これは見たほうがいいという読みきり漫画教えてください。
 タイトル
 ジャンル
 作者
 軽い説明
などを書いてください、お願いします。
あくまで「読みきり漫画」でよろしく。

A 回答 (4件)

うーん、ご年齢や好みも解らないのでコメントしにくいんですが「課長(部長)島耕作」で、大ブレイクした弘兼憲史さんの「人間交差点(ヒューマンスクランブル)」をお勧めします。



タイトル:人間交差点(ヒューマンスクランブル)
出版元:小学館
原作・画:矢島政雄・弘兼憲史

様々な場面での家族・親子愛、男女の愛憎、社会との軋轢やひずみなど幅広い
人間模様を描いた傑作です。かなりグッときますよ。ちょっと落ち込み気味のときには特にお勧め!
    • good
    • 0

 えと、ごめんなさい、質問の意図がよくわからなかったのですが(^^;



 「読みきり」というのは私の感覚では、雑誌掲載時の1タイトル分で完結しているものなのですが、「読みきり連載」(連載自体は長いけれども、1話ずつで話が完結しているもの)や「短期集中連載」(コミックス1冊分にまとまる程度のもの)なども含めていいのですか?

 それと、「見たほうがいい」というのは、どういう理由ででしょう? 「面白い」から? 「ためになる」から?(これもたとえば「知識がつくから」ためになるとか、「考えさせられるから」ためになるとか、いろいろありますよね)

 もう少し具体的に、どんなものがいいのか、どういう状況で探しているのか(たとえばこの質問からだと、あなたが読みたいのか、お友達か誰かに薦めたいのか、そういうこともわかりません)、などを書いていただければもう少し突っ込んだお答えもできると思うのですが。文句ばかりですいません。
    • good
    • 0

読みきりで良いものはいっぱいありますが、私がお勧めする一冊は、岩泉舞先生の「七つの海」です。


この本は岩泉先生の短編集で、6つの作品があります。
6つのタイトルは、「ふろん」「忘れっぽい鬼」「たとえ火の中・・・」「七つの海」「COM COP」「COM COP2」です。
説明は、短編なので簡単にします。
「ふろん」は、名前を落とした(忘れたんじゃない)男の子の物語。
「忘れっぽい鬼」は、タイトルどうり、すぐに忘れる鬼の物語。
「たとえ火の中・・・」は、鬼の力を隠してる男の子の物語。
「七つの海」は、俗に言うもやしっ子が、「おじいちゃんの子供の心」と出会う物語。
「COM COP」「COM COP2」は続きもので、幽霊専門の刑事・・・ゴーストバスターみたいなものです。
私個人としては、「たとえ火の中・・・」「七つの海」が気に入ってます。

ちなみに岩泉先生は、この一冊しか漫画を書いていませんので、ある意味貴重なのかも・・・・
    • good
    • 0

わたしが好きな萩尾望都さんから一つ・・・


タイトルは「半神」といって、たった18Pのものなんですが、今はそのタイトルで文庫化されてます。もしも既読でしたらすみません。
ジャンルは、一応少女漫画なんですが、それにはまりきらないと思います。社会派というか・・・けっこう重いほうかな。ちなみにわたしはこれではまりました(笑)
内容はあまりに短いので、いってしまうとまずいんですが(^^;)二人が一つにくっついてしまった双子のお話、とでもいっておきましょうか。気が向いたら読んでみてください。ほかにもたくさんの名作の短編がありますよ。萩尾望都に男性の方のファンが多いのも、幅広い作風のせいなのかなと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ