クロロホルム溶液からの分離

大学の課題で、ピリジン、フェノール、アセトフェノンのクロロホルム混合溶液から抽出操作を使って各化合物をそれぞれクロロホルム溶液として分離する方法を調べなければいけないんですが、いくら調べてもわかりません。どなたかわかる方、教えていいただけないでしょうか。

A 回答 (1件)

最近は丸投げに答えても良いみたいですが大学生なので、少し考えて下さい。


1.アセトフェノンは最後まで元の混合物(母液と呼ぶ)の中に残る。
2.ピリジンはかなりの塩基性。
3.フェノールは弱いが酸性。
で、抽出でそれぞれを混合物から分けた後、クロロホルムは残りの混合物から蒸留で得て純物を単離したものと合して黒穂ホルム溶液にする。
といった感じです。
さらに説明すると、かなりの濃度の鉱酸(塩酸か硫酸が良い)と母液を振盪(振る事ね)してピリジンをピリジニウム塩の水溶液として取り出します。これを抽出と言います。これを何回も繰り返して出来るだけピリジンを除きます。
その次は、濃アルカリ水溶液でフェノールを抽出します。
すると最後にアセトフェノンのクロロホルム溶液が残ります。
でも、かなり「きたない」ので、クロロフォルムを蒸留して純クロロフォルムを得。残りから減圧蒸留でアセトフェノンを得ます。
後はこれを適当に混ぜて下さい。
あ、塩になったピリジンとフェノールはそれぞれ塩基と酸で振って元の形に戻してからクロロフォルムに溶かします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い対応ありがとうございました。
とてもわかりやすく納得できました。

お礼日時:2010/07/14 02:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 怪獣が口から火を吹くメカニズム

    子供のころに見ていた特撮番組で、よく怪獣が火を吹いて街を破壊したり、ヒーローを攻撃したりしていましたが、あれはいったいどういう仕組みなのでしょう。もともとが空想の世界の出来事なので、理屈や仕組みを考え...

  • サラ忍マン 良太郎:第102話「横文字」

    忍(しのび)の末裔、現代サラリーマン平野良太郎。世知辛い世の中を耐え忍ぶ企業戦士サラ忍マンとして、日々戦う。

  • 迷走恋愛!ミドリちゃん:第12話「仲よくなれた」

    ミドリは職場のイケメン上司が大好き。でも、上司を落としたくて心の中であれこれ考えていると、なぜかいつも迷走気味になってしまう。果たしてミドリは、上司を手に入れることができるのか…!?

  • 一夫多妻制、一妻多夫制があるのはどこの国?

    最近では、同性婚が認められる地域が増えるなど、婚姻の形態も世界的にはずいぶんと変わってきているといえよう。日本でも入籍後の姓の変更に関する男女間の不公平を訴える裁判があったことは記憶に新しく、婚姻に関...

  • トイレマットを敷くメリット・デメリットを学者に聞いてみた!

    年末年始に向け、そろそろ大掃除の準備を始める家庭もあるのではないだろうか。毎日使用するトイレには、特に汚れがたまっているかも。「教えて!goo」には、トイレ掃除に関する「トイレのマットって必要?」という...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ