質問

自分が親になることの大きな不安

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4313493.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4841939.html

以前にも上記のような内容の質問をさせていただいていますが・・・


結婚して2年が過ぎ
最近、徐々に主人との子どもが欲しいと思うようになりました。
(年齢的なことも含みますが)
そう思うようになったのは、
一番には尊敬する主人の血を引いた子どもに会ってみたいという
思いからです。

相変わらず、母からは時々実家に帰省したり
メールをするときなど(どちらも嫌々仕方なくなのですが)
「早く孫が見たい」と言われるのが本当に腹が立ちます。

私が、母を嫌い(はっきりと嫌いと書いてしまいますが)と思う
大きな理由はいくつかありますが、

1)20歳頃に、突然、
 「私は、学生のときにまだお父さんと付き合っているときに
 いちど妊娠して、学生だったから中絶をした。」と言ってきたこと。
 実は、その以前に母の昔の日記を偶然見つけて読んでしまい知っていましたが
 私は黙っていました。
 その日記には、私たちが幼い頃に、父親とうまくいっていないことと共に、
 父親の友人が気になるというような内容も書かれていました。

2)私たちの結婚が決まった後、祖父母たちを介して
 6歳以降ずっと会っていない父親の「友人」を名乗る男から
 私に電話が入り、父親を、結婚式に呼んでやってくれだとか
 お前のお母さんのことは、父親も当時決定的なことがあって絶対に会いたくないし、
 私(その友人の男)も嫌いだ。だが、招待状を送ってやってくれ・・・
 ということを言われた。
 私が、学校に入学するときに、実は母が父に入学金の出資を申し出て
 そのお金は父が出していたということも、
 私はその時初めて、第三者の口から聞かされました。
 そして、父が外国の女性と再婚し、その女性は父親のお金目当てらしいということも・・・
 私は、母が好きではないですが、
 どんな状況だったとしても自分を育てた人間を
 嫌いだ、ひどい女だと言われたこと、また、
 新たな事実を関係のないヤツから聞かされたことが
 本当に悲しくて悲しくて、電話の後主人の胸で大泣きました。
 その後、別にどうでもよかったのですが、
 老いた祖父母の気持ちを汲むために・・・と父親に招待状を送りましたが、
 欠席の返事すらもちろんありませんでした。
 そして、母は、父親の再婚のことをなにも知らないので
 (お父さんが死んだら、遺産はあんたたちのものよ!なんて呑気に言ってます。
 外国女性がお金を沢山使うので、どうやら借金があるようですが)
 私はまた親の不幸を勝手に背負わされた気分です。


このようなこともあり、
それ以来、両親が別れたことをいままで恨む気持ちなど一切なかった私の中で
何かが変わりました。

なぜ、中絶したことを死ぬまで黙っていてくれなかったのか。
告白して、自分は楽になるだろうが
私は母親の自分勝手な不幸を背負わされて本当に腹が立つ。

父親が、外国女性と再婚して、あまり幸せそうでない様子なんて、
知りたくはなかった。
別に、憎んでなんてなかったので、
こんな気持ちにさせた父親の友人が許せない。


だから、母が、孫はまだかと言うことも、心から許せないです。
自分たちの不注意で、中絶をしたくせに、そんなことを簡単に言ってくることが
心から許せない。

嫌いで別れたのは仕方ないにしても、
なぜ、その不幸を私に背負わせようとするのか。


こんな親だから、私は、主人の子どもには会いたいけれど
ある一方では、自信がとてもなくて
不安で仕方がないです。


最近、子作りを始めまして、
まぁそう簡単に授からないと思っていますが、
ふと、いろいろなことを思い出すと
怒りや、憎い気持ちや、悲しみや、様々な気持ちが襲ってきてとても不安になります。


友人たちには、こんなこと相談できません。
友人たちに、少しでも、私と同じ不幸を背負わせることは絶対にイヤだから。
主人には、半分くらい話をきいてもらい、
中絶の件などは言っていません。


主人のご両親は、ほんとうに気持ちのある、
私のような者でもひとりの人間として尊重して優しくしてくれる
素晴らしい人たちです。
(だから、主人はあんなに優しく育ったのだと・・・)
そのことが、なんだか気持ち的には救いになっているのかも・・

すごく長くなってしまい、申し訳ありません。
私は、このような気持ちをどうしていけばいいでしょうか。

通報する

回答 (4件)

わかりますよ。
私も同じようなことを思っていました。
私の両親は質問者さまに比べれば世間的にはどちらかというといい両親だったかもしれません。
離婚もしてませんし、中絶もしていません。
ありふれた中流家庭でした。

ただ母が子供の頃の私に父や父の実家の人たちの人格を否定するような悪口を聞かされながら育ったという環境です。
でも「母は父を憎んでいるんだ」という感覚は、子供心に結構な影響を与えたと思います。
「お母さん、離婚すればいいのに」「離婚なんて簡単にできるわけないでしょ」「(そっか、お母さんってかわいそうな人なんだ・・・私たちを育てるためにこんなひどい人に我慢してるんだ・・・)」

子供の頃私は父に似ていると言われていたので、それも恐怖でした。
父に似ている私を母は他の兄弟と比べるときっと本心は嫌いに違いないという恐怖心を常に持っていました。
両親は淡々としていて、ただ義務感で子供を育て、そのことに疑問も感じていないような雰囲気でした。
いわゆる愛情あふれる家族と真逆な家族だったと思います。

でも、思い出すと夏の家族旅行とか人並に出かけてましたね。
父はいつも子供を置き去りにタッタカ行ってしまい、母と子どもたちは取り残され・・・
私は家族で出かけるのが苦痛でたまりませんでした。
夫婦って便宜上一緒にいるだけで、愛情なんてかけらもなく、ただ義理で同じことをするだけなんだと本気で信じていましたから。
そうとしか思えませんでした。

大人になるにつれ、そんなんじゃなくちゃんと愛情で結ばれている家族って世の中たくさんあるんだと知って、カルチャーショックでした。
でも、自分が結婚するなんて考えられず・・・だってこんな自分が子供を産んでまともに育てる自信なんてありませんでしたから。

ところが質問者さまと同じく、私も偶然出会って結婚した相手は、愛情あふれる家族に育った愛情あふれる信頼できる人だったのです。
私がはじめに重い腰を上げて子作りした時は妊娠しませんでした。
だから、「ああやっぱり神様は私に子育てはムリと言ってるんだ」と思ってあきらめたのですが、その後予定外の妊娠をしました。
このときはもう子育ての覚悟から解放されていたときだったので、産むべきか本気で悩んだほどです。

ですが、結局産んでほんとによかったですよ。
産んで育てて、やっと両親の呪いから解放された気がします。
子供は愛しく大切な存在で、産んでみて両親に感謝するなんて感情はまったく感じません。
むしろ、よくもあんな憎しみの中で子育てしてくれたものだとあきれる一方です。
でも、やっと大切な親子関係が築けて、親とは精神面でほんとに決別できた感じです。
あ、私は表面的には普通に親子やっています。今は父しか生きていませんが。
でも、子供がいなかった頃は、ときどき発作のように親が許せなくなり泣いたりしてたのですが、そういうことがなくなりました。
もう、親は単なる必要な時には助けを与えなければいけないただの親戚にひとりになりました。
子供ができるまでは、自分にとって自分と両親が唯一の親子関係でしたから、それが理想と大きくかけ離れていることに人生の欠陥でもあるかのような絶望感を感じていましたが、今は違います。
そんな小さなことは補って余りある大切な子供がいますから。

それから、実際育児をしていて、やっぱり夫婦仲が悪く自分の立ち位置がふらついていると子供心から愛する余裕を失うこともあるんだろうなと思っていた自分の仮説も確信できた気がして、ちょっと気が楽になりました。
実際普段の生活でもささいなことで夫にひどく腹を立てているときなんか、子供への愛情を瞬間忘れちゃってることとかあるので・・・
やっぱり自分が精神的に幸せでいるために、夫婦が信頼できる関係を維持できるよう努力することってとても大切だと思います。
改めて納得しました。

質問者さまも、優しいご主人がいればきっと大丈夫です。
大船に乗ったつもりで、子作りしてください。

質問拝見しました。過去の質問もざっと見させていただきました。

このジレンマ、苦しいですよね。

親なのに、親だから、血の繋がった人間だから
愛憎が入り乱れて、どうしても憎んでしまうこともありますよね。
親だって、不完全な人間だから、まだまだ幼かったのだから
子供よりも自分を先に考えてしまったり子供に甘えてしまったり
したこともあるだろうとは思いつつも、受け入れきれず悲しくて
苦しい気持ちがどうしても消えないこともありますよね。

過去のこと、ご両親のことは、
子供だった貴女には何の罪もないのに勝手に背負わされた苦しみ
だったわけで、その理不尽さに腹が立つのは、心から判ります。
どうして、周りの大人たちは私をこんな目にあわせるんだろうって
情けなくて悔しくてたまらなくなりますよね。

デリカシーなく無神経な言葉で傷つけられてきたのに、お母様本人は
そんなこと気付きもせず、孫孫と仰る。その無神経さが許せないという
気持ちは本当に良くわかります。

親を心から手放しで愛せない、赦せないと、子供を持つということに
物凄く、躊躇する気持ちは私にはわかる気がします。
親子というものに確信が持てないのですよね。不安は拭えない。

でもね、それでもね。
貴女には、とてもすばらしいご主人様がいらして、そのすばらしい
ご主人様を生み育ててくれた義理のご両親がいらっしゃる。
そしてその、すばらしいご主人に選ばれたのも、貴女なんです。
ほかでもない、親を赦しきれてなくて、葛藤して苦しむあなたなんです。
どんなに貴女がご両親を、お母様を憎んだとしても、あなたがあなたを
を貶めることは何もありません。だって、そのままの貴女を、ご主人は
愛しているんだから。

そのご主人の子供が欲しいと思ったのだとしたら、その自分の
気持ちを心から信じて生んでみればいいじゃないですか。
大好きなご主人と、そのステキなご主人に愛されている貴女の子供ですよ。
きっと、今以上に幸せになれるに決まってるじゃないですか。
そう思っていいじゃないですか。

かく言う私も、親に対して(特に母に対して)まっすぐに好きだと
思うことが出来ません。もちろん愛情はある。感謝もしてる。
それでもまだまだ乗り越えられない葛藤はあります。
そして貴女と同じように、自分が子供を持つということに
大きな不安を感じています。やりどころのない不安というか。

まっすぐに育ってきて、何の疑念も不安も抱かずに子供を持って
幸せに生きられたらどんなに良かったろうと思います。
でも、人をうらやんでも何にもならないし、すごく幸せそうに
笑っている人の心の中では、乗り越えてきた大きな悲しみが
あるのかもしれないって思います。
(楽観的過ぎるかな?でもそう思う。これだけ沢山の人がいて
これだけみんな一生懸命生きていたとしたら、悲しまずにすむ
わけがないもの。みんな必死で笑っているのかなって。)

ねえ、何にもなしに当たり前に幸せをむさぼってきて
当たり前に幸せでいるのもいいけど、すごくつらいこと苦しいこと
乗り越えて、頑張ってきたんだったら、それで手に入れた幸せだったら
なおさら愛しいような気がしませんか?
あなたはその幸せを勝ち取れるだけのことを乗り越えて今ここにいる。
そう思いませんか?
そういう貴女だからこそ、ご主人は心から愛してくれているんだと
そう思いませんか?

これから先、もっともっと沢山の幸せがくるんだってそう思いましょうよ。

あとはね。これは私の課題でもあるのですが。
いつか、ご両親のことを、赦しましょうよ。
そして、ご両親を憎んだあなたのことも赦しましょうよ。

すぐにはできないことですよね。そんな簡単じゃない。
だけど、いつかは出来ることであるって私思うんです。
全部全部赦して、放してあげるときを待ちましょうよ。
いつかきっとそんなときがくるって信じましょう。

それに、多分、自分も同じくらい、色々なものを
傷つけて生きているはずなんです。
(だから貴女だってきっと、お母様に罪悪感を感じたりするでしょう?)

心から守りたいと思う愛しいものを手に入れたら、いつか
私は色んなことを赦せるのではないかと思ったりするんです。
だって、その愛しいものは、いずれ私から巣立っていくし
自分というものを作っていくわけで・・・
それを全て許して、私を置いていきなさいって、言わないと
いけないわけだから。

自分と、自分の繋がる全ての人を赦すことと放すこと。
いつか、出来たらいいなと思いながら私は生きています。
(とかいってなかなかむずかしいのだけど)

少し違うけど、似たような気持ちを抱いている31歳女性でした。
自分に言い聞かせるような気持ちで書きました。
見当違いだったら、ごめんなさい。

この回答へのお礼

>デリカシーなく無神経な言葉で傷つけられてきたのに、お母様本人は
>そんなこと気付きもせず、孫孫と仰る。その無神経さが許せないという
>気持ちは本当に良くわかります。

長く綴りましたが、これが、いちばんの私の気持ちと思います。
いままでずっと、小さい頃から
自分が将来、子どもを生んだら
絶対私と同じ気持ちにさせたくない。ということだけは、ずっと思ってきました。

私も、いつかは、許せない気持ちを持ち続けた自分を、
親たちを、許せるときがくるでしょうか。

主人が、私のいろいろなところを許して包んでくれるように、
親をというよりは、自分自身をいまは一番許してやりたいような気持ちです。

私の気持ちを、丁寧な気持ちで代弁していただいてありがとうございます。

両親とは縁を断って、あらゆる接触をしないようにしてはどうでしょうか。
少なくとも今後生まれてくるあなたのお子さんにはまったく関係ない話ですよね。
あなたのお子さんは「孫」として生まれてくるのではなく、「あなたの子」として生まれてくるのですから。
あなたが責任をもつべきは、まずお子さんです。

100%自信ができて、何があっても20年以上この子の味方になる、という計画と覚悟ができない限りは、子どもは作らないほうが良いと思います。
これは別にあなたの境遇に対して言うわけではありません。すべての親に求めたいことです。

この回答へのお礼

そうですね、私が責任を持つべきは、自分の家庭ですね。
主人と、将来生まれてくるであろう子どもを大切にして
その子には、私がいままで感じてきた気持ちを味あわせることのないよう
しっかりしていきたいです。
回答ありがとうございました。

親の過去話、それで言われたから(知ったから)親の昔話の恋花の話もあって良いではないですか?
 親も思春期を超して恋愛して結婚した、しかし時期早期で堕ろした・・・こんな話に何を怒りを出すかですけど・・・
 人間生きて居ればなんぞある物です、親が自分の思い描く人生で無いから疎遠にしたい・・・
 好きにすれば良いでは無いですか?
 尊敬出来ない、親なら親の責任も果たせないで養育費も支払いしない男などざらに居ます。
 学費の送金もして居るだけでも、結果論でも責務完了なら結果は良しです・・・
 現段階で親父が再婚して居ても良いでは無いのかな~
 孤独で孤立死をする男性多い中でも再婚出来るだけでも、良いパートナーが居るなら他者から見て違和感でも当人が良いならそれはそれです。
 何に固執して居るですか?
 旦那も理解あり、順風満帆で何をネガティブキャンペーンをしたいんですか?

この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございます。
親たちに過去になにかがあったことにではなく、
そのことを黙っていられないことに怒りを感じています。
中絶だって、きっと、その時は悲しかっただろうし
私が知らない事情やいろいろなことがあったのだろうと思ったから、
別に責めようなんて思わなかった。
自分がラクになるためだけに、言う必要のなかったことを言ってしまうことが悲しい。
父親が再婚していたって、かまわないのです。


いろいろな家族があって、いろいろな親がいて、
私より大変で悲しい思いをしている人はたくさんいますよね。
その中でも、私は、自分の気持ちを消化しきれずにいたので
質問させていただきました。

このQ&Aは役に立ちましたか?6 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集