細菌とウイルスの違いって何でしょうか。

細菌=ウィルスのような気もするんですが。

A 回答 (4件)

細菌は栄養さえあれば、エネルギーと自らの肉体を作り、だれの力も借りずに子供を作れる立派な生き物です。



ウイルスは、遺伝情報と、それを他の細胞に付着させるなどの機能だけを持つ入れ物からなる、物質であって生き物ではありません。

分かりやすく言えば、最近は自ら作動するコンピュータで、ウイルスの方はフロッピー(入れ物)と書き込まれたデータ(遺伝子)のようなものです。
    • good
    • 0

大きさ、自己増殖、抗生物質と出てきたので、遺伝物質について話そうかなと思います。



普通の生物の遺伝子は、比較的安定な2本鎖のDNAで出来ていますが、ウィルスの場合は、DNA(2本鎖)もありますが、一本鎖のDNAや、2本鎖のRNA、1本鎖のRNAが遺伝子の場合もあります。

遺伝子がRNAのものをRNAウィルスと呼び、DNAのものをDNAウィルスと呼びます。

RNAウィルスは、細菌にはない(多分)、逆転写酵素という、RNAをDNAに翻訳する酵素を持ちます。
    • good
    • 0

大きさにすごく差があることと自己増殖できるか出来ないかが大きな違いです。



参考URL:http://www.pref.kumamoto.jp/construction/section …
    • good
    • 0

その大きな違いは何かというと、細菌は適切な環境のもとでは自分で増殖する能力を持ちますが、ウィルスは自分自身では増殖することはできず、他の細胞の中に入って、その細胞の部品を使って自己を複製することで存続することができるのです。


いわゆる寄生体のようなものです。麻疹、風疹、おたふくかぜ、みずぼうそう、インフルエンザなどはみなウィルスの一種です。

 そして治療上の問題点として、いわゆる抗生物質というものは、細菌には効きますが、ウィルスにはまったく効果がないということです。ではウィルス感染症の治療はどうするかというと、一般的には、その人の抵抗力、免疫力を高めることが最も良い方法です。

例外的にウィルス感染症に効く薬もありますが、それらはごく一部と考えるべきでしょう。けれども実際問題として、以上のようなウィルス感染症に抗生物質を出すことがありますが、これはそれらの病気の合併症としての細菌感染を予防、ないしは治療するために使っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 医師が警告!夏に注意したい子どもの病気とは?

    子育てに奮闘する新米ママにとって、子どもの病気は一大事。慌てふためいたり、逆に病気の兆候を見逃してしまったりする場合もあるかも。そこで、小児科医が夏特有の子どもの病気を解説。初期症状や注意点などをよく...

  • 栄養士に聞いた。オナラが臭くならない食材はコレ!

    気になるオナラのニオイ。実は、普段の食事が大きく関係していることをご存じだろうか。「教えて!goo」には、「おならのニオイを治す食べ物」という質問が投稿されている。回答を見てみると、「肉類を多く摂るとガ...

  • 危険な国はどこ?デング熱の流行状況が知りたい!

    半袖を着るこの季節に気を付けたいのが、蚊から媒介する感染症「デング熱」。2014年、およそ70年ぶりに国内で感染例が報告されたのは記憶に新しい。 「教えて!goo」には、「デング熱、発症する人としない人の違い...

  • 耳鼻科医が指南!耳に水が入った場合の正しい対処法

    まもなくプールや海で楽しむ季節がやってくる。水遊びをしていて困ることといえば、耳に水が入って出ない!ということではないか。皆さんはそんな時、どのようにしているだろう。「教えて!goo」にも「耳に水が入っ...

  • 健康マニアなのに毎月風邪……どうすれば良い?

    あなたはどのぐらいのペースで風邪をひくだろうか? 季節の変わり目などに風邪をひきやすい人や、逆に何年も風邪をひいていない人など様々だろう。体調を崩さないよう健康に気を遣っている方も少なくないのでは? ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ