Q質問

ケースワーカー ソーシャルワーカー 公務員

公務員希望でケースワーカーかソーシャルワーカーを目指している
高校3年生の女子です。将来が不安で分からないことだらけです。
下記の質問に対してどれでもいいからアドバイス宜しくお願いします。

(1)ケースワーカーとソーシャルワーカーは短大、大学、専門学校のどこに行った方がいいですか?

(2)ケースワーカーとソーシャルワーカーはどちらの方がなりやすいですか?

(3)ケースワーカーとソーシャルワーカーは公務員だけで民間はないのでしょうか?

(4)その他、比較的簡単になれる公務員とかあるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 4月から、3年生になります。
    そんなに狭き門だったんですね。
    福祉系の学部に入ってもなれそうにない場合
    一般企業とか潰しがきくものなんでしょうか?

    一番どこでも就職しやすい潰しがきく学部とかありますか?

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2010/03/15 10:34 通報する
  • 「行政サービスの中でもかなりの激務と聞きますが。」

    そうなんですか?
    残業、休日出勤が多かったり
    ストレスもかなりなものなんでしょうか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2010/03/15 10:40 通報する

A 回答 (6件)

既に回答された方々が、資格等については述べて下さっていますので、公務員(福祉職)として少し書いてみたいと思います。

私は、いわゆる「福祉職」という枠で採用された公務員です。この福祉職枠を設けて採用試験をしている自治体は、決して多くありません。市町村レベルだと、あまりないと思います。政令市や都道府県では最近増えてきています。お住まいの地域や近隣の自治体について、少し調べてみても良いでしょう。福祉職の採用条件は、多くの場合は「社会福祉主事任用資格」です。

福祉職公務員の勤務先は、当然福祉関連の職場に限定されます。自治体によって異なると思いますが、私の勤務する自治体では、それでもかなり幅は広いです。公立施設(障害児者施設、養護施設、児童私立支援施設等)、児童相談所、一時保護所、保健福祉事務所、女性相談所、等々。要は、その自治体が運営する福祉関連の出先機関全般です。施設に赴任すれば直接支援や介護、相談所に赴任すればケースワーカー、と仕事の内容は当然変わります。また、役所(市役所や県庁)に異動になることもあります。その場合は、行政指導や監査、あるいは福祉全般に関する公務、すなわちデスクワークを行なうことになります。

民間の事業所で障害者相談支援員や介護系の相談員等の仕事についた場合は、その事業所や法人内で転勤があるかどうかによりますが、あまり大幅な業務内容の転換はないと思います。公務員の場合は、ずーっと児童分野、あるいはずーっと生保関連、というように、ひとつの分野に限定して仕事をすることは難しいですね。そういう意味では、ジェネラリストであることが求められます。

また、最近、独立型の社会福祉士も増えてきました。私の友人にもいます。経営的には厳しそうですが、成年後見や第三者評価、弁護士事務所と提携しての犯罪障害者支援等、幅広く意欲的な仕事をしています。そういう友人の姿を見ると、公務員の限界を感じたりしますが、まあ最初から役割が違うので当たり前ですね。

福祉関連の仕事につくということと、公務員になること、このふたつは実は異なることです。なので、まず福祉を志すかどうかを決め、その上で公務員になるかどうか決める。あるいは、福祉でなくても公務員になりたいのか。そのあたりを、ご自分で整理してみると良いかと思います。

私も、高校生の頃にケースワーカーを志し、大学では福祉を専攻しました。公務員になったのは、児童相談所のワーカーになりたかったからです。児童相談所は公立しかありませんからね。
児童相談所は今、非常に厳しいです。虐待ケースが増え、メンタル面に課題のある保護者が増え、激務と言って良いでしょう。生活保護も、昨今の不況で、かつてない激務となっています。
それでも、ちゃんと主婦しながら働いてますよ。
志と意欲を持って、ご自分の進路をしっかり考えてください。応援しています。

この回答へのお礼

いろいろと詳しい内容で勉強になりました。
このアドバイスを元に気持ちを整理して
頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 21:27
    • good
    • 0

まず、社会福祉主事について、
もう少し概要をよく理解されたほうが良いと思います。
以下を参照してみて下さい。

社会福祉主事について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai- …
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai- …

行政では、現業員といって、外回りに出る場合が大半です。
生活保護の場合には、家庭訪問などを行なって資産調査をしたり、
あるいは、就労可能な場合には、仕事探しもサポートしたり。
本人に会ってもらえない場合なども多いため、
必然的に、超過勤務や時間外勤務・休日勤務も多くなります。
また、暴力団関係者などが絡んでくる場合も少なくなく、
身の危険を感じるような脅しなども、しばしば受けることがあります。

そのような激務の実態をご存知の上で、
行政でのケースワーカーやソーシャルワーカーをめざしていますか?
どうも、実態をほとんど知らないまま、
ケースワーカーやソーシャルワーカーという言葉のイメージだけで
そういう仕事をめざそうとしているのでは、と心配です。

一方、社会福祉主事任用資格を得るためには、
福祉系学部ではなくとも、指定科目を履修しさえすればOKです。
しかし、そのことが質の低下を招いてしまっている現状もあるので、
この資格をもとに民間施設等が採用を考えるときには、
ただ単に社会福祉主事任用資格だけで採用する、ということは
かなり少なくなってきました。

指定科目等
http://homepage1.nifty.com/barn/syakaifukushishi …

つまり、それぞれの分野(高齢者、障害者、児童など)によって、
介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャーなどの
他の公的資格を持っている、ということが求められてきます。
採用する側としては、そういう立場になります。

社会福祉士等の受験資格にしても、非常に厳しいものがあります。
以下を参照して下さい。

社会福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/syakai/s02.html
精神保健福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/seishin/se02.html
介護福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/kaigo/k02.html

要は、厳しい言い方をしますが、生半可な気持ちでは務まりません。

一方、一般企業に進んだとして、はっきり申しあげますが、
学んだ知識が大いに役に立つ、ということは稀なのが実情です。
福祉という分野は、言葉は悪いのですが、かなり特殊な業界ですから。
言い替えると、本気で福祉に没頭するぐらいの覚悟がないと、
これらの資格をめざしていただきたくはない、というのが本音です。
(ただ単に資格を取りたいから・勉強したいから、は賛成できません)
 

この回答へのお礼

暴力団関係の人を相手にすることがあるなんて
知りませんでした。恐いですね。
ちよっとなりたいぐらいでは勤まらないようなので
しっかり考えたいと思います。
詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 21:18
    • good
    • 0

公務員として福祉に携わるなら、まず公務員試験に合格しなければいけないですが、福祉系公務員の募集はそんなにたくさんあるわけではありません。

福祉事務所に入るだけなら、市町村を一般の公務員として入庁し異動で生活保護担当(ケースワーカー)になる可能性が一番高いのではないでしょうか?行政サービスの中でもかなりの激務と聞きますが。

ソーシャルワーカーやケースワーカーは、日本では福祉の相談業務を行うひとの総称として使われることが多いようですので、老人、障害者、児童など具体的な方向があれば、よいアドバイスがつくのではないでしょうか?

    • good
    • 0

4月から、3年生になるという方なのでしょうか?

とりあえず、わかるところだけ書き込ませて頂きたいと思います。

>(1)ケースワーカーとソーシャルワーカーは短大、大学、専門学校のどこに行った方がいいですか?

ケースワーカーやソーシャルワーカーといった職種の募集では、
「社会福祉主事、精神保健福祉士、社会福祉士のどれかを取得しているのが望ましい」
と書かれていることがあります。

・社会福祉主事→大学や短大の福祉系の学科で、指定科目を勉強して卒業する。

・精神保健福祉士、社会福祉士
→a)大学の福祉系の学科で、指定科目を勉強して卒業した後、
精神保健福祉士国家試験や、社会福祉士国家試験を受験し合格する。

b)短大の福祉系の学科で、指定科目を勉強して卒業し、
2年以上の実務経験を積んだ後、
精神保健福祉士国家試験や、社会福祉士国家試験を受験し合格する。

・・・となっていますので、
大学か短大に行く必要があります。

(3)ケースワーカーとソーシャルワーカーは公務員だけで民間はないのでしょうか?

民間でも、

「福祉相談員募集」
※社会福祉主事任用資格などを取得していることが望ましい

といった職種名で、求人募集をすることがあります。

民間でも、社会福祉主事任用資格を、
1つの目安としている場合もありますので、
公務員にならないと、社会福祉主事の資格は無駄になる
というわけではありません。

(2)ケースワーカーとソーシャルワーカーはどちらの方がなりやすいですか?

1つの施設に、ケースワーカーやソーシャルワーカーが1人しかいない
という場合もあり、
その人が辞めることになって初めて求人募集をする
という形になるため、
どちらも、求人が少ないです。

そのため、国家試験に合格して、
22歳で、精神保健福祉士と、社会福祉士の両方を取得出来たけど、
求人募集が全然なく、
学校卒業後、コンビニや100円ショップのバイトを2~3つかけもちして、
どうにかこうにか暮らしてる
・・・といったことになる可能性もあります。

    • good
    • 0

狭義でケースワーカーやソーシャルワーカーと表現するときには、
公務員としての社会福祉主事のことをいいます。
めざしておられるのは、このことでしょうか?

行政で生活保護に係わる事務・調査を行なったり、
あるいは、障害者自立支援に係わる事務を行なったり、
事務的な仕事をメインとします。
もちろん、相談業務もありますが、残念ながらメインではありません。

ケースワーカー、ソーシャルワーカーは言い方が異なるだけで、
仕事の内容としては、上述したように同じです。
行政で働くためには、まず、社会福祉主事任用資格を取得して、
かつ、公務員採用試験を通って、併せて社会福祉主事として任用される
ということが必要です。

一方、広義でケースワーカー、ソーシャルワーカーというときには、
社会福祉士、精神保健福祉士という国家資格を持つ方を指します。
民間の社会福祉法人などで働く方が大半です。

仕事内容は、行政の仕事とはかなり異なる場合も多く、
社会福祉士や精神保健福祉士それぞれの業務分野を理解しましょう。
たとえば、雇用・住居・障害年金や障害者手帳等)の活用のために
行政機関に働きかけていったり、手続きに付いていって支援したり、
そういった仕事を行ないます。
あるいは、施設などで相談業務を行なったりします。

いずれにしても、そう簡単になれるようなものではありません。
きつい言い方になるかもしれませんが、それを承知で言いますと、
いささか考え方が甘いのではないか、とも思えます。
資格要件など、もう少しご自分でいろいろと調べてみて下さいね。
 

この回答へのお礼

やはり簡単ではないようですね。
貴重なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/03/15 10:26
    • good
    • 0

 まず、質問の「ケースワーカー」「ソーシャルワーカー」とは具体的に質問者の方は
どのような仕事内容を想定されていますか?

 「ケースワーカー」「ソーシャルワーカー」については、何の法的根拠はありませんので、
学校に行く必要もありません、自称すればいいです。しかし、世間からは相手にされない
だけです。

 公的資格には「社会福祉士」「精神保健福祉士」がありますので、これらの資格を取得する
のが、取り敢えずの目標とされればいいでしょう。どうすれば、国家試験の受験資格が取れる
かは、ネットで簡単にわかりますので自分で調べましょう。

 高校3年という事ですが、今から進学先を考えていて間に合うのですか?

この回答へのお礼

今年から高校3年ですので一年間しっかり勉強しようと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/03/15 10:24
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

教えて!ひな祭り

各地の風習や由来など、ひな祭りについてのQAを集めました。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報