私は四月から、油彩画を専門的に勉強します。当然、大学のカリキュラムにデッサンがあります。それに、画力向上の為に、やはりデッサンはしっかりと勉強したいものです。
ですが……人物ならば集中して描く事が出来るのに、静物がサッパリ描けません。
何というか『無機質』な物が、苦手なのです。
どなたか、静物デッサンのコツを教えて頂けないでしょうか?
お願い致します。

A 回答 (3件)

お気持ちよくわかります。

私も人物画のデッサンはあんなに好きなのに
静物となると苦痛なのはなぜかしら、と思うほうです。
やはり自分が魅力を感じるものを表現したい思うのは仕方ないことですが
永山裕子という画家の絵があんなに素敵なのは素晴らしい才能やセンスもさることながらそのデッサンの確かさに支えられている。不屈の努力があると思いました。プロとアマの分かれ道がそこにあるということでしょう。リンゴ一つでも鉛筆のタッチの流れでここまで表現できるかと
おもいます。学生の頃黙々と石膏を描くのが好きだったことをおもいだします。あなたにはチャンスも若さもあるのだから頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現在、最低一日に一枚は描く事を、心がけております。
受験案内で、『リンゴが描ければ何でも描ける』という言葉を見たのを、思い出しました(無論かなり高レベルの、デッサン力をもっての事です)。
良くも悪くも、努力は人を裏切らないのだと信じております。
着々と画力向上に励みます。

良い刺激が頂けました。

お礼日時:2010/03/07 16:55

専門的ならデッサンは必須の基礎であり


写真のように正確に描くのみでコツなどありません。
苦手なことを克服するまで行うのが練習というものです。
苦手なのはあたりまえです。
苦しんで続けるのが普通ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なお言葉、ありがとうございます。

矛盾するようですが、それを以前にも誰かに言われ、納得した上で質問しました。
ここからは、完全に言い訳になります。

どうしてだか、コップや瓶を目にした瞬間、どうすれば良いのか頭が真っ白になるのです。自分でも分かりませんが、花や植物、紙など、柔らかい素材は描けるのです。

ですが、お言葉を受けて、練習に励みたいと思います。

お礼日時:2010/03/02 19:49

こんにちは。

アマチュアで油絵 水彩を描いています。一年近くカルチャーで静物を描きました。壺とか果実です。人物画描きたいので今は人物画のサークルに変わりました。ご相談ですが、私も静物はつまらないと思います(笑)しかし質問者さんは大学の勉強としてなさるのですから好き嫌いなどいっていられないと思います。私は音大でピアノ科でした。好きな曲を表現豊かに弾きこなすには基礎が大事です。好きでもないエチュードをたくさん弾きました。それがとても役に立っていると思います。嫌いでもがんばってしっかり描いてください!(コツはないと思います)答えになってないですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
ええ、大学でやるからこそ、質問させていただきました。
本当に好き嫌いなど、言っていられません。なので、『嫌い』ではなく『苦手』なのです。
回答者様のように、苦手なデッサンにもくじけず、取り組んでいきたいものです。

お礼日時:2010/03/02 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ