質問

借入金の借り換えしたときの仕訳について


前期から繰り越している信用保証料があります。
今期に新たに借入して前期の借入金を返済・・つまり借り換えたわけですが、
この時の信用保証料をどのように仕分けたらいいでしょうか。

信用保証料は「長期前払費用」勘定で計上しています。
支払い年数で分割し、毎年決算月に「支払手数料」で一年分を費用勘定で振替します。


新規借入の長期前払費用を「一旦、全額計上したいという前提」でお聞きします。


前期繰越の長期前払費用・・800000円


新規借入の保証料額・・2300000円


返戻保証料充当額・・・700000円


差引負担額・・・1600000円


前期繰越分の手数料振替額・・・100000円


例えば・・・

長期前払費用2300000 / 未払金2300000
未払金700000 / 長期前払費用700000
支払手数料100000 / 長期前払費用100000
未払金1600000 / 普通預金1600000

上記のように仕分けると、前期の繰越分800000が残として残ってしまいます。
どのように仕分けたらよいでしょうか?

通報する

回答 (2件)

>差し引き負担額となった『160万』が長期前払費用の残になるわけではないのですか?

残るのは2,300,000円です。
今回の借入に対して2,300,000円かかっているのでこの金額を保証期間で按分です。

800,000円については前回の借入についての保証料で保証期間前に借入を完済したため保証する必要がなくなったのでその部分のお金を返してもらうことができますが今回の借入に対して2,300,000円の保証料を支払うのでその支払いに充当しているだけです。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

そうか…勘違いしていました!

よく理解出来ました。ありがとうございました!

>上記のように仕分けると、前期の繰越分800000が残として残ってしまいます。

残ってないのでは?
借方 前回借入分800,000円+今回借入分2,300,000円=3,100,000円
貸方 前回借入相殺分700,000円+手数料分100,000円=800,000円
借方残 貸借差額で2,300,000円
総勘定元帳状では今回の借入に対する保証料2,300,000円しか残ってないと思いますけど。

この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

頭こんがらがって回らないのですが、

差し引き負担額となった『160万』が長期前払費用の残になるわけではないのですか?

すみません!教えて下さい。

このQ&Aは役に立ちましたか?18 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

コラム
明日に繋がる基礎知識 new
明日に繋がる基礎知識 次世代の仕事のスタイル、情報収集術、社会の動きを探るビジネスマン必見コンテンツ

日本デザイン探訪
日本デザイン探訪 日本の地場産業、そのルーツに潜む伝統的な職人技の世界

なつかしカレンダー
●●年前の今日は何があった?
なつかしカレンダー ●●年前の今日は何があったか覚えていますか?
今月のカレンダーを見る

プレスリリース
自動車・自動車部品
不動産
電気機器
経営用語集
? 経営用語を調べる
? マーケティング用語を調べる
? 財務会計用語を調べる