最近では「t.A.T.u」のアルバムをプロデュースした
トレヴァー・ホーン氏のプロデュース作の中に
ペット・ショップ・ボーイズのアルバムがあると
知ったんですがどのアルバムなのでしょうか?
知っている方教えてください。

A 回答 (4件)

こんばんわ。


他のトレヴァー・ホーンのプロデュース曲でも良いとの事ですので、お邪魔します。

まずは、トレヴァー・ホーンとジェフリー・ダウンズ(後にエイジアのメンバーとして活躍)の二人が結成したユニット、バグルス(THE BUGGLES)が1979年に放った全英No.1ヒット『ラジオ・スターの悲劇』です。
この曲は当時、日本でもすごくヒットしていました。
テクノポップを超えたポップソングの名曲です。
聴いているとウキウキするような感じです。
プロデュースはトレヴァー・ホーンとジェフリー・ダウンズが共同で行ったようです。

80年代のプロデュース曲なら、既に挙げられているもの以外に、ABCの『ルック・オブ・ラブ』やイエスの『ロンリー・ハート』が有名です。

90年代も活躍していますね。
carlton1967さんが挙げていらっしゃる、シール(SEAL)のアルバムに収録の『キッス・フロム・ア・ローズ』は1995年度の38回グラミー賞主要4部門のうち、最優秀レコードと最優秀ソングを獲得しています。
何年か前、スタジオ内でシールと殴り合いのケンカをしたという(?)トレヴァー・ホーンですが、今年発売(予定)のシールの新作アルバムには共同プロデューサーとしてしっかり参加しているという噂です。

お邪魔しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思えば『ラジオ・スターの悲劇』はMTVで一番最初にOAされた
曲でした。シャレがきいてますよね。

『ルック・オブ・ラブ』は知らなかったです。
サビ部分のストリングスアレンジが印象的な名曲です。
『ロンリー・ハート』はたしか氏が一番最初にオーケストラ・ヒットを
使った曲じゃなかったかと思います。

シールとの殴り合いのけんかは本当だとしたらそれだけ音に
こだわりを持って仕事しているということなんでしょうね。
音楽と関係ないことが原因だったら笑いますけど・・・
教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2003/07/14 00:37

トレヴァー・ホーンがプロデュースした曲で、みなさんにおなじみのものがありますよ。


トム・ジョーンズの「恋はメキメキ」(Tom Jones "If I Only Knew")です。
この曲はトムの94年のアルバム「快楽天国」(The Lead And How To Swing It )の1曲目ですが、このアルバムのほかの曲はすべて違う人がプロデュースしてますので、念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの曲がトレヴァー氏のプロデュースとは驚きです。
さすが変幻自在の天才プロデューサーですね。
教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2003/07/12 14:04

#1です。



P.S.B.以外だと
私の好きなSEALというアーティストの
SEAL(2)というアルバムのプロデュースもしていました。

1994年の発売のようです。
WPCR-40 です。

SEALもかっこいいですよ。
チャンスがあったら聴いてみて下さい。

本当は探すともっと沢山あるのかもしれませんが
このあいだ私のCDラックがとうとう荷重に耐えきれなくなり崩壊してしまって…。
私の所持しているCDが1000枚を越えたので
そろそろ何とかしようと思っていた矢先にラックが
崩壊してしまったので、スムーズに探し出せずに
すいません。
(しかも小出しになってしまい…)

私は逆に t.A.T.u をプロデュースしていることを
知りませんでした。
教えて下さってありがとうございました。<m(__)m>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

SEAL・・・前々から気になっていたアーティストの一人です。
早速、某サイトで何曲か視聴しました。
どの曲も目を閉じると壮大な景色が浮かび上がってくる
ような独特の広がりを持つ曲ばかりでいいですね。
(声質がなんとなくビーター・ガブリエルに似てるような・・・)

トレヴァー氏の代表プロデュース作、FGTHの
「Welcome to the Pleasuredome 」と一緒に
購入したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/12 14:02

こんばんは。



私の持っているペット・ショップ・ボーイズの
アルバムを見てみました。
全作はさすがに持っていないのですが…。

INTROSPECTIVE というアルバムの中の
Left to my own devices という楽曲と
It's alrightの2曲 が
トレヴァー・ホーン氏のプロデュースになっています。
(ライナーノーツを読みました。)

1989年10月8日に発売されています。(日本では)
現在手にはいるかどうかはわからないのですが
東芝EMIから出ています。CP25-5670 です。

他にあったら私もぜひ知りたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Left to my own devices はトレヴァー氏のプロデュースでしたか。
知りませんでした。いい曲ですね。
二曲だけということはトータルプロデュースではないようですね。
もしかしたらペットのアルバムのトータルプロデュースではなく
楽曲のプロデュースのみかもしれません。

最近タトゥーの曲がトレヴァー氏のプロデュースと知り
改めて彼の才能の凄さを見せつけられました。
他にもトレヴァー氏のプロデュース曲があったら
是非知りたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/10 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ