ニコラス・ケイジの記事です。

http://omg.yahoo.com/blogs/a-line/nicolas-cage-b …

最後の「When Cage is not buying and selling houses or checking in on his final resting place, he's hard at work. Currently he can be seen in an action-packed comic tale in which he memorializes his strange behavior on the big screen.」
はどういうニュアンスでしょうか?
彼は変わり者だから、家の差し押さえや墓の調査などがなかったら、さぞかし仕事に熱心だっただろうと馬鹿にしている感じでしょうか?

筆者のニュアンスがわかるような訳はどんな感じでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「家の売買や、永眠の地について調べたりしていないときは、仕事にしっかり打ち込んでいる。

今はアクション満載のコメディー映画が公開中で、大スクリーン上で自身の奇行の足跡を残している」ということではないでしょうか。

彼をバカにしているとかいうことではなく、ピラミッド型の霊廟を買ったというトピックに引っかけたジョークを交えて公開中の映画の紹介をしているのではないかと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
なるほど、よくわかりました。

お礼日時:2010/05/04 10:25

一般的に家を売買するのが趣味であることは資産運営のための金の亡者がすると云う邪推から発した文章の読み方ですので、あたっているのかは・・・・・・・・



かれの、かれの不動産に対する執着は少し奇妙である・・とくに彼が、資産アドバイザーのチョンボから家を競売にまで掛けざる終えない貧した状態に、死後の永住の地を買いあさなと半端ではない。しかも、ピラミッド型の墓と来ている。それだけではない、愛着を持つルイジアナ市に幾つもの家を持つなど普通の感覚ではありえない・・まあ、役柄といえど、ケイント人の血をひくからと言い髪を白銀色に染めたり、息子にスーパーマンの赤子時代の名前を付けるなんてことを考えると、かれの不動産に対する執着は奇矯であることを証明していのかもしれない。

ケイントが奇矯な振る舞いをしていない時は、かれは映画に没頭する、仕事の虫である。心配しないで、彼の奇妙な、一風がわりでとっぴな行為行動はすぐに公開されるコミカルなアクション物語のなかでスクリーン一杯に披露してあるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすいニュアンスの訳をありがとうございます!
よく理解できました。

お礼日時:2010/05/03 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ