不思議な本屋・図書館・古本屋が舞台の小説や漫画を教えてください!
店でなくても、不思議な本のことを書いた本でも構いません(・v・)
※日本の作品限定でお願いします。

ちなみに今は『ツクツク図書館』を読んでいます。

A 回答 (11件中1~10件)

まだ出ていないようなので……


諸星大二郎「栞と紙魚子」シリーズはいかがでしょう。コミックスです。

・栞と紙魚子の生首事件(1996年9月、朝日ソノラマ)
・栞と紙魚子と青い馬(1998年5月、朝日ソノラマ)
・栞と紙魚子 殺戮詩集 (2000年1月、朝日ソノラマ)
・栞と紙魚子と夜の魚(2001年8月、朝日ソノラマ)
・栞と紙魚子 何かが街にやって来る(2004年2月、朝日ソノラマ)
・栞と紙魚子の百物語(2007年6月、朝日新聞出版)

主人公の一人である紙魚子は「宇論堂」という奇妙な古本屋の娘。
この世にあり得ない奇書、バベルの巨大図書館、古本マニアの本の山(文字通り)、などなど本にまつわるエピソードも多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:51

赤川次郎「殺人を呼んだ本 私は図書館」



 短編集。
 主人公は私設図書館に就職したばかり。

 蔵書を手に取った時、本が寄贈されてきた時、
本や元の所有者が関わった事件に巻き込まれていく。

 後に別名でゲーム化された。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:51

化野燐<人工憑霊蟲猫>シリーズ。

講談社ノベルズ
主人公が司書として配属された大学図書館が1巻の舞台。とある図譜が狙われています。

三崎亜紀『廃墟建築士』の収録作品「図書館」
夜間に本が野性を取り戻す世界で、夜間開館のため本を調教する人が主人公。

赤城毅『書物狩人(ル・シャスール)』
入手困難な稀覯本を、合法非合法問わずに依頼人に届ける書物狩人が主人公。
続編もあります。

太田忠司『黄昏という名の劇場』収録作品「赤い革装の本」
幻想ホラー短編集なのでそのような雰囲気が楽しめます。

以下は残念ながら絶版で入手が難しいですが。
小松由加子『図書館戦隊ビブリオン』全2巻コバルト文庫
時空の狭間にあるアレキサンドリア図書館が高校の図書室とドッキング。
そこを襲わんとやってくる敵をビブリオンとして任命された図書委員たちが撃退するという……
ライトな特撮ノリのお話です。

河路悠『幻境図書館』全4巻プリンセスコミック
不思議なことが起こりやすい立地に立っている市立図書館が舞台。
シャーマン体質の視える図書館司書が主人公です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:52

小説ですが、


すごくあやしい感じでしたら寺山修司の「不思議図書館」。
東西の奇書を紹介する本です。

長くてもおもしろい本ならば京極夏彦の「姑獲鳥の夏」。
時々表紙でホラーと間違われますが、そうではないです。
奇妙な古書肆が出てきます。
古書から立ち上るゆるりと濃厚な雰囲気が全体にあると思います。

あと、これは質問の規定通りではないかもですが、
美しい不思議では長野まゆみの「耳猫風信社」。
不思議な文具店で買った日記帳や、
雑誌に挟まれた封筒から物語がはじまるというような、
モチーフが微妙に重なったので。

お役に立てたらよいのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:53

あら、意外と出てなかったんですね。



村上春樹『図書館奇譚』

最近読んでないのでストーリーは忘れてしまいましたが、不思議な図書館です。
短編集『カンガルー日和』収録。らしい。

それを発展させて『ふしぎな図書館』というのもあるようです。

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』も図書館が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:54

「図書館が出てくるSF」というリストがあります。

(ファンタジーのもあり)
http://www.asahi-net.or.jp/~rh7r-oosw/libsf.html
私のおすすめは以下です。
「夏街道」(早見裕司・徳間書店アニメージュ文庫)絶版ですので図書館であれば借りられるかと思います。図書館が不思議な空間になります。
「緑金書房午睡譚」(篠田真由美・講談社)古書店ファンタジー。
「ちぃちゃんとおばけ図書館」(江平洋巳・小学館フラワーコミックス)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:55

芳崎せいむ 『鞄図書館』


三雲岳斗 『ダンタリアンの書架』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:56

三浦しをん『月魚』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043736029.h …

柏葉幸子『つづきの図書館』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062160102.h …

緑川聖司『晴れた日は図書館へいこう』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4338174153.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:56

「ココロ図書館」高木信孝


http://www.jvcmusic.co.jp/m-serve/tv/kokosho/
「戦う司書」山形石雄
http://www.bantorra.com/
http://dash.shueisha.co.jp/-bakudan/index.html
「図書館の神様」瀬尾まいこ
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/2561/boo …
「金魚屋古書店」芳崎せいむ
http://www.ikki-para.com/comix/kingyoyakoshoten. …
「図書館迷宮と断章の姫君」おかざき登
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/books.php?i …
「ブック×マーク!」桧山直樹
http://www.shogakukan.co.jp/yomi/author/_author_ …
「たたかう! 図書委員」水月郁見
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:57

ネギま


金魚屋古書店
あと、竹本泉さんも好きなテーマみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!書店で探してみます(^∀^)

お礼日時:2010/11/14 09:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ