質問

アンテナケーブル 5CFB、5CFV、4CFB、4CFV
最近の配線に使われるケーブルの種類ですが、
4C,5Cはケーブルの太さですね。太いほうが損失が少。

FB、FVでは何が違うのでしょうか?
5CFB、5CFV、4CFB、4CFVを損失の小さい順に並べると、どのようになりますか?

用途はBS+ブースタ経由で10mほどですが、4CFVでも支障ないでしょうか?

よろしくお願い致します。

通報する

回答 (2件)

S5CFB
S=衛星用
5=直径
C=インピーダンス(75Ω)D=無線用50Ω
F=絶縁体
B=外部動体

BS110°CS迄使うはS5CFBに成ります
損失は(100M)で使用する長さで割る
3C2V--地デジ不向き
3CFV--32db----(UHFに対応)
S-4CFB---24db-----2.6GHz対応でCS迄使える
5CFV-----21db---(UHFに対応)周波数高く成ると極端に減衰衛星不向き
S5CFB----19db(衛星まで使える)
標準使用長さは
3Cは3M以下で使用
4Cは10M以下で使用
5Cは20M以下
7Cはビルマンションの配線30M以下
3重シールドのS5C-FBL低損失
衛星の場合は頭にSの付いた物を使う。

電界強度:配線損失:分配器損失:端末ユニット損失*でブースターの増幅レベル判断出来ます

この回答へのお礼

詳しいお答えありがとうございました。

つないで映るなら何でもいいが、FBというのはBS(放送衛星)放送とCS(通信衛星)放送対応という意味だからわざわざ(新たに)FVケーブル買う意味はない。FVはVHF/UHFとBS放送に対応(CS非対応)
手元にあるならまずつないで見る。

家電量販店なら980円の両端F端子の10m(4CFB)ケーブルでもBSデジと110/124/128度CSデジタル放送に使えます。アンテナ側は防水テープ巻きつける。(BSアンテナ付属のケーブルには防水カバーが付いている)

NHKに受信相談すると委託された業者が受信の点検に来るが、持参の巨大なUHFアンテナと持参の7CFB(曲げるのも困難)で1台のテレビと直につなぎ「映るか映らないか」調べます。

このQ&Aは役に立ちましたか?25 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集