クロロホルム溶液からの分離

大学の課題で、ピリジン、フェノール、アセトフェノンのクロロホルム混合溶液から抽出操作を使って各化合物をそれぞれクロロホルム溶液として分離する方法を調べなければいけないんですが、いくら調べてもわかりません。どなたかわかる方、教えていいただけないでしょうか。

A 回答 (1件)

最近は丸投げに答えても良いみたいですが大学生なので、少し考えて下さい。


1.アセトフェノンは最後まで元の混合物(母液と呼ぶ)の中に残る。
2.ピリジンはかなりの塩基性。
3.フェノールは弱いが酸性。
で、抽出でそれぞれを混合物から分けた後、クロロホルムは残りの混合物から蒸留で得て純物を単離したものと合して黒穂ホルム溶液にする。
といった感じです。
さらに説明すると、かなりの濃度の鉱酸(塩酸か硫酸が良い)と母液を振盪(振る事ね)してピリジンをピリジニウム塩の水溶液として取り出します。これを抽出と言います。これを何回も繰り返して出来るだけピリジンを除きます。
その次は、濃アルカリ水溶液でフェノールを抽出します。
すると最後にアセトフェノンのクロロホルム溶液が残ります。
でも、かなり「きたない」ので、クロロフォルムを蒸留して純クロロフォルムを得。残りから減圧蒸留でアセトフェノンを得ます。
後はこれを適当に混ぜて下さい。
あ、塩になったピリジンとフェノールはそれぞれ塩基と酸で振って元の形に戻してからクロロフォルムに溶かします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い対応ありがとうございました。
とてもわかりやすく納得できました。

お礼日時:2010/07/14 02:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 怪獣が口から火を吹くメカニズム

    子供のころに見ていた特撮番組で、よく怪獣が火を吹いて街を破壊したり、ヒーローを攻撃したりしていましたが、あれはいったいどういう仕組みなのでしょう。もともとが空想の世界の出来事なので、理屈や仕組みを考え...

  • こんにゃくの日に改めて知りたいこんにゃくの知っ得情報

    5月29日はこんにゃくの日。5と29の語呂合わせから、財団法人日本こんにゃく協会と全国こんにゃく協同組合連合会が制定した。制定理由には、こんにゃくの作付けが5月に行われていることに加え、本格的な夏を迎える前...

  • 思わずドキッ!デートで男性の心を揺さぶる仕草と言葉

    好意を抱きあう男女が、互いの気持ちを育て合い確か合うための幸せなひととき、デート。例え毎回スペシャルなイベントはなかったとしても、ふたりで一緒の空間にいるだけで、相手への愛しさが募る大切な時間に違いな...

  • 【長谷川豊】動物研究家のパンク町田さんの話が面白かった!

    毎週日曜日にレギュラー出演させてもらっている『上沼・高田のクギズケ!』で、動物研究家のパンク町田さんがとても面白い話をしてらっしゃったのでシェアします。 最近の若い世代がどんどん台頭し始め、バブルを経...

  • 専門家に聞いた。おならは1日何回出るのが健康なの?

    おならがよく出るのは、体に良いことなのだろうか。消化が良いからこそ頻繁に出ているような気もするが、果たして……。「教えて!goo」には、「オナラが止まらない」という切実な悩みが投稿されている。 「イモ類な...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ