質問

何故、日刊ゲンダイは小沢擁護一辺倒なのですか?

<質問の背景>
毎号、真実と客観的な判断を求めて、数少ない小沢擁護のソース&論調として<個人的には全く共感同調せず>心の平穏・怒りを律し鎮めながら、我慢しながら読んでおりますが・・・
最近のヒステリックな強引な論調と引用、弁解と言い逃れに無理な加担・誤魔化しは見苦しく、送検起訴の恐怖と威嚇を目的とした断末魔の喘ぎにしか思えないが・・・
何故なのか、意図や意味合いが理解出来ませんが・・・
事情と目的をご存知の方がおられましたら、ぜひ、ご教授の程、よろしくお願い申し上げます。

<関連記事>
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai- …

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai- …

通報する

回答 (4件)

どぐされマスコミのほとんどが小沢批判だからですよ。裏の実態もわかっているからでしょう。殺人鬼どもより、こわもての方がはるかにましということね。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

裏の実態とは?
深い意味や表現を憚れるようなどす黒いネタをお持ちなんでしょうね・・・


直接的な怖さや恐ろしさは、むろん殺人鬼が小沢氏を上回ると思いますが、しかし、国民・国益・マインドを暗澹たるものとし、将来への意気・希望を殺ぐ、その陰湿で自己中な執拗さは徐々にボディブロー、毒を盛られたように日本・日本人を蝕んで来ている。
小沢の保身・起訴逃れの為、身代わり&盾にされてる事への政治不信、それを見てみぬ振り物言わぬ政治家・秘書&部下の飼い殺し使い捨てが、政策・政治から清新さとダイナミックをスポイルし、毀誉褒貶・長いものには巻かれろの幇間、密告統制が横行している。

そんな、怨と恨の小沢イズムに加担・追従・便乗するプロパガンダ誌なのかも・・・


誠にありがとうございました。


<関連記事>
小沢一郎と池田大作の酷似した出自と卑劣な仕打ち統制策?
http://specialnotes.blog77.fc2.com/

と言うよりも、ゲンダイは「周りと別方向の記事を書くことで興味をひく」週刊誌だからではないでしょうか?

民主党が批判されれば小沢擁護
亀田が批判されれば亀田擁護
人気のタレントが出てきたらそれを批判

週刊誌は山ほどあるので、同じような記事を書いてたら上位週刊誌に勝てないのでわざとそういう方針にしてるのでしょう。
ゲンダイは週刊誌の中でも完全に3流の部類ですからね。スクープ能力も無いし文章能力も低い。

この回答へのお礼

鋭い指摘、バランスのとれた観点からの回答だと思いました。

確かに、週刊誌や月刊誌が多数刊行され、逆にネットや携帯の発達と普及による活字離れも出版不況の態をなしている。
その中でも、日刊ゲンダイは情報誌としての評価は高くないのは現実ですから、一定の読者層を掴むためにはセンセショナルなキャッチコピーや誇張した記事・特集も独自性の一環としては必要なのかもしれませんねぇ~。

その方向は、弱者の戦略としては→アンチ・マジョリティ、キワモノ、フライング覚悟の一発勝負かも?

私の疑問は、本回答により、スッート解けたように感じております。
本当に分かり易く、的確な回答を賜りまして、心より感謝とお礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。

私も同じ質問を2月にした事があります。
あまり期待に添った回答ではなかったのですが
反検察の急先鋒だから小沢を支持擁護しているの
ではないかと言う意見でした。

恐らく日刊ゲンダイに手紙を書いても返答は期待
出来ません。

でも何か異常ですね。
今まで現政権を鋭く批判する論調がゲンダイの特徴
であったのに。
最近は読まなくなりました。
小沢一郎を支持しないと言う数字が8割近く出ている
のにまるで有権者がバカだと言わんばかりの論調には
呆れました。
小沢一郎の出自を考えますとアッチ系の息がかかって
いるのかも知れませんよ。

この回答へのお礼

分かり易い分析と解説で納得しました、ありがとうございます。

マスコミに多い朝鮮系の人脈・シンパシー・血の繋がり?なのでしょうか・・・
小沢氏の出自で言われている、母親のルーツがそこにあるとされています。
3段論法的に、彼の陰湿・猜疑心という屈折した性格形成への原因、政敵や離反者への徹底した恨の報復手法が・・・
そして、外国人地方参政権付与や国籍法、人権擁護法案への対応、さらには、韓国籍秘書や民団との密接な支援支持と要求の実現というバーター取引関係・・・。


興味深い切り口で教えて頂き、大変、参考になり、感謝とお礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。

世論調査にもよりますが、小沢氏は幹事長を辞任すべきが70%以上、辞任する必要は無いが20%前後などがあります。
この20%の中には、日刊ゲンダイの記事のような御意見もあるのかもしれませんね。
私は、個人的にはノラリクラリの鳩山は嫌いですが、小沢の強引さや押しの強さには魅力を感じております。

この回答へのお礼

的確なご意見・説明を賜りましてありがとうございます。

小沢考の観点と評価は異なりますが、大変参考になり、教授頂きまして感謝とお礼を申し上げます。

私は、小沢氏の新人時代からの政治遍歴や発言と行動の小心・偏屈・人望の薄さを見聞して来ました。
強いて申せば、細川連立政権の成立・政治資金規正法の成案を以って政治家としてのピークを過ぎ、今や頑迷・密室の側近政治は時代遅れの非公正非効率な手法であり、選挙至上主義も国民・国益から見れば本末転倒の党利党略策とも言える。

そして、何よりも政治と金、利益誘導の権化である。
田中角栄・金丸信から何を学び覚えたのか、政治不信の悪の根源病巣は彼にある。
しかも、日米交渉や湾岸戦争時の対応等で右往左往の狼狽、スキャンダルでの逃避行雲隠れは、今も本質的に変わらない!
党の為に変わると宣言しながらも、政治手法も人品も報復制裁密告の統制束縛の手口まで作り笑顔の下に鎧と刀を持っている。
小沢氏が辞めねば、小沢氏が鳩山氏とツートップが辞任または検察逮捕になれば、日本にも漸く夜明けが来る、暗雲晴れて国民マインドが明るくプラス思考に転化する事から、それが最高の経済対策にもなると好循環の波動が起こると思います。



誠にありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?28 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集