使用した方が良い、というイメージがつきません)

google等で「陳謝 深謝 違い」と検索しても有力な情報を得ることができなかったため、実際の使用上での差異等ございましたら、アドバイス頂けますと幸いです。

お忙しい中恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。

通報する

回答 (3件)

中国語の「漢字」の本来の意味を調べてみると、
「陳」-嘆願・懇願する、弁論・演説する、説き伏せる・訴える、
    展示・誇示する、明白にする・説明する
「謝」-感謝する・謝意を表す、辞退する・断る
と書かれています。

したがって、
「陳謝」は
 事情を述べて詫びる事

「深謝」は
 (1)心から感謝すること
 (2)心から詫びる事
となるのですが、

何故、日本では「謝」が「謝る・詫びる」に意訳されているのかに、
少し疑問が発生します。

で、個人的な意見としてですが、
昔は処刑が重く、罪人は権力者の独断で、
身分を剥奪され、死刑や奴婢にされていましたから、
「どうか赦してください、殺さないでください。」などと、
懇願し + 重い罰を断る・辞退する→「詫びる」と
意訳されているのではないでしょうか?

結論として、詫びる場合は「陳謝」を使うのが正しいと思います。

答えはもう出ているようですが、「深謝」は現代の口語表現でお詫びとして用いる場面がほとんどありません。なので「陳謝」と言った方が相手に意味が伝わりやすいかと思います。
差がどこにあるかについては、使用上のことではありませんが、辞書通りの意味です。「陳列棚」のことを「ショーウィンドー」と言いますね。「陳」は広げて見せることなので、「事情を述べて」の部分に相当する漢字です。

こんばんは。

深謝が(2)の意味で使われることは、現実にはないと考えて構いません。
「深謝」は専ら感謝の意味で用いられます。

ただし、
「遠路はるばる駆けつけていただきましたことに深謝いたします。」
のような文には、少しだけ詫びの気持ちが入っている場合があります。
「すみません」という言葉に感謝が込められることがあるのと逆のパターンです。

ご参考になりましたら幸いです。

このQ&Aは役に立ちましたか?17 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集