蒼天の拳って北斗の拳の続きなんですか?

A 回答 (4件)

続きではなく、過去の話ですね。


北斗の拳は世紀末である199×年が物語の舞台ですが、蒼天の拳は1935年の上海が
物語の舞台になっている。
ちなみに、北斗の拳の主人公であるケンシロウは第64代北斗神拳伝承者。
そのお師匠さんである、リュウケンは第63代北斗神拳伝承者。
このリュウケンの兄が、第62代北斗神拳伝承者である、蒼天の拳の主人公の霞拳志郎
(かすみけんしろう)です。

北斗の拳は、核戦争によって荒廃した地球が舞台で、ケンシロウやらラオウなどが、
人間離れした技を繰り広げて展開していくのに対して、蒼天の拳は1930年代という
こともあり、ある程度史実を基にした舞台で物語が展開します。青幇や中国共産党、
日本軍、馬賊など、戦時中に魔都と呼ばれた上海で実際の歴史上の人物なども登場
します。

北斗の拳とくらべると、北斗神拳に固執してない点が特徴的です。
    • good
    • 0

満州国皇帝の溥儀が登場するので、在位中の1934-1945年の間ですね。



北斗の拳は199X年以降のお話。
    • good
    • 0

北斗の拳よりも前の世代の話です。


ケンシロウたちの師匠が子供のときの話なので、先々代のはなしといったところでしょうか。
    • good
    • 0

いや。


あれより前の時代。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ