ギャングや刑事の出て来る映画で傑作な作品を教えて下さい。
古い映画ですが、「裸の町」や「アスファルト・ジャングル」などが好きです。
これらに似た、ギャングや刑事が出て来る映画で傑作な作品をもっと見たいと思っています。
良いものがあればお教え戴けると有難いです。

A 回答 (2件)

〔出演〕ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、「地下室のメロディー」「シシリアン」


ならNHK BShiで8月16,18日に放映します。
http://www.nhk.or.jp/bs/genre/movie_7later.html
8月18日の暗黒街のふたり は記憶に残る作品です。

比較的最近の作品
アンタッチャブル
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id1635/
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id262 …
ゴッドファーザー
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id7931/
ラストマン・スタンディング
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id521 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて戴き、ありがとうございます。
皆、見てみたいと思います。

お礼日時:2010/07/18 12:49

沢山あって面倒なので


ウィキから引っ張ってきました。(タイトルの前に☆のついた作品は観た事がありますが、
おもしろかったです)

『拳銃貸します』 This Gun for Hire (1942)
監督:フランク・タトル、主演:アラン・ラッド、ヴェロニカ・レイク。裏切りによって追い詰められた殺し屋の孤独な復讐と破滅。

☆『深夜の告白』 Double Indemnity (1944)
監督:ビリー・ワイルダー、主演:フレッド・マクマレイ、バーバラ・スタンウィック。欲望に囚われた不倫の男女による保険金目的の完全犯罪とその破綻。

☆『ローラ殺人事件』 Laura (1944)
監督:オットー・プレミンジャー、主演:ジーン・ティアニー、ダナ・アンドリュース) 虚栄に満ちた文化人たち同士の歪んだ愛憎関係。

『飾窓の女』 The Woman in the Window (1944)
監督:フリッツ・ラング、主演:エドワード・G・ロビンソン、ジョーン・ベネット) 悪女に誘惑された、凡庸な常識人の破滅。

『ギルダ』 Gilda (1946)
監督:チャールズ・ヴィダー、主演:リタ・ヘイワース、グレン・フォード) 犯罪組織の内紛、悪女との愛憎。

☆『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 The Postman Always Rings Twice (1946)
監督:テイ・ガーネット、主演:ラナ・ターナー、ジョン・ガーフィールド) 欲望に憑かれたアウトロー・カップルの破滅。

『殺人者』 The Killers (1946)
監督:ロバート・シオドマク、主演:エヴァ・ガードナー、バート・ランカスター) 悪女の裏切りによるボクサーの転落・破滅。

『三つ数えろ』 The Big Sleep (1946)
監督:ハワード・ホークス、主演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール) 虚実入り乱れる錯綜した状況の中での真相追求(その混乱は最終的に収拾されない)。

『過去を逃れて』 Out of the Past (1947)
監督:ジャック・ターナー、主演:ロバート・ミッチャム、ジェーン・グリア) 悪女の裏切りによる私立探偵の破滅。

『上海から来た女』 The Lady from Shanghai (1948)
監督兼主演:オーソン・ウェルズ、主演:リタ・ヘイワース) 謎めいた女に翻弄され、殺人の冤罪に問われる主人公。最終的なカタストロフの到来。

『白熱』 White Heat (1949)
監督:ラオール・ウォルシュ、主演:ジェームズ・キャグニー、ヴァージニア・メイヨ) 精神に異常を来した凶悪ギャングの暴走的破滅と、その妻である悪女の裏切り。

『夜の人々』 They Live by Night (1949)
監督:ニコラス・レイ、主演:キャシー・オドンネル、ファーリー・グレンジャー) 若く純粋な若者達がアウトローに堕し、破滅。

『現金に体を張れ』 The Killing (1956)
監督:スタンリー・キューブリック、主演:スターリング・ヘイドン) いずれも大筋は、集団による周到な犯罪計画と、僅かな齟齬の連鎖が招くその破綻。前者はこの種の「ケイパードラマ」と言われるジャンルの祖型であり、後者はそのエピゴーネンの中でも時制の錯綜を巧みに用いて突出した傑作である。

☆『狩人の夜』 The Night of the Hunter (1955)
監督:チャールズ・ロートン、主演:ロバート・ミッチャム) 異常性格者の伝道師が引き起こす偏執的凶悪行為。

『キッスで殺せ』 Kiss Me Deadly (1955)
監督:ロバート・アルドリッチ、主演:ラルフ・ミーカー) 錯綜した状況下での、暴力の応酬による真相追求と、それらのあらゆる暴力をも超越する「圧倒的な力」がもたらす破滅。

☆『めまい』 Vertigo (1958)
監督:アルフレッド・ヒッチコック、主演:ジェームズ・ステュアート、キム・ノヴァク) 謎めいた女に翻弄される主人公。追いつめられて行く両者の心理と、最終的な破滅の到来。

刑事やギャングが出てこない作品もあるかもしれませんが、
フィルム・ノワールで雰囲気は似ていますね。

ジャン・ギャバン主演映画では
「地下室のメロディー」「シシリアン」「現金に手を出すな」「殺人鬼を罠にかけろ」など。
カーク・ダグラス主演の「探偵物語」、ロバート・ミッチャムの「恐怖の岬」
ロバート・シオドマクの「らせん階段」もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

沢山教えて戴き、ありがとうございます。
全部見てみたいと思います。

お礼日時:2010/07/18 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ