1960年代生まれの小説家・作家の、面白いと思われる作品をご存知であれば教えてください。

A 回答 (3件)

堀江敏幸、『めぐらし屋』、『正弦曲線』(随筆)。



いいです。
しあわせになれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お返事が遅れて申し訳ありません。ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/27 00:16

石田衣良(1960年3月28日)「池袋ウエストゲートパーク」「アキハバラ@DEEP」


天童荒太(1960年5月8日)「永遠の仔」
宮部みゆき(1960年12月23日)「レベル7」「クロスファイア」
小野不由美(1960年12月24日)「十二国記」「悪霊がいっぱい」
京極夏彦(1963年3月26日)「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」
水野良(1963年7月13日)「ロードス島戦記」
よしもとばなな(1964年7月24日)「キッチン」「TUGUMI」
岩井志麻子(1964年12月5日)「ぼっけえ、きょうてえ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いくつも例示していただいて、感謝・感謝です。

お礼日時:2010/06/27 00:17

すみません、ミステリーやサスペンスに偏ってます。



川端 裕人(かわばた ひろと/1964年~)
「竜とわれらの時代」「川の名前」など

垣根 涼介(かきね りょうすけ/1966年~)
「ワイルド・ソウル」「君たちに明日はない」など

日明 恩(たちもり めぐみ/1967年~)
「それでも、警官は微笑う」「鎮火報」など

香納 諒一(かのう りょういち/1963年~)
「あの夏、風の街に消えた」など

誉田 哲也(ほんだ てつや/1969年~)
「国境事変」など

真山 仁(まやま じん/1962年~)
「ハゲタカ」「バイアウト」など(ドラマの原作ですが、中身は全然別物です)

光原 百合(みつはら ゆり/1964年~)
「時計を忘れて森へいこう」「銀の犬」など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いっぱい教えて戴いてありがとうございます。お礼申し上げます。

お礼日時:2010/06/27 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ