私はいつも純文学を読んでいます。

これはドストエフスキーやトルストイなどの古いロシア文学や、日本で言えば夏目漱石や公房や村上春樹などを愛好しています。話の内容は重く、中身は濃いものです。

しかし最近さらっとカフェなどで暇つぶしに読むために、ミステリー小説を読もうと思い、何冊か流行りの海外物を読んでみました。このミステリーはすごいなどの雑誌を参考にしました。

とても面白かったです。こんなにもハラハラドキドキし、徹夜してでも読んでやろうと意気込んだ読書は初めての経験でした。

しかし読んで1週間くらいしたらすべて忘れてしまって何も残りません。

かなり空っぽで、正直暇つぶし用以外、なにも人生のためになるとか価値観が変わるとかそういったことはまずありません。ハリウッド大作映画よりはかなり面白く時間を潰せるのですが、読後はだいたい映画と同じような感じになります。

読んだ海外ミステリーは、最近世界中で大流行したスウェーデンのミレニアムシリーズ3作品すべて。犬の力、チャイルド44です。これらの作品はとても楽しかったです。

そこでみなさん。海外もの限定で読後、純文学とはいかなくても、ミステリーの枠に収まらないすぐれた作品を教えてください。作家でもOKです。

A 回答 (8件)

私もフィリップ・マーロウシリーズ夢中になって読んだ時期がありました。


そのチャンドラーの後継者と言われているロス・マクドナルドの「動く標的」などもおすすめです。
カトリーヌ・アルレーの「わらの女」も衝撃的でした。
古い作品ばかりですが、いずれも私自身ロシア文学と両立しているので大丈夫だと思いますがいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すべて読んでみます!

お礼日時:2010/11/24 17:20

レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズ


ハードボイルド派の中で最も有名な探偵
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はやりマーロウですね

お礼日時:2010/11/24 17:20

No5の回答者です。


サラ・ウォーターズ「半身」は2005年版ではなく「2004年版」のこのミス海外編1位」でした。
訂正してお詫び申し上げます。
    • good
    • 0

ブッカー賞・ゴングール賞など(純文読みの方なら賞の説明などは今更不用と思います)の受賞作家で、


なおかつ日本国内でミステリとして読まれている小説を書いている作家を何人か、ご参考までに。

●カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 2005年ブッカー賞最終候補 2007年版このミス海外編10位
カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」 2000年ブッカー賞最終候補
(カズオ・イシグロは「日の名残り」で1989年ブッカー賞受賞)

●サラ・ウォーターズ「半身」 2000年サマセット・モーム賞 2005年版このミス海外編1位
サラ・ウォーターズ「荊の城」 2002年ブッカー賞最終候補 2005年版このミス海外編1位
サラ・ウォーターズ「夜愁」 2006年ブッカー賞最終候補
サラ・ウォーターズ「エアーズ家の没落」 2009年ブッカー賞最終候補
 
●マイケル・フレイン「墜落のある風景」 1999年ブッカー賞最終候補 邦訳は創元推理文庫。
マイケル・フレイン「スパイたちの夏」ウィットブレッド小説賞(現コスタ賞)

●マーガレット・アトウッド「昏き目の暗殺者」 2000年のブッカー賞 2001年のハメット賞(ハードボイルドの始祖の名を冠した賞)

●コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」映画「ノー・カントリー」原作。邦訳は扶桑社ミステリー文庫。
(コーマック・マッカーシーは「すべての美しい馬」で1992年全米図書賞・全米批評家協会賞を受賞。「ザ・ロード」で2007年ピューリッツァー賞文学部門を受賞)

●ジャン・ヴォートラン「パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない」1996年版このミス海外編10位
(ヴォートランは「Un grand pas vers le Bon Dieu 」(邦訳は無いみたい)で1989年ゴンクール賞)

●シャスティン・エークマン「白い沈黙」
(訳者後書きに寄ればエークマンはスェーデンでは純文学畑の作家としても既に不動の位置にある作家とのこと)

●ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」 1991年版このミス海外編1位 文学ミステリの代表格。

他に、純文系の賞取り作家では無いけれど
●クリストファー・プリースト「奇術師」2005年版このミス海外編10位
クリストファー・プリースト「双生児」2007年週刊文春傑作ミステリー海外部門4位
●「ケルベロス第五の首」ジーン・ウルフ 2005年版このミス海外編19位

実はNo4の方が仰るように私も「ミステリは知的暇つぶし」であることが第一義」だと思ってはいるのですけれど。それに空っぽと感じられるかどうか、個人の好みもあると思いますしねえ。私には「ミレニアム」より「砂の女」の方が「空っぽ」と感じられるので。

この回答への補足

 

補足日時:2010/11/24 11:55
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/11/24 17:19

「木に依りて魚を求む」という言葉がありますが、知的暇つぶしであることが第一条件のミステリに、「人生のためになる」ということを求めることが、やや的外れではないかとも思いますが。

各ジャンルの文学には、それぞれ守備範囲があります。ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』に人生を求めても無駄なのと同じように、ミステリに純文(のごくごく一部の特徴である)人生を求めても詮無いことです。

しかし、「知の文学」としてのミステリなら

ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』

は必読でしょう。あと、イギリス「文学」の特色でもある「風俗小説」としてのミステリとしては

ドロシー・L・セイヤーズの一連の作品
クリスチアナ・ブランドの一連の作品
ルース・レンデルやP.D.ジェイムズの一連の作品

などを読まれてはいかがかと思います。

ただ、上記に書きましたが、「空っぽ」と読まれているのは、ご自身の読み方が間違っている可能性も考えられた方が良いかと思いますよ。
文学とは、様々な書き方、読み方があるものですし、その中で「重い」とか「人生」云々は、ごくごく一部のものに過ぎませんから。

この回答への補足

 

補足日時:2010/11/24 03:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/11/24 17:17

推理小説という呼び方より、ミステリー、サスペンス、ハードボイルドというくくり方だと物語性の強いのもちらほら。



ドロシー・L・セイヤーズ作『ナイン・テイラーズ』創元推理文庫。

P・D・ジェームズ作『皮膚の下の頭蓋骨』ハヤカワ文庫。

D・E・ウェストレイク作『斧』文春文庫。

レイモンド・チャンドラー作『長いお別れ』ハヤカワ文庫。近年、村上春樹訳で新潮社版も出てたはず。

ロバート・B・パーカー作『初秋』『晩秋』ハヤカワ文庫。

ヒラリー・ウォー、パトリシア・ハイスミス、マイクル・コナリー、ミネット・ウォルターズ、サラ・ウォーターズ、ロバート・ゴダード、トマス・H・クック。

海外エンターテイメント小説の紹介本には、児玉清著『寝ても覚めても本の虫』新潮文庫もあります。

日本人作家だと、稲見一良(いなみいつら)、原りょう(りょうはウ冠のない寮)、多島斗志之。読んだあとグッと来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。
私の友人たちもまずチャンドラーとエーコを上げていました。
やはり純文学として読めるものが多いそうです。

お礼日時:2010/11/24 17:16

刑事コロンボの原作本は読まれましたか?



まず、ここが出だしだと思います。アクがアクを制する という、本来の姿で描かれてます。

あとは、
 月長石

アイザック・アジモフ の 黒後家蜘蛛の会、鋼鉄都市

基本的に、「数学が面白い」と感じ無い人には、推理小説って向かないと思うので、ハードボイルドやルパンなどの方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アシモフを読んでみます。

お礼日時:2010/11/24 17:14

 そもそもミステリーとは娯楽作品ですから、質問者さんが望まれるような要素は少ないでしょう。


 ミステリーとしてのおもしろさということであれば、本格派と呼ばれるジャンルが相当するでしょうが、これらもトリックなどに重点が置かれているので、人生観に影響するようなものはあまりないかと思います。
 あえてそういった要素がありそうなのは、社会派とされるジャンルでしょうか。松本清張などはその代表的な作家です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼


松本ではなく、海外の作品を聞いています。

お礼日時:2010/11/24 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ