児童作家、灰谷健次郎氏の著作の中で

「人の苦しみを自分のものにできる人は強い」

という台詞(または地の文)があったと思うのですが、どの本に書いてあったかわかる方はいらっしゃいますか?
灰谷さんの著作であることは確かなのですが、どの本だったのか思い出せません。
再読したいと思っているので、心辺りのある方は教えて下さい。

※ちなみに「太陽の子」の中に該当文はありませんでした。

A 回答 (2件)

天の瞳とかはどうですか?


そんな感じのこといってたような気がします(汗;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。天の瞳のどの巻、もしくは何編かはわかりませんか?

お礼日時:2009/12/05 23:51

「ひとりぼっちの動物園」のあとがきに



いい人というのは他人の痛みを、自分の痛みのように感じてしまう人なのだと

という一文があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく確認してみます!

お礼日時:2009/12/05 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ