質問

二台目のデジタル一眼レフ
ニコンD40を2年ほど使用してきました。おおよそ週一回くらいで撮るものは雑貨です。
予算がなかったので低予算でD40にしたもののやはりキャノンEOSも気になります。
デジイチを使っていたとはいえ、マニュアルオートなので殆どが自動なんですが…。
発色とか使い勝手とかキャノンとニコンってどうなんでしょう?
ちまたではキャノンのEOSKISSが人気があるようなんですが…機能と価格とのバランスとか・・
もし詳しい方がいらっしゃったらご教授下さい。
またお勧めですよ、という機種がありましたら教えて下さい
よろしくお願い致します。

通報する

回答 (12件中1~10件)

撮るものは雑貨です。。。。。とありますが撮った作品をどうやって鑑賞又は使用するかが書いてありません。
例えばパソコンのモニターで見るだけ、 又はカードを大型液晶テレビに入れてみるだけとか印刷(大きさは?)してアルバムに保存するとか。カードから直接見る場合はカメラ機種の色再現のバラツキで好みの色を出してくれるカメラの選択が必要ですが印刷となるともう全然話は別です。 店が変われば質が変わる、印刷機が変われば質が変わるでカスタムプリントに注文する以外は我慢我慢です(笑)。
カメラのホワイトバランスのばらつきなどソフトで一回クリックすれば解決します。ですから色がどうだのこうだのも一切関係なし。 よって2台目購入の理由は全くありませんね。
解像度については人間の目の錯覚ってご存知ですよね、時には荒い粒子の方がシャープに見えるのです。

No・10の回答者です。

 補足しておきます。 デジイチの写りをコントロールするのは、あくまでも本人です。 イメージセンサーをいかにコントロールし、色合いや、明るさ、コントラストを調整して自分なりの写りを楽しむ。 これが、デジイチの醍醐味と思ってください。 まあ、ご存じのことと思いますが・・・。

私はニコンユーザーです(D90、D40)。

先ず、デジイチ発色の違いは、イメージセンサーで捕らえた画像を処理するプログラムによる違いです。 各メーカーの開発スタッフによる技術の結晶ですので、違って当然です。
 D40をお持ちとのことなので、レンズなどの資産が有効に使えます。 私が、キヤノン(フィルム一眼)からD90に乗り換えた時、D40の資産が使用可能だったからです。 新たにキヤノンを購入すると言うことは、付属する物も(レンズやレリーズ)も購入することを考慮に入れないといけません。 そうなると、かなりの出費になります。
 ついでにですが、キヤノンの場合、突然、予告無しにレンズマウントを変更したりしますので、購入したカメラは、レンズと心中すると、あらかじめ思いましょう。
 ニコンは、この先マウントの変更はないように、思われますし、古いFマウントのレンズが使用可能です(一部のレンズは、操作がマニュアルになりますが、使用可能です)。
 私的に、質問者の方に向いているのは、D90などの中級クラスでしょう。 デジイチの発色の違いを気にされていると言うことは、それなりに目が肥えてきていると言うことだと思います。 また、ニコンの最新機種、D7000でも良いと思います。 D90、D7000両方とも、初心者から中級者までの使用者を対象としたモデルです。
 キヤノン、ニコンはどちらも使用感に大差はないと思います。 キヤノンユーザーは、キヤノンの良いところがとても心地よく思うし、ニコンユーザーも、それと同じです。
 また、良く「今まで、何枚くらい写真を撮しているか」「撮影しまくって、経験を多く積みましょう。」などと書かれている人も多く存在しますが、そんなの気にしてはいけません。

 カメラの機能と価格のバランスについて、聞かれているようですが、それは、メーカーの罠と考えて良いと思います。 本人が、カメラを手にしたときの感性が物を言います。 又、カタログスペックを気にしていると、本人に会わなく変な使用感のまま、ずるずると使用していくことに成りかねません。 巷の噂は、あくまでも噂です。

 以上のことから、私的には、値段の下がっているニコンD90か、予算に余裕があるならニコン・D7000が、お勧めです。
 せっかくの、ニコンですから、古いレンズが使用可能な長所を生かさないと、ハッキリ言ってもったいない。
 わたしは、そう思います。

D40ユーザーとしては、「D40は名機なので手放すのはもったいない」と言っておきますね。

実際Canon Kissに比べると「ホワイトバランスのとり方がへたくそ」で「Jpeg撮って出しだとタマに色が変になる」事は確かですが、RAW撮りならそんなことはありませんし、そもそも「高感度時の偽色の出しかたが上手い」ので、Nikonにしては高感度に強い(RAW現像が前提)です。安物の割にファインダーの出来が良いですし、なんたって小型軽量で18-105あたりを付けてスナップ用に使えば、最強の一眼レフの一つです。

どうもお話を聞いていると「D40を使い切れていないのに、他のカメラが気になっている」状況のように思います。そう言う事はしばしばあることですし、実際に乗り代えたらしっくり来ることもありますので否定はしませんが、乗り代えたら事態がより悪化することもある・・・という覚悟は必要ですよ。私もレンズでそういうコトはしばしば経験してますもん。1回撮って気に入らずに即座に売り払い、数万円をドブに捨てちゃったことも・・・。

あとは、賭けに出るか使い込んでみるかの選択ですね。私は「使い込んでみる」ことをお勧めしますが・・・。

ちなみに「賭けに出る」場合もKissデジでなく、60Dや新製品が出て安くなっている(と思う)50Dあたりを狙った方が良いと思いますよ。その場合「どのみち下取りも二束三文」なので、とりあえずD40は置いておくといいかもです・・・。

#1です。
お仕事で使用されておられるなら、もしもに備えて2台目を購入するのは良いことだと思います。
よく、プロカメラマンが両肩にカメラをぶら下げて2台体制で撮影に臨んでいる姿を目にされると思いますが、2台持っている最大の理由はもしもカメラに何かあった時でも、もう一台で撮影続行できるからです。
デジタルになってからは、メモリーカードのトラブルなども考慮して、同じ絵柄をカメラを変えて撮影することも多くなりました。
私は、一部焦点距離の被る標準ズームと望遠ズームを使ったりもしますが。

そして、今回もし購入されるのならそのカメラはボディだけで購入し、60~105mm程度の単焦点のマクロレンズを購入されると良いと思います。

柔らかい写真が、お好みなら、カメラの設定でコントラストとシャープネスをやや弱めればふわっとした写真になります(セッティングはご自分でテストして確認してください)。

マクロレンズを使用すると柔らかい写真が撮れると思っておられる節がありますは、本来マクロレンズは、かりっとした描写をする物です。
ただ、撮影距離が極端に近い写真では、チョット多めに絞ったつもりでもピントの合う範囲が、ほんの1~2mmくらいしか幅が無いので、背景が大きくぼけ柔らかな写真と感じられるだけで、普通に撮影するとパキパキした描写になりやすいです。

始めキヤノンを使っていて、今はニコンに乗り換えました。理由は、D300が出た当時にD300にほれ込んだからです。もしそのときに7Dが出ていたなら乗り換えることはなかったですけどね。といっても、今は余程のことがない限りキヤノンに戻ることはないと思います。

キヤノンのいいところ、それは私が一番感じているのはオートホワイトバランスの性能の良さです。これがキヤノンは本当に上手です。ミックス光だったり色温度が低くてもオートホワイトバランスのままでほとんど事足ります。ニコンはそのへんクセがあって、状況に合わせてホワイトバランスをいじる必要があります。キヤノンのときは不要だったグレースケールというのがニコンでは必要になりました。
またオリジナルRAWソフトであるDPPの軽さは特筆すべきでしょう。使い方も直感的で分かりやすいですし、何より無料で添付してきます。

一方、ニコンのいいところはカメラの作りこみの良さです。良く考えてあり、使いこなせばこなすほど使いやすさが増していきます。例えばボタンを自分が使いやすいようにアレンジすることができるのですが、そのレイアウトもよく考えてあり、「よく考えてあるなあ」と感心します。今、たまにキヤノンのカメラを触ると「ボタンの位置が不親切!」と思ったりします。
もちろんこれは「使いこなす」というのが前提であり、だからこそプロカメラマンの多くにニコンが支持されているのだと思います。ちなみに私のD300はボタン設定が自分が使いやすいように設定してあるので(その自由度の高さもニコンの魅力です)、私以外の人が触るとちっとも使えないです・笑。ピントもシャッターボタンを使いませんからね。
ニコンのRAWソフトはチャプターNX2というものですが、これはなんと別料金です。無料の添付ソフトだと簡単なことしかできません。しかし、金取るだけはあってそれだけでフォトショップがほとんど要らないほど色々なことができます。RAWを使うほどの人なら、フォトショップなりシルキーピクスなり自分のお気に入りのアプリを使うでしょ、そんならニコンオリジナルが欲しいなら別料金スよというニコンらしい考え方です。そういう会社なんス、ニコンは。中途半端なことするなら、最初からしないのです。
この点、キヤノンは本気で作っているカメラはプロ向けの1D系(及び5D)だけのような気がします。他の機種はどっかしら手を抜いている感がするのです。このへんはトヨタと同じですね。「本気出してないなー」と感じますね。7Dもいいカメラなんですけど、なんだかシャッター音が軽々しくてね。

ちなみにD40は「隠れた名機」といわれています。高感度においての画像処理の巧みさはあるひとつの到達点に達したといわれています。その軽さに対しての性能の高さは「さすがニコン」ですねー。入門カメラにしてはファインダーが見やすいですし。キヤノンの入門機(キスデジ系)はファインダーが見にくいですよ。この点においてはニコンはもちろんαやペンタックスなんかの方が全然上です。「どうせ、入門機を買う人なんかファインダーの良し悪しなんかわかりっこねーだろー」とキヤノンが考えているのが分かるんですよねー。そこがキヤノンの気に食わないところです。

映りが気になるなら、レンズをいいものにするとぜーんぜん違いますよ。「これが同じカメラで撮ったものか!」とびっくりしますよ。ニコンの「ナノクリスタルコート」のレンズはどのラインナップも極めて評価が高いです。値段も高いですけどね。
もちろん、キヤノンにもいいレンズはあります。私はキヤノンの135ミリF2.0ってレンズが「別れても、好きな人」です。ホントあれはいいレンズでしたー(遠い目)。あと70-200F4.0はニコンにはないレンズですね。

撮影目的が叶うニッコールレンズを購入するのがベストではないですか?

>おおよそ週一回くらいで撮るものは雑貨です

D40で十分こなせます。
殆どオートで撮影されているとの事ですがD40でもマニュアル設定もこなせば良い写真撮れます。

高価な機種を購入して、その後もオートに頼るようでは腕は絶対上がりません。
上位機種になるほど設定項目が増えて手に負えないと思います。

上記に関して全て否定されるならNikon関係の機材を全部売り払ってCanonEOSの適当な機種を購入してください。

なる程、好きでニコンを選んだ訳じゃなかったんですね。
そう言う事情なら、機材が膨らまない間にキヤノンと言うのも有りかな。

そうすると、今底値のEOS50D(60Dはスペックダウンでお勧めできない)か、ちょっと頑張って7Dを薦めます。
Kiss X4は、良く出来たカメラで高感度ノイズ耐性、JPEG撮って出しの絵も上位機種と比べて遜色なしですが、マクロ撮影は、MFを多用する事になるので、ペンタプリズムの方が有利です。

ただし、50Dのキット標準ズーム17-85mmは頂けません。24mm以下の倍率色収差がちょっと酷いです。
その点、7Dのキット15-85mmは◎でLレンズの称号を与えたいぐらい凄いレンズです。

マクロレンズも、EF-S60mmF2.8マクロUSMかEF100mmF2.8マクロUSMかですが、予算が許せば後者をお勧めします。なお、マクロ撮影は、基本三脚使用ですからISレンズまでは要らないと思います。

なお、キヤノンの場合、現像ソフトDPP(Digital Photo Professional)は、何れの機種にも付属ですから、ニコンのように別途購入の必要はありません。

まぁ、僕としては、キヤノンユーザーですからEOS機を薦めたい気持ちは山々なれど、一旦、ニコンで行こうと決めた訳ですから、まずは、D40をフルに使い切る事。ステップアップする際は、D90かその後継機にすべきが順当だと思います。

その事を前提とするなら、ブツ撮りにマクロレンズ(ニコンではマイクロレンズ)は必修でしょう。
例えば、マニュアルフォーカスになりますが(だと思う⇒自信なし)
http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/s …

それと、ブツ撮りは、カメラ以上にライティングのテクニックが見栄えを左右します。
これについては、簡単に説明できませんので、解説本を読むなりWebでお調べ下さい。
簡単なブツ撮りキットなら数千円からもありますので、こちらもWebで検索してみて下さい。

次に、画像調整ですが、
http://www.nikon-image.com/products/software/cap …
こう言うソフトを使います。
RAW現像と言うと、敷居が高いと思われ勝ちですが、習うより慣れろです。
一眼レフを使う限り、是非チャレンジして欲しいと思います。目から鱗の筈です。

デジタルカメラで600万画素有れば、四つ切りワイドの出力も充分。
まずは、D40の性能を使い切る事。買い替えは次のステップだと思います。

この回答へのお礼

さっそくありがとうございます
別にニコンに決めたわけじゃないんですよ…(><)

D40はプレゼントでもらう時に
キャノンよりニコンが少し安かったので
遠慮してニコンにしたんです・・・
実は同ラインならじゃっかん少しだけ高かった
キャノンが気になっていたので
今でも、キャノンが気になっているんだと思います。

それでもD40を使いこなせてないのはホント事実なので
もうちょっと使いこみできてからでもいいかと思ってます。
(専門用語がこなせるくらいにはなりたい…)
ただマクロレンズは欲しいです・・・
これあるとないとでかなり違うんじゃないかと
(技量はひとまずおいといての話ですが)

ソフトは…フォトショップよりこちらの方がいいのでしょうか
RAW現像はこれも聞いたことがないので調べてみる価値ありです

ブツ撮り。うまくなりたい…
それができるようにもしなったら人を撮りたいです
人の中でも老人。それから、ベンチ。猫などなど。


ありがとうございました^。^♪

こんにちは

>発色とか使い勝手
撮影時の設定をカメラに任せるスタイルなら、どのメーカーにもオート
があるので別段キヤノンに拘らなくても良いと思います。
発色に関しては先の方の回答にありますが
撮影後にPCに取り込めばカラーバランスの変更が聞くので
余り気にされなくても良いと思います。
ただ、jpeg撮って出しのキヤノンの人肌の
発色は透明感があって個人的には好きです。
自分もニコンなので隣の芝かもしれませんが(笑)

>機能と価格とのバランスとか・・
これを言うと、デジタルな部分では
最新機種の入門機が一番お買い得感があると思いますよ。
何十万円もするフラッグシップ機の機能が
更にブラッシュアップされて中級機、初級機に搭載されますから
しかも、デジタル製品の世代代わりのサイクルは結構早いので
当時良い値段で買ったカメラもデジタルな部分のみを見ると
すぐにチープ化してしまいます。
そう言う、費用対効果の面で考えると最新の入門機が効率が良いと思います。

>またお勧めですよ、という機種がありましたら
順当に行けば、D90辺りが妥当だと思います。
オートオンリーならかえって上級機種は使い辛いかも

この回答へのお礼

お忙しい中ご回答ありがとうございます

そうですね。私もデジタル一眼レフでプロを目指そうとか全くないので
・お散歩に行く時の何気ない風景とかを撮る
(ニコンのD40は軽量で持ち運びが楽でいいと思うんです)
・ネットショップでよく使うので小物を撮るのに
(これにはマクロレンズとかでもう少し凝った写真の撮れる機種がいかなと)
(ニコンD40は確かレンズの組換えがあまり効かない機種だったと思うので)
でもキャノンのEOSもカメラ女子には人気みたいだし
ニコンの感じとキャノンの感じってどう違うんだろうかな?て気持ちです。
なんとなくですがキャノンの方が優しい雰囲気に撮れるような気がしてます。
撮り比べてみないとわからないのですが・・・
別にニコンだキャノンだとブランドにこだわる気持ちももないので
自分の好きな雰囲気に撮れるカメラが欲しいです
というとそれは技量だってことになっちゃいますけど^^;;;
素人初心者にも扱い易くてそこそこ本格的に撮れてしまうという
夢のようなカメラって。。。贅沢ですかね
それだったらコンパクトカメラで人の手が加わらない分一眼レフの意味がないという
そんな展開になりそうですね・・・^^;
ありがとうございました!

このQ&Aは役に立ちましたか?3 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集