質問

法23条区域で延焼の恐れのある外壁の仕様について。
告示第1359号による防火構造の壁(ラスモルタル20ミリ)の上に、リシン吹き付けを予定しています。
確認申請でその壁の構造詳細図を求められて調べていたら、アイカ工業のジョリコート(リシン)は不燃認定をとっていないようです。
告示第1359号を満たしていれば、その上に不燃認定のない材料(ジョリコート)を使っても問題ないでしょうか?

通報する

回答 (1件)

問題ないはずです。

ジョリコートは、塗装ですので、防火構造に対しての規定は無いはずですよ。

不燃塗料と言うと、木質材料を保護したりするものになってくるのでは無いでしょうか?

そういった事からも、不燃、難燃は、塗装面に対しては関係無いものと思います。

既製品外壁材においても、不燃塗装の規定は皆無ですので、防火構造に対しては無関係になるでしょう。

確実な回答は、主事に直接確認を取るのが、間違いの無い方法でも有りますが・・・。

この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりやすい説明で、とても参考になりました。
リシン吹き付けも塗装ということになるんですね。

基準法は、ふと、不安になることが多いので、とても助かりました。

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピへのコメントで10人に1人に500円分のギフト券プレゼント!(先着2000名様)

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」で指定のオーダー3件にコメントした方先着2000名様の10人に1人にギフト券をプレゼント!
フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集