死ぬ前に(人生最後に)読みたい
(墓まで持っていきたい)本を教えてください。

A 回答 (12件中1~10件)

ボリス・ヴィアンというフランスの作家がかいたもの。


「ただで死ねるかっ!!」ってことで、
【墓に唾をかけろ】なんてどうでしょう?
たしか、ヴァーノン・サリヴァンというペンネームで刊行されてるはず・・・。
ちょっとずれてるかな?
でも、内容的にはSEXあり、暴力あり、ほんわかありの、
人生そのものって感じですよ。
後半スピード感があるので、読み応えあり!!
    • good
    • 0

墓まで持っていく と言うとただ自分が好きな本になってしましますが


そうじゃなくて、死を噛みしめるという意味でなら
「デス/ハイ・コスト・オブ・リビング」です。
実はマンガ(それもアメリカンコミック)なんですが凄く良いんです。コレ。
(もしマンガだとバカにする人がいるなら、この作者は史上初のコミック作品による
文学賞受賞者だという事を言っておきます。また「もののけ姫」の英語版シナリオを
担当した人だと言う事も知っておいて良い事だと思います。)

内容は、「デス(簡単に言えば死神)が生と死を知るために1世紀に一度 死すべき運命の体を得る」
というものです。
普段アメリカンコミックなど読まないのですが、書店で見つけた時
なぜか「買わなくちゃ!」と思いました。
本の神様が「面白いよ」と教えてくれたんだと思います。(ほんとかよ?)
死ぬ前でなくても読んでみてほしい一冊です。

「デス/ハイ・コスト・オブ・リビング」
ニール・ゲイマン:著
インターブックス:出版
    • good
    • 0

学生の頃の国語の教科書なんていかかでしょう。


あの頃の想い出にひたりつつ・・・

ぼくなら多分、小学校低学年の頃の
「たかいたかい みえるみえる」

かな・・・?
    • good
    • 0

アルジャーノンに花束を。

    • good
    • 0

勝新太郎「俺。

勝新太郎」
(この世でこれほど面白い自伝を他に読んだことがないから)
道元「正法眼蔵」
(読み切ってないし、読むの大変だから)
カート・ヴォネガット「母なる夜」
(死ぬ前の心構え作るにはいいかな。ラストは感涙するし)
    • good
    • 0

中島らも



「頭の中がカユいんだ」

もしくは、
獸木野生(旧名:伸たまき)

「パーム」シリーズ

かな。
    • good
    • 0

一冊だけ選ぶとすると、「聖書」です。


永遠ともいえるほど長い間、読んでいられそうです。
暗唱すれば、もっと長く味わっていけるでしょう。

もう一冊選ぶことが出来れば、詩集、歌集です。
宮沢賢治の「春と修羅」か上田敏の「海潮音」、堀口大學の「月下の一群」、斉藤茂吉の歌集の中から選びます。
気の遠くなるような長い時間をかけて、詩、短歌をひとつずつ暗唱していくのも楽しそうです。
    • good
    • 0

ドスト・エフスキーの「罪と罰」


これで、人生のくいを見つめなおしてください♪
    • good
    • 0

西条八十の詩集。


僕の精神の故郷の一つ。
    • good
    • 0

[死に到る病]なんて如何でしょう!(キエルケゴール)

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ