ミッドウェイ海戦後の異常な配置転換について質問


日本の某歴史家(名前を忘れました)が著書の中で、先の大戦(大東亜戦争、第二次世界大戦)に関して次のように書いていました。

日本海軍では、一つの作戦が終了すると、作戦に動員された兵隊は帰国して休暇を取るのが通例であった。しかし昭和17(1942)年6月のミッドウェイ作戦においては、そうではなかった。

日本海軍はミッドウェイ海戦において米国海軍に惨敗を喫した。山本五十六連合艦隊司令長官はミッドウェイ作戦の敗北を隠蔽するために、作戦に動員した兵隊を帰国させなかった。帰国すれば敗北の事実がマスコミや国民に伝わるからだ。

で、ミッドウェイ海戦終了後、山本は直ちに、彼らを南方の島々(ガダルカナル島など)に配置転換した。日米戦争が始まって半年しか経過していない時期であり、ミッドウェイ海戦には優秀な海軍パイロットが多く動員されていたのだが、彼らを南洋諸島のジャングルへ追い、飛行場建設などを命じたのである。海軍がガダルカナル島で飛行場建設を始めたことを陸軍は(大本営陸軍部も陸軍省も)知らなかったというから、驚きあきれるではないか。

ご存じのように太平洋戦線では、日本内地からの兵站活動が停滞して武器と食糧が極度に欠乏し、非常に多くの日本兵が餓死したのだが、ミッドウェイから配置転換された日本海軍の優秀なパイロットの大半がジャングルで死んだのである・・



ここで質問です。
(1)ミッドウェイ海戦終了後、作戦に動員した兵隊を帰国させないまま南方の島々に配置転換したというのは事実なのでしょうか。
(2)事実である場合、異常な配置転換を行ったのは連合艦隊(山本長官)だけの考えなのか、それとも大本営海軍部と海軍省も了解した上での配置転換だったのでしょうか。

A 回答 (3件)

撃沈された空母のパイロットの生き残りの多くは、他のパイロットの不足している空母に配属されました。


何人かエースパイロットで例をあげると・・・
空母赤城の生き残りの菊池哲生パイロットは空母翔鶴に配属されています。
空母加賀の生き残りの鈴木清延パイロットは空母隼鷹に配属されています。
空母飛龍の生き残りの重松康弘パイロットは空母隼鷹に配属されています。
空母蒼龍の生き残りの原田要パイロットは空母飛鷹に配属されています。
ですから(1)については事実ではないと思います。

日本海軍では、一つの作戦が終了したからと言って必ず兵士を帰国させて休暇をとらせるというわけではありません。
例えば空母瑞鶴はインド洋作戦でセイロン島沖海戦に参加しますが、作戦後は日本に戻る事なくポートモレスビー攻略作戦に参加し珊瑚海海戦に参加しています。
ですから(2)について「異常な配置転換」という指摘自体が正しくないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>ですから(1)については事実ではないと思います。
>(2)について「異常な配置転換」という指摘自体が正しくないと思います。

なるほど。どうも、いい加減な歴史家がいるものですね。歴史の本を鵜呑みにしないようにします。有難うございました。

お礼日時:2010/04/29 15:54

回答者がいない所を見ると、素晴らしい識者の集まりだと思います。



事実だと主張すれば事実になります。
ミッドウェー占領隊はほぼガダルカナルへ行きます。
(11設営隊→一木隊)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E3%83%9F% …

ただ、ミッドウェー作戦は「中止」であり、待機状態であった大本営直属の部隊は
命令と行動が速やかに行われるから。

が大きな理由だと思います。

作戦は終了していません。
送られていな部隊もあります。

大本営発表は自沈処理を加味すれば、2隻沈没、2隻大破であり、1隻づつに半分にした。
ここから発表の信頼性が崩れたのだと思います。

ですので、完璧な隠蔽はしていません。

こう言った小説は
サイパン島玉砕などの発表が明らかに矛盾してしまいます。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2418679.html

記載内容は鵜呑みにすると危険がある(自分で本当かどうかよくよく調べてみないとならない)
内容のひとつです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>ミッドウェー占領隊はほぼガダルカナルへ行きます。(11設営隊→一木隊)

ガダルカナル島の飛行場建設計画が、ミッドウェー海戦の前に決まっていたのか、それとも海戦の結果(敗北したので)ミッドウェー占領が不可能となり、急きょガダルカナルでの飛行場建設を決めたのか、をぜひとも知りたいですね。

お礼日時:2010/04/29 15:49

>山本五十六連合艦隊司令長官はミッドウェイ作戦の敗北を隠蔽するために、作戦に動員した兵隊を帰国させなかった。


これを実行するにはMI作戦に参加した全将兵に対して同じ事をしなければなりません。
上陸予定であった陸軍部隊やら多数の艦艇の乗組員、ミッドウェー島に進出予定だった航空隊と結構な人数です。
この人達は内地に帰還させてないということになりますが、どうなんでしょうかね。
なんでパイロットだけがジャングルで飛行場作りをしなければならないのでしょうか。
ミッドウェーで沈没した艦艇で生存した乗組員もジャングルで飛行場作りなんでしょうかね。

ミッドウェー海戦後の母艦搭乗員は5航戦及び基地航空隊へ配置転換したという話は聞いたことありますが、敗戦を隠すためジャングル行かされて飛行場造りという話は聞いたことありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>ミッドウェー海戦後の母艦搭乗員は5航戦及び基地航空隊へ配置転換したという話は聞いたことありますが、敗戦を隠すためジャングル行かされて飛行場造りという話は聞いたことありません。

すると某歴史家の説は間違いなのですね。有難うございました。

お礼日時:2010/04/29 15:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ