TLCの上がり方には極性が大きく影響していることはわかるのですが、
物質の極性の高さの違いをどのように考えればよいかわかりません。

電気陰性度から考えることができるのでしょうか?
その場合、ニトロ基本など、共鳴している置換基はどのように考えるのでしょうか?

o-キシレン、p-キシレン、m-キシレンのTLCを行ったところ、
Rf値がほぼ同じになったのですが、TLCではオルト、メタ、パラの
影響はないのでしょうか?

A 回答 (1件)

展開条件により結果は大きく異なります。


ですから、キシレンが分かれるか分かれないかは一言では言い切れません。
もちろんその程度の差ではTLCに表れるほどの大きな差はない可能性が大です。
クレゾール(メチルフェノール)なら多少差は出るでしょうがそれでも小さいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・・・。
オルト、メタ、パラの影響はあるもののTLCでは確認できないような差である可能性があるのですか。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/18 21:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ