いつもお世話になっています。

過去にも同じ質問あるかもしれませんが、私なりに少し纏めてみたいと思って質問させて頂きます。

質問はタイトル通りです。
最近、昔のフォークソングのカバー曲が注目されているようですが、私も60年代後半から70年初めにかけてのいわゆる「プロテストソング」「メッセージソング」が大好きな人間です。いまだに当時の曲をギターで弾いています。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、あなたに影響を与えたであろうこれらの曲を紹介して頂きたいと思います。私の知らない名曲も多いと思いますし、隠れた名曲も多いと思います。当時は放送禁止や発売禁止になった曲も多く存在していますし、もちろんこれらの曲も大歓迎です。

これらの詩の世界をもう一度考え直してみたくなりました。宜しくお願いします。

A 回答 (9件)

なんか度々すみません。

ひとつ思い出したので、カキコです。

散歩2 生田敬太郎 

なにしろ、邦楽・洋楽それぞれのLP・EP・CD・ヴィデオ・書籍が散乱している家庭なので、どこになにが置いてあるかよく把握できていないので、このような不始末です。
これで補足回答はおしまいにします。私、ストーカーとは違うことだけはご承知おきくださいませ。
それから、もちろん「イムジンガン」は知ってます。「悲しくてやりきれない」はそれがまともに流通できなかった経緯へのプロテスト・ソングとして挙げたわけです。しかし、フォークルへの思い入れはさほどありません。昨年の再結成については、周辺マニアは色めきたってましたが。それでもいろいろなヴィデオはマニア諸氏から入手しました。

この回答への補足

carmelitaさんの補足欄をお借りして、回答者の皆さんに改めて御礼申し上げます。

回答も出尽くした感がありますので、そろそろ締め切らせて頂く事にしました。

数多く紹介して頂いた曲の中にも新たな発見があったりで、今まで知らなかった曲も自分の知識として取り込む事が出来ました。

さて、締め切りに当ってポイントの割振りとなりますが、回答者全員にポイント差し上げたい所ですが、そう言う訳にも行かず、私の独断と偏見で決めさせて頂きました。今回ポイントを差上げられなかった回答者の皆さんには申し訳ございませんが、ご了承下さい。これからも時々質問する事もあろうかと思いますので、どこかで見かけたら宜しくお願い致します。
どうも有難うございました。

yama585

補足日時:2003/06/20 02:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

carmelitaさん、どうもありがとうございます。

>散歩2 生田敬太郎⇒残念ながら私は聴いた事ありません。散歩2となっていると言う事は1もあると言うことでしょうか?(一度、検索して調べてみます。)

>これで補足回答はおしまいにします。私、ストーカーとは違うことだけはご承知おきくださいませ。⇒そう仰らずに、何か思い出せばいつでも書込んでください。今月いっぱいは締め切らない予定ですので…。(ストーカーなんてとんでもありません。)

>もちろん「イムジンガン」は知ってます。「悲しくてやりきれない」はそれがまともに流通できなかった経緯へのプロテスト・ソングとして挙げたわけです。⇒ありがとうございます。私もそれ程フォークルへの思い入れがあるわけではありません。当時に大学生の寄せ集めで趣味的にやっていた訳ですから…。去年再結成時のライブをBSで見ましたが、「イムジンガン」に新しい詞を書き加えた物を紹介していましたね。

今まで皆さんにそれぞれ紹介してもらいましたが、ここで気が付いたのは私の思い入れの曲を書いていないと言う点です。私の一番の思い入れ曲は拓郎(当時は「たくろう」)の「今日までそして明日から」です。

どうも度々の登場有難うございます。

お礼日時:2003/06/18 09:25

こんばんは。

昨夜、追加分に気づいたので、再びお邪魔します。

ホビット 岡林信康
終末のタンゴ 野坂昭如
悲しくてやりきれない ザ・フォーク・クルセダーズ

訂正もあります。PANTAの曲はご指定の年代とはかなり隔たった時に出たものでした。彼のものではまずこれ、なので記載してしまいました。ソロとなってからのアルバムは70年代後半からリリースなので、他の曲でもダメですね。失礼致しました。

影響を受けることはありませんでしたが、キャロルの登場には衝撃を受けました。これ、ちょっとした補足です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の書き込みありがとうございます。

今回紹介して頂いたものの中で、「終末のタンゴ 野坂昭如」は知りません。野坂氏は知っていますが…。他の2曲はレコード持っています。

ホビットは岡林が久々に下界(?)に出て来て、数日間で録音して、ソニーから出したLPに収録されている曲ですよね。(確かそうだったと記憶していますが…。)

悲しくてやりきれない は名曲「イムジン河」(当時放送禁止、発禁)の音符を逆に採譜して出来た曲です。私も好きな曲です。(「イムジン河」はご存知でしょうか?)

キャロルは私の友人が完全にハマッテいました。(私はあまり・・・・でしたね。)

どうもお手数おかけしました。

お礼日時:2003/06/17 13:08

一般的にそう呼ばれているメッセージやプロテストとはハズレルものも含まれているかもしれませんが、以下のものは私にとってはその位置にあるものです。

50音順に、1ユニットにつき1曲づつ挙げさせていただきます。

ジャニスを聴きながら 荒木一郎
夜汽車のブルース 遠藤賢司
もう春です(古いものは捨てましょう) 斎藤哲夫
惜春鳥 J・A・シーザー
ラヴ・ジェネレーション ジャックス
さようなら世界夫人よ 頭脳警察  *これ、詞はヘッセですが
ぱらのいあ航路 鷹魚剛
乾杯 友部正人
揺藍の振動に身を任せて 野沢享司 
あやかしの動物園 はっぴいえんど
R★E★D PANTA
誰を怨めばいいのでございましょうか 三上寛
果てしない流れに咲く胸いっぱいの愛 南正人
にげろ 村八分
イメージの詩 よしだたくろう
第五氷河期 休みの国 
*曲名不明です。音源に記載なし ロスト・アラーフ

即座に挙げるとすると、こんなところですか。80年代以降のものにも好きなのはありますが、ご質問の主旨からは外れそうなので、古い人・古い楽曲に限らせていただきました。熟考すれば、マダ出テ来ルカモ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中々渋い、マニアックな曲を多数紹介して頂き感謝です。

紹介して頂いた曲の中に、私の知らない曲も含まれており、それらの曲について調べてみたいと思います。私は基本的にはロック色の濃い曲より、どっちかと言えばアコギ1本での弾き語りの方が好きで、よく聴いていました。もちろん、アコギ1本でもロックみたいな曲もありますし、ジャンル分けするのは間違いかもしれませんが…。

もし、まだ何かこれはいいぞ!と言う曲があれば教えて下さい。
どうも有難うございました。

お礼日時:2003/06/15 18:18

こんにちは。


ANo.#3の方への返信を読みますと、恐らく私も質問者さんよ
り1X歳程若い、若輩モノですが...。

求められているものとは異なるかもしれませんが、私が心惹かれた
ものを挙げてみたいと思います。

「喜瀬武原」海勢頭 豊
  海勢頭さんの曲はどれも心に響いたのですが。
「フランシーヌの場合」新谷 のり子
  長い間、歌詞しか知らなかった曲ですが、数年前に曲を聴いて
  不覚にも涙が出てしまいました。今年も、3月30日は日曜日
  でしたね。
「心だ男の残したものは」?(詩:谷川俊太郎、曲:武満徹、編曲:林光)
  私は林光編曲の版を“うた”として知っていましたがいろんな
  方が(フォークソングとしても?)歌われているそうですね。
  カラオケ屋にあるのにはびっくりしました。が、私が知ってい
  るものは6番まであるのですが、カラオケでは5番までしかな
  いのが不思議です。
「手紙」、「人生よありがとう」ビオレータ・パラ
  これは、ちょっと、違うか...。
「しゃれこうべのうた」?
  これも、ちょっと、違うかな...?
  #数ヶ月ほど前、無印COM(?)でCMソングにメロディー
   だけ使われていて仰天しました。
   あの曲で『セール、セール』は、無いだろう...!

どれも、発表された頃にリアルタイムで知っていたわけではないの
ですが...。

以上、失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

締め切ってしまった後で、お礼を書いていないのに気付き、大変失礼致しました。お詫び申し上げます。

私の音楽観とは異質の世界での曲を紹介下さり、ありがとうございます。

>「フランシーヌの場合」新谷 のり子⇒実はどう言う訳か私は新谷のり子さんと共演した事があるんですよ。同じステージ上で一緒に歌いました。地元のボランティアの主催(私も一員でした)で、身障者コンサートがあり、その時のゲストが彼女でした。その時、ギターを持って一緒に唄いました。

> 「心だ男の残したものは」?(詩:谷川俊太郎、曲:武満徹、編曲:林光) ⇒「死んだ…」は小室等氏や高石ともや氏が歌っていましたね。私も好きな曲です。

他、紹介頂いた曲は残念ながら知らないのばかりですが、機会を見て調べてみたいと思います。

どうもお礼が遅くなり、すみませんでした。
有難うございました。

お礼日時:2003/10/19 02:45

こんにちは♪



#2ですが、いとうたかをは後期武蔵野たんぽぽ団で高田渡なんかといっしょにやっていたシンガー・ソングライターです。「明日はきっと」という名曲を残してますね。マイナーな人なので知らないのが普通です(笑)「位置を変えて」は春一番コンサートのライヴ盤で聴けます。
サビが、
「位置を変えて座ってみても
変わりはしない。そこに愛する人がいても
変わりはしない」
という非常にニヒリスティックな歌です(笑)

追加ですが、泉谷しげるの最もメッセージ色が濃い曲は、「義務」ではないでしょうか。
それと追加ですが、「原子爆弾は恐いな」六文銭、
「傘がない」井上揚水、「イメージの詩」「青春の詩」吉田拓郎、「時にまかせて」金延幸子あたりは、好き嫌いを抜きに押さえておきたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の書き込み有難うございます。

武蔵野たんぽぽ団は知っていますし、確かライブ盤のレコードもあったように思います。(オムニバスのLPですが…。)どうやら私の記憶にない曲なのかもしれませんね。「明日はきっと」も調べてみます。

>泉谷しげるの最もメッセージ色が濃い曲は、「義務」ではないでしょうか。 ⇒そうですね。私もこの曲は結構気に入っています。

>「時にまかせて」金延幸子⇒ン~、どこかで聞いた名前なんですが、思い出せません。その他の紹介曲は全て知ってますし、レコードもあります。

私は拓郎のファンでして、彼の曲は全て網羅しています。

2度に渡る回答、有難うございました。

お礼日時:2003/06/15 18:14

私にとって、泉谷しげる氏の「春夏秋冬」は外せない作品だったりします.



もちろん、他の方の挙げられた作品にも外せないものが多くありますが・・・

この回答への補足

Hanzaemonさんの補足蘭をお借りして少し書かせて頂きます。
これまで回答して頂いた皆さんには改めて御礼申し上げます。
割とメジャーな曲を紹介して頂いていますが、「こんな曲しってるか!」的なマイナーな曲でも名曲と言われるような曲ももっと教えて欲しいと思います。出来れば60年代後半から70年代初めにかけてのまだニューミュージックと言う言葉が存在しなかった頃の曲を…。

まだまだ締め切りませんので、宜しくお願い致します。

補足日時:2003/06/15 01:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>泉谷しげる氏の「春夏秋冬」は外せない作品だったりします.

泉谷氏のLPも何枚か持っています。最初、エレックからレコード出していましたが、その後、フォーライフを経て、今はどこからレコード(CD)出しているのでしょうか? それとも最近はテレビ出演の方が多くなり、曲は発表していないのでしょうか? 「春夏秋冬」は私ももちろん知っているし、氏の代表曲ですね。(別の意味での代表曲は「黒い鞄」でしょうか?)「春夏秋冬」はアレンジ変えで色んなパターンが存在していますが、私はアコギ1本で演奏しているのが一番気に入っています。

どうも有難うございました。(お礼が遅くなりスミマセンでした。)

お礼日時:2003/06/15 01:24

槇原敬之「どんなときも」


さだまさし「不良少女白書」
中島みゆき「世情」
沢田聖子「悲しむ程まだ人生は知らない」
海援隊「贈る言葉」
浜田省吾「路地裏の少年」

ペンネームから年齢は察してください。
ちょっとyama585様のイメージと違うかもしれませんが、僕が歌詞に感銘を受けた曲です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>ペンネームから年齢は察してください。 ⇒と言う事は私より15歳お若い方ですね。15年の年齢差になるとやはり紹介して頂いた曲になるのでしょうね。全て私のコレクションの中に入っていますが、浜田省吾「路地裏の少年」 だけは分かりません。

人それぞれ「メッセージソング」「プロテストソング」の受取り方が違うのは当然ですし、これらの曲を否定するつもりはありません。これからも感銘を受ける曲に出会えればいいですね。

どうも有難うございました。

お礼日時:2003/06/15 01:16

こんばんは♪



そうですね、

「自衛隊に入ろう」「おなじみの短い手紙」高田渡
「私たちの望むものは」「自由への長い旅」岡林信康
「風に吹かれて」「激しい雨」ボブ・ディラン
「血まみれの鳩」五つの赤い風船
「悩み多き者よ」「されど私の人生」斉藤哲夫
「主婦のブルース」中川五郎
「満足できるかな」「カレーライス」遠藤賢司
「腰まで泥まみれ」高石ともや
「教訓(1)」加川良
「位置を変えて」いとうたかを
「コミック雑誌なんかいらない」頭脳警察

……こんなところでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。

回答を拝見し、オオッ!と言う感じです。まさに私が考えていたフォークソングとはこれです。

渋すぎる名曲の数々。素晴らしいです。(中には知らないのもありますが…。)

「自衛隊に入ろう」は今でも放送禁止歌なんでしょうか? 「教訓I」は一時放送禁止歌でしたが、今では大丈夫みたいですね。
「風に吹かれて」はもうスタンダードになっている名曲だと思います。(私もよくギターで弾き語りしてました。今でも弾けますよ!)

で、1曲だけ知らないのがありまして、「位置を変えて」と言う曲が分かりません。(いとうたかを氏は知っているのですが…。)歌詞などどこかで見つけられるサイトなんかあれば教えて下さい。

どうも有難うございました。

お礼日時:2003/06/15 01:10

わたしも60年代の生まれですが、さだまさしさんのファン暦25年とそのまえは、小椋佳さんのファンでした。


もちろん、フォークソングもよく歌いました。
「遠い世界」「風」「戦争を知らない子供たち」等々

メッセージソングといえば、(ラブソングになるかもしれませんが)さださんの代表曲「主人公」はとてもいいですよ。ファンのかたなら、リクエスト1位の曲です。
小椋佳さんの曲では、「野ざらしの駐車場」「旅支度」が私は、好きです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

小椋佳さんですね。私も何枚かレコード(CDじゃありません)持っています。最近はちょくちょくテレビにも出てらっしゃいますが、当時はテレビに出演どころか、レコードのジャケットにも写真すら載っていませんでしたね。声だけで聴いていました。(初めて実物を見た時は些か驚きましたが・・・。こう言うギャップの人物は村下孝蔵氏の時も感じました。)

さだまさしさんもレコード持っていますが、抒情詩や叙事詩のような曲が多いですね。そんな中、時々ユニークな「雨やどり」(「あまどりや」ってのもありましたね。)や「関白宣言」「恋愛症候群」なんて笑いの中に、ある種のペーソスを加えた曲もあり、独特の詩の世界を構築されています。ユーモアのセンスもあり、何度かコンサートにも行った事がありますが、曲そっちのけで永遠としゃべり続けていた事がありました。

紹介して頂いた各曲は全て存じております。機会を見て、聴きなおしてみようと思っています。

どうも有り難うございました。(お礼が遅くなりスミマセンでした。)

お礼日時:2003/06/15 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ