まだ子供のいない家庭なのですが、新たに犬と暮らす事を考えています。
それでちょっと気になるのは、今後妊娠した場合の事・・・。

1.
妊婦がペットを飼うにあたっての注意として、トキソプラズマ症がありますよね。
妊娠前であれば問題ないけれど、妊婦がトキソプラズマに感染すると、早産・流産・その他、胎児に何かしらの異常が出てしまう可能性があると聞いています。
感染を防ぐための注意点を、できましたら詳しく教えて下さい。

2.
猫アレルギーはよく聞くのですが、犬アレルギーというものもあるとの事。
主人も私も平気なのですが、その子供が犬アレルギーであるという事もやはりあるのでしょうか。
そういう体質にならない為の対策などはあるのでしょうか。
またそれは、犬の種類などによって症状が出る場合と出ない場合があったりしますか。

うちは、なかなかできないけれど、夫婦共々、早々に健康な子宝に恵まれる事を心から望んでいます。

また一方、犬との生活も前々から強く望んできました。
犬を迎え入れたら、その子(犬)はその日から大事な家族。終生を共にしたいし、責任を持つつもりです。
ですから、「子供ができたから」ということで手放すなんて事は決してしたくないと思います。

こんな状況では犬を飼う事は諦めた方がいいのでしょうか・・・。
家族の為にも犬の為にもきちんと考えたいので宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

うちは猫を子供ができる前から飼っていました。

私は猫の毛にも反応するアレルギーですが、好きなので手放す気はありませんでした。でも子供にアレルギーが出たら(アレルギー自体が遺伝するわけではなく、アレルギーになりやすい体質は遺伝するかもと言われました)かわいそうなので、いままでみんな一緒の部屋にいたのを隔離できる部屋をつくりました。子供も小さい家は自由に出入りできないし、猫も人間の普段いる部屋には出入りできないように。家は幸い夜になるとコンピュータをいじる仕事をするのでその時、猫と一緒にいる時間になっています(うちは猫もコンピュータも一緒のへやですが、毛が舞うのであまりおすすめできませんが・・・)。子供の情操教育にも役立つと思うので、ある程度子供が大きくなったら(その頃には自分で部屋の出入りが自由になると思いますが)猫とも一緒に遊ぼうと思います。今はまだ、猫は子供が好きではないし(好きじゃないと引っ掻いたりしそうです)、犬は家族の中に順位をつけるので(以前飼っていましたが)子供は犬より下の順位になりますからコワイです。
質問の1番は年齢が高い人はとても気にするようです。実際はペットと共有するスペースを少なく、また清潔にし、いろいろ気をつかえば大丈夫だと思います。特にペットと人間のけじめは大事にしてくださいね。将来のために。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンが調子が悪くて、中を開けてみたら猫の毛がいっぱいだったという話は愛猫家からよく聞きますね。(^^;
あと、夜中にいきなりパソコンが起ち上がって、怪奇現象かと思いきや、原因は猫だったとか・・・(笑)
うちは猫も好きなので猫との生活も考えたのですが、やはりそれらを考えると躊躇します。
(仕事柄パソコン3台所有しているもので・・・。それも都合上犬or猫を立ち入り禁止にできない部屋に配置しているのです。)

>特にペットと人間のけじめは大事にしてくださいね。
子供にしてもペットにしても、家族が増えるわけですから、うまくやっていく為のルールみたいなものは必要になるのでしょうね。
『犬にとってあとから来た赤ん坊が下の順位になる』という事でしたら、しつけ次第だと聞いておりますので、子供ができた際には重々気をつけるようにするつもりです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 08:40

こんにちわ!


下の方の答えにあるように、トキソがうつるのは犬ではなく、主にネコ・ねずみです。
hirokoroさんは、今までに猫を飼ったことがありますか?
もしあるならすでに感染して免疫が出来てる状態かもしれません。
感染後の妊娠は心配いりませんので、今までに猫を飼ったことがあるなら、一度産婦人科で「陰性・陽性」の検査をしてもらうといいですよ。

もし、いままでネコを飼ったことがなかったり、未感染で免疫がない状態でしたら、妊娠中に猫やネズミのフンを直接触ったり、ネコとキスしたりしないようにすれば大丈夫でしょう。
要するに不潔にしなければいいってことですね(笑)

それから犬アレルギーについてですが・・・

こればっかりは、子供が産まれてみないとどんな体質なのかわかりませんしねぇ(^^;
母親が健康的な生活をしていれば絶対防げる、というものでもないでしょうし・・・
もちろん、両親が健康に越したことはないでしょうけど。
かえって気にしすぎるほうが、ストレスになって良くないかとも思いますが(笑)

>こんな状況では犬を飼う事は諦めた方が・・・
こんな状況とは、子供を産む予定の事でしょうか?

かえって私には、何故諦めなくてはいけないのかよくわかりません。
犬を飼っていたら、子供は産めないのでしょうか(^^;
・・・そんなこと言ってたら、全国のペットショップの人達や、ブリーダーさん達はみんな子供を産めなくなってしまいますよ(笑)
(余談ですが、私はペットショップの娘ですσ(^^;))

ただ・・・一つだけアドバイスをするなら、子供を産む予定なら、長毛種の犬を飼うのはやめた方がよいでしょう。
長毛種は被毛のお手入れに結構手間がかかります。
抜け毛も結構散らばりますし・・・お掃除も大変(笑)

もし赤ちゃんが産まれたら、とても犬の手入れをまめにしてられない状態になると思います。
出来るだけ手間のかからない、短毛種を飼うのをオススメします(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そんなこと言ってたら、全国のペットショップの人達や、ブリーダーさん達はみんな子供を産めなくなってしまいますよ(笑)

ああ、ごもっとも。確かにおっしゃるとおりですよね! うんうん。(゜〇゜;)
(ペットショップの娘さんからのご指摘、納得です。)

実は身内から、犬を飼おうとしている事に対して、「子供をつくろうとしている人が妊娠前に動物を飼うなんて!」と、トキソプラズマの危険性をえらくおどかされまして・・・。
飼うのが犬である事は伝えていたのですが・・・。
その人の話でてっきり動物全般から感染するものだと思ってしまってました。
問題ないと判明してほっとしてます。

長毛種よりも短毛種というアドバイス、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 07:55

トキソプラズマは犬には着きません。


猫と牛、ブタ、羊、ねずみの間で行き来して一生を過ごす病原体で、人間には本来寄生するものじゃないのですが、接触してしまうと、それらの動物と間違って寄生しちゃって、本来の動物ならあまり影響しない生活をしているのですが、人間の場合には影響しちゃうので病気になるのです。

ですから、犬は基本的に問題ないです。

で、犬アレルギーですが、親と子は全く別扱いですね。親がならないから子もならないってことじゃないし、その反対でもないです。

アレルギーは何によってなるかは、千差万別、多種多様で、いろんなものでなりえます。

ナイロンアレルギーやゴムでなるラテックスアレルギーだってあるし、私なんかは、タマネギアレルギーです。(^^ゞ

ですから、飼う前から心配するような事じゃないと思いますけど。
すでにアレルギーがあるなら別だけど。

↓は随分参考になるでしょう。

参考URL:http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いたURL、参考になりました。
なんだぁ~、犬は大丈夫なんですね!!
ほっとしました。

アレルギーの事はどうやら今から心配してもしかたない事のようですね。
#たまねぎアレルギーって初めて聞きました。
#たまねぎ食べるとジンマシンが出るとかなんですか?

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 07:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ