砂糖の入っていない炭酸水って色々売ってますが、違いってなんなのでしょうか。

普通の無糖の炭酸水、トニックウオーター、ペリエなどたくさん種類がありそうなのですが、その違いと使い道を教えてください。

A 回答 (3件)

こんにちは(*゜ー゜*)



フランスのミネラルウォーターは最初から炭酸が入っているのがほとんどなんです。で、それをそのまま売っているのがペリエなどのミネラル発砲水なんです。炭酸が嫌いな人のために炭酸を抜いたミネラルウォーターもあります。
日本では炭酸入りの方が高価ですが、フランスでは炭酸を抜く方が手間がかかったりする為か、普通の水の方が高価なんです。
そのミネラルウォーターにも軟水や硬水、鉱水などが有ります。日本の水はほとんどが軟水です。フランスは鉱水が多いです。鉱水は口当たりがまろやかで、甘い感じがしておいしいですよ。
普通の無糖の炭酸水は人工的に造っています。
トニックウォーターの説明は↓に詳しく書いています。

日本でも炭酸入りのミネラルウォーター摂れるんですよ。平野水って言うんですが。(他にもありますが・・)
それに砂糖を入れてのみ易くしたのがサイダーのさきがけです。
http://www.water.ne.jp/m3010.html
↑にもいろいろ書いてます。

水にも色々有りますよね・・(^o^)丿

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/kenkocom/b7f2b9afbfa9c9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

リンク先も、詳しく色々書かれているようで、じっくり読ませていただきます。

お礼日時:2003/07/31 22:19

硬度が違います。


ペリエとウリベート、サペレグリノとだと、硬度が倍くらい違います。
ペリエは350くらいで、
ウリベートたちは、700くらい。
当然味も違います。
サンペレグリノは、かなり味があります。

あとは、、、産地が違います。(当然すぎでしたね。)

お酒みたいに、気分や料理にあわせてセレクトするのも楽しいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

炭酸の天然水にもいろいろ銘柄があるんですね。
サンペレグリノっていうのが気になったので試しに飲んでみることにします。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/07/29 16:54

無糖の炭酸水(クラブソーダなど)…


水に炭酸を入れたもの。ジンフィズなど、カクテルに使う。
トニックウォーター…
水に炭酸と香料(キナなどの苦み成分)を足したもの。ジン・トニックなどに使う。そのまま飲んでもオツです。
ペリエ…
天然の炭酸水。ミネラルウォーターとして湧いてくる時点で炭酸が含まれている。レモン・ライムの香りを付けたものもある。これもこのまま飲めます。あまりカクテルには使わないかな?

おおざっぱに言ってこんな感じです。そのまま飲む飲まないは正直、好みですね。自分の母親などは「さっぱりしていい」とクラブソーダを飲んでいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答有難うございます。
天然の水で炭酸が入っていることもあるんですか。
全然しらなくておどろきました。

お礼日時:2003/07/29 16:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

一度きりの人生、生きていく上で悩みはつきものです。小さな悩みから今後の人生を揺るがすような悩みまで、色んな人の意見を聞いて、自分に照らし合わせることで何かが見えてくることでしょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ